ドビュッシーをたたえて グーセンス 作曲 映像 第1集 アルハンブラの思い出(Recuerdos De La Alhambra) 2013/03/22 2020/05/29 以前に掲載した「禁じられた遊び」に並び、ギターの中のよく弾かれる名曲の中の名曲です。 アイリッシュの伝統的な曲「ダウン・バイ・ザ・サリー・ガーデンズ」(英語: Dow ... これは入門曲ではないですよね。 こちらに楽譜があります。 禁じられた遊び(愛のロ ... 音楽仲間のMさんが、オリジナル曲「白い風」をピアノにアレンジしてくださいました。 ... 「氷雨」は佳山明生の1977年のデビュー曲で日野美歌など多くの歌手にカバーされて ... 5拍子の曲を作りました。できるだけ沢山の方に弾いていただきたいと思い、難しいテク ... 最近ライブができないので、YouTubeにほぼ毎日動画をアップしています。よろし ... 出口が見えない暗闇の中を歩いているようなご時世ですが、必ず出口があるという思いを ... 世界的な名曲「大きな古時計」のTAB譜です。アメリカのポピュラーソングで、187 ... 朝靄(ASAMOYA)です。この曲はまずタイトルから作りました。朝靄の感じが出て ... デジャブとは実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのよう ... 村下孝蔵さんが弾いているひとりベンチャーズ パイプラインをTAB譜にしてみました ... 日本で作られた名曲!文部省唱歌の「ふるさと」です。コーラスで良く歌われます。ギタ ... 水中都市と聞くと近未来の曲のようですが、実はすでに滅んだ過去の文明を題材にして作 ... ギターを弾いた事があるなら、誰もが知っている名曲です。「禁じられた遊び」で知られ ... 11月11日の明け方、三日月の光が大地をわずかに照らし、西の空に火星が沈んだ頃、 ... 今回も新しくZZLデビューをしてくださいました。音楽仲間が増えて嬉しいですね。 ... 今日は関越道の「寄居 星の王子さまPA」に行ってきました。「星の王子さまPA」は ... 10月最後のZZL。新しい仲間も増えて楽しい時間でした。 いつものように5時過ぎ ... 久しぶりのおぶすまライブ。参加人数が程よく、ソーシャルディスタンスを保ちながらの ... 1週間ほど遅れてしまいましたが、10月27日、2時00分から2時間ほどオリオン座 ... 一ヶ月おきに演奏させていただいています。鴻巣市「音音かふぇ」の「日曜日の昼下がり ... 第二土曜日なので東松山のイマジン集合です。 雨の中でしたが程よく集まってください ... 東松山にあるGallery & Cafe「Espoir」さんでは偶数月の第一土曜 ... 久しぶりの連続ライブ2日目は北上尾のT'palさんに行ってきました。 毎年この時 ... 9月最後のおぶすまでのZZLに久しぶりの方がたくさん来てくださいました。 ブッキ ... 出演者の皆様にご協力いただいているので、毎回楽しく居心地の良い空間ができています ... 埼玉県のHさんの依頼でASTURIAS SOLO STANDARD/SにTSピッ ... 画角とか、明るさとか、手振れ補正の有無とか、動画用にとか・・・いろいろ揃えました ... Copyright© Please note the users with an unreachable email address are removed. 2019年4月28日 深夜24:00 NHK-BSプレミアム, 楽譜集「クロード・ドビュッシーの墓」(1920)から ギタリスト・酒井 誠ーMakoto Sakai。ZZLの主催者。初心者歓迎:TSギター教室。, 以前に掲載した「禁じられた遊び」に並び、ギターの中のよく弾かれる名曲の中の名曲です。永六輔のラジオ番組でリスナーから届いた便りが読まれるときのバックグランドミュージックにこの「アルハンブラの思い出」が使われているので、ギターを弾かなくても聞いたことがある人が多いと思います。最近では女性クラシックギタリスト村治佳織が弾いいるのを見た方も多いでしょう。作者はフランシスコ・タルレガ(Francisco Tarrega、1854-1909年)で「近代ギター音楽の父」と言われています。彼がこのように呼ばれるようになったのは、新たに生み出されたギターの演奏方法や工夫があります。この「アルハンブラの思い出」にも使われているように、ギターの弦を交互に規則的に早く繰り返して演奏するトレモロ奏法があります。  この曲を鉄弦で弾くのは大変でした!ナイロン弦のように弦が柔らかくないので、トレモロの際爪が弦に引っかかりやすく、右手がトレモロを覚えるまで繰り返し練習してやっと弾けるようになりました。でも練習した甲斐は確かにあったと思います。このトレモロ奏法を覚えると、ギターの魅力が増し加わり、曲の幅が大いに増しました。鉄弦で弾くにはかなりの練習と慣れが必要だと思いますが、ギターを弾く方はぜひ弾いていただきたい曲の一つです。挑戦してみてください。, パソコンがなくてコピー出来ないのですがタブふアルハンブラ宮殿の思い出が欲しいのですがどうしたらよいのですか?, 今探してみたらパソコンのデータが見つかりませんでした。 Make sure to reregister with a reachable email address. 2020 All Rights Reserved. ピエール・ロラン・エマールが、スペイン・グラナダ、アルハンブラ宮殿アラヤネスの中庭で、ピアノを演奏する貴重な映像。, プレミアム・シアター 映像 第2集 ドビュッシー 作曲 レント マリピエロ 作曲 はるかに聞こえる牧神の嘆き デュカス 作曲 楽譜 フランシスコ・タレガ/アルハンブラの想い出(アルトサクソフォン・ソロとピアノ/輸入楽譜(t)) 楽譜ネッツ Yahoo! international(海外), News 2020年11月12日 — 編集部, NY在住の歌手・作曲家 眞壁えみがトーマス・モーガン(b)を含むカルテットでレコ発コンサートをNYから配信。, ECMからデビューしたミュンヘン在住の福盛進也、orange pekoeの藤本一馬、大友良英とのプロジェクトでも活躍する鈴木広志、Bankshia Trioで共演する須川崇志、EMO stringsを主催する吉田篤貴らを集めた林正樹の新プロジェクト。, カリビアンなグルーヴを根底に持ちながらそれぞれ幅広い活躍を続ける塩谷哲、小沼ようすけ、大儀見元が集結したスペシャルトリオが横浜、大阪でジャズクラブ公演を行う。, フレンチ・カリビアンなグルーヴを共有しながら融合する塩谷哲、小沼ようすけ、大儀見元のスペシャルトリオ。, 9月にニューヨークで暴行を受け重傷を負ったピアニスト海野雅威を励まし、支援するため、日本のミュージシャン44人が7時間にわたって支援ライヴを行う。, ディズニー/ピクサー予告編などの声でも知られる渡辺克己による谷川俊太郎の詩「みみをすます」の朗読と、塩谷哲と武本和大のピアノの即興演奏でZoomを通じてコラボする。, こやま・きよし ジャズ評論家。1936年大阪生まれ。関西大学文学部英文科卒。「スイングジャーナル」誌編集長を2期17年にわたってつとめ、その間、ゴールドディスク、ディスク大賞、幻の名盤など数々のキャンペーン企画を成功させ、ジャズ・マーケットの活性化に尽力。その後はプロデューサー、ラジオDJ、監修者としても活躍。, アカデミー受賞作曲家Earl Robinsonの次男としてNYに生まれる。クラリネット奏者。マンハッタン音楽院他で学び、1959年オーネット・コールマンと出会いフリー・ジャズに開眼。サニー・マレイ、セシル・テイラー、チャーリー・ヘイデン他共演者多数。ESP、カーラ・ブレイ『エスカレーター・オーバー・ザ・ヒル』、『Liberation Music Orchestra』、『Kundalini』(IAI…, 1938年3月14日、東京都生まれ。2018年10月12日、食道がんのため病没。作曲家、ヴァイオリニスト。 東京藝大在学中に水野修孝らと日本で最初のフリーミュージックとイベントを行う「グループ・音楽」結成。同時期にフルクサス運動に参加、ニューヨークやヨーロッパで同好の芸術家と接触。1964年、武満徹、一柳慧とCollective music結成、1966年6人編成のバンド「タージ・マハル旅行団」結…, 1926年4月6日~2018年9月1日。ニューヨク州ブルックリンの生まれ。ピアニスト、コンポーザー。 デューク・エリントンとセロニアス・モンクの影響を受けたが、アフリカのルーツにこだわり、”アフリカ音楽大使”と称された。1992年、メルバ・リストンの編曲により、ディジー・ガレスピー、ファラオ・サンダースをゲストに迎えたアルバム『The Sipirits of Our Ancestors』をリリース…, (1942-2018) 英語読みではトーマス・スタンコ。 ポーランド出身のヨーロッパを代表するトランペッター。独特の音色を自らは「スラヴの憂愁とアメリカのブルースがミックスしたものと表現する。60年代、ロマン・ポランスキの映画のサントラを担当したクシシュトフ・コメダのグループの演奏を通して頭角を現す。1975年以降はECMを創作活動の中心舞台とする。表現の幅はセシル・テイラー/グローブ・ユニティで…, (1942-2018) テネシー州メンフィスで生まれデトロイトで育つ。”クィーン・オブ・ソウル””レディ・ソウル”の異名を持つがソウル/R&Bというジャンルをはるかに超越したファンと影響力を持つアメリカを代表するシンガーのひとり。ベースは父親が牧師を勤めた教会のゴスペル。1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得、以後ヒットを連発、グラミー受賞20回…, 松坂妃呂子 1932年、福島県生まれ。1965年、銀座にジャズ喫茶「オレオ」開店、フリークの溜まり場となる。1967年、機関誌のような形で『ジャズ批評』を創刊、2018年6月発売の7月号で204号を迎える。その間、多数の別冊、BOOKSを発売。著書に 『ジャズ古今往来〜ビバップの心と技を受け継いだ日本人ジャズ・アーティス ト』(2014/株式会社松坂)。松坂比呂。享年85。, 1929年3月 NYCクインーズの生まれ。ピアニスト、詩人、ダンサー。 フリージャズの創始者として知られ、クラシック・ピアノの訓練の下、クラスターとポリリズムを駆使、エネルギー溢れるパーカッシヴなピアノ奏法を得意とした。1973年ユニットで初来日以降、何度かの来日を重ね、田中泯、富樫雅彦、一噌幸弘、山下洋輔らと共演、日本人に最も人気があり、リスペクトされるフリージャズ・ミュージシャンの一人。201…, 作編曲家、エデュケイター、ピアニスト、チェリスト、クラリネット奏者。 1965年、ロスコー・ミッチェルとシカゴ・サウスサイドのブラック・コミュニティにミュージシャンによるミュージシャンのための組織AACMを立ち上げ、AEC(アート・アンサンブル・オブ・シカゴ)やAIRを始めその後の創造的ジャズを担う多数のミュージシャンを輩出する。自身は1977年にNYに移住、1983年にNY支部を設立。2010年…, 1944年、NYポート・チェスターの生まれ。バークリー音学院卒。脳卒中に倒れ加療中のところ、2017年8月23日逝去。ECMのプロデューサー、マンフレート・アイヒャーと出会い、75年『タイムレス』でECMデビュー。70年代末から3枚のアルバムを制作したR.バイラーク、G.ムラーツ、P.ドナルドを擁するオリジナル・カルテットはジャズ・フュージョンを脱し、ギター・カルテットとしてスペイシーでオープンな…, ジェリ・アレン:1957.6.12 デトロイト生まれ。2017.7.27 還暦まもなくガン由来の多臓器不全により逝去。現代屈指のピアニスト、コンポーザー、エデュケイター。メリー・ルー・ウィリアムスからセシル・テイラーまで古今のジャズ・ピアノに通暁。また、女流ジャズ・ミュージシャンの地位向上に尽力。直近の役職はピッツバーグ大学ジャズ科ディレクター。レギュラー・グループは、2組のトリオ(ジェリ・アレン…, 1940年7月5日ー2017年3月27日。ロサンゼルス生まれ。70年代〜80年代に最も輝いたアルトサックス奏者の一人。ホレス・タプスコットGのメンバーとしてデビュー。70年代中期にNYに移住後、チコ・ハミルトンGを経て、ギル・エヴァンスOrch、レスター・ボウイーGを経てジャック・ディジョネットのSpecial Editionのフロントとして世界的知名度を獲得。他に、The Leaders、Wor…, ミシャ・メンゲルベルク(1935年6月5日 –2017年3月3日)ヨーロッパ・フリー第1世代を代表するミュージシャンのひとり。エリック・ドルフィー『ラスト・デイト』でレコード・レビュー。1960年代フルクサスにも参加。1967年にハン・ベニンク・ウィレム・ブロイカーと共にICP (Instant Composers Pool) を結成。デレク・ベイリー、ペーター・ブロッツマン、エヴァン・パーカー、…, 生悦住英夫(いけえずみひでお)氏は、前衛音楽やサイケデリック・ロック等の代表的なレーベル、PSFレコードの主宰者で、レコードショップ「モダーンミュージック」のオーナー。PSFレコードは日本をアンダーグラウンド・レーベルとして世界的に知られており、ここでCDをリリースしたことから海外での評価に繋がったミュージシャンも多い。, Larry Coryell、1943年4月2日 – 2017年2月19日。テキサス州ガルベストン出身 ジャズとロックの融合に早くから取り組み、Godfather of Fusion(フュージョンの父)と言われる。代表的なバンドは、ランディ・ブレッカーの参加した1972年結成の「イレヴンス・ハウス」、ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシアと組んだ「ザ・ギター・トリオ」(1979年)など。…, いわゆる“ブルーノート・サウンド”あるいは広く“ジャズ・サウンド”の典型として後々までエンジニアのリファレンスとなる音を創ったルディ・ヴァン・ゲルダーを貴重な写真とインタビュー、エッセイで偲ぶ特集。, ジャンゴ・ラインハルトの影響からジャズの世界に入り、ハーモニカの雄となったトゥーツ・シールマンスが天寿を全うした。貴重な写真とエッセイで故人を偲ぶ特集。, 『フルート・フィーヴァー』(1969/Columbia) で鮮烈なデビューを果たし、いちはやくジャズ・ロック・フュージョン・シーンをリードしたNYはヴィレッジ生まれのフルーティスト。ピッコロからバス・フルートまで、リング・モジュレータやワウワウペダルなどエフェクターまでを駆使、サウンドの多彩化に腐心した。ビル・エヴァンス・トリオとの『What’s New』でしっかりジャズ界にも地歩を築…, レアンドロ “ガトー” バルビエリ。1932.11.28-2016.4.02。アルゼンチン生まれのテナーサックス奏者。”ガトー”はスペイン語で「猫」の意。音楽を求めて夜な夜な街を徘徊していたことから仲間がつけたニックネーム。映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」やサンタナとの<哀愁のヨーロッパ>で大衆的な人気を獲得したが、70年代にはフリージャズやJCOA(マイク・マントラー、カーラ・ブレ…, 大地を歌うブラジル出身のパーカーショニスト、ナナ・ヴァスコンセロスを貴重な写真とエッセイで偲ぶ追悼特集, 帝王マイルス同様、世の中に媚びずに常に新しい音楽を作り出して来た殿下プリンス。2016年4月21日に突然この世を去ってしまったその波紋は想像以上に大きい。, ジャズの歴史を担うキー・ミュージシャンのひとりとして多彩な活動を展開してきたピアニスト、ポール・ブレイを貴重な写真と内外の寄稿で追悼する特集, 冨田勲。とみたいさお。 1932年4月22日〜2016年5月5日。東京都出身。慶大文学部卒。 作編曲家、シンセサイザー奏者、シンセサイザー音楽作家。作曲家としてNHK大河ドラマや手塚治虫のアニメ音楽などを制作。1971年、日本人として初めてモーグ・シンセサイザーを個人輸入、シンセ音楽に手を染め、独自の「トミタ・サウンド」の創造に邁進。1974年、第1作『月の光』がアメリカで大ヒットし日本に逆輸入。…, 菊地雅章(きくち まさぶみ 1939年10月19日 – 2015年7月7日)。きくちの「ち」は「池」ではなく「地」、「雅章」は「まさあき」ではなく、「まさぶみ」。芸大付属高校、バークリー音楽院を経て、1973年、NYに移住。エリントン、モンクに私淑、ギル・エヴァンス、マイルス・デイヴィス、ポール・モチアンと音楽的親交を結ぶ。音楽にすべてをかけた数少ないミュージシャンのひとり。代表作に、…, 11/25 林 正樹グループ with 福盛進也、藤本一馬、鈴木広志、吉田篤貴、須川崇志, 11/20, 30 塩谷 哲 スペシャルトリオ feat.