2016年:野球の夢。プロの誇り。(「野球には夢があり、プロとしての誇りがある」旨を込める。) 監督:辻発彦 監督:梨田昌孝 ・2015年 スローガン「野球まみれ 一勝懸命 2017」 ・2015年 監督:伊原春樹 成績:78勝61敗4分(リーグ2位、横浜1-2) 成績:79勝61敗3分(リーグ2位、楽天1-2) 成績:94勝49敗0分(リーグ1位、楽天4ー2、横浜4-2) スローガン「常勝魂 RED RISING」 成績:45勝96敗2分(リーグ6位) スローガン「輝氣 2015 輝こう、一緒に。」 近年では、12球団全てのチームのキャンプイン前後で発表されるチームスローガンですが、, 中には格好の良いスローガンやダサいスローガン、はたまた面白系なスローガンがありますので、是非お気に入りを見つけてもらえればと思います。, スローガンと言えば、野球ファンがひいきの球団のスローガンをSNSのアイコンにしていたりして、それなりの影響力はありますよね(笑), 【プロ野球好きあるある(共感したらRTお願いします)】SNSのプロフィール欄や壁画に贔屓チームの今シーズンのスローガンを入れたがる。#あるあると思ったらRT, 唐突ですが私、『わんだほぅっ!』って去年は何十回と叫んでたんですよね。というのも、地元某プロ野球チームの2017年チームスローガンだったからw 監督:伊東勤 スローガン「進撃 2014 さらに、ひとつになろう」 2009年:野球とは、 ・2017年 我が誇らしい東北楽天ゴールデンイーグルスの今年のスローガンは「日本一の東北へ」だったのだけど。これは、東北のプロ野球球団として、東北の高校野球の甲子園での活躍を予感したものだったのかしら(^^; 【 #巨人 】2軍スローガン「実現 ~野望・夢・目標の達成~」に決定 3軍も同時に発表 https://t.co/cf9l5mPz9B #giants #npb #プロ野球 pic.twitter.com/GLKIv2r4XT, — スポーツ報知 巨人取材班 (@hochi_giants) 2018年1月25日. 監督:谷繁元信 成績:54勝87敗2分(リーグ6位) ・2016年 監督:谷繁元信 成績:64勝78敗1分(リーグ5位) ※新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。2019年5月末で、2020年夏に開催される東京オリンピックまで残り420日となります。 スローガン「一新 〜GIANTS PRIDE 2016〜」 監督:緒方孝市 成績:60勝83敗0分(リーグ5位) スローガン「力舞吼える!-Kabuku-」 スローガン「原点回帰 Dragons愛!」 スローガン「Smart & Sprit 2017 東北・夢・再び」 スローガン「俺のオリックス 2016」 if (d.getElementById(id)) return; スローガン「BEAST!強く、猛々しく。」 監督:金本知憲 スローガン「℃℃℃ドドドォー」 スローガン「熱男」 監督:森脇浩司 2021年に延期された東京オリンピックを控える中、新型コロナウイルスの感染拡大は欧米を中心に今もなお続いており、日本でも感染「第3波」が懸念されています。そのような状況の中、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が、... 二次交通とは、主要な空港や駅から観光地までの移動手段となる、路線バスや鉄道などの交通機関のことを指します。都市部では地下鉄やバス、タクシーなどの移動手段が充実している一方、地方では二次交通の整備が遅れているところがあります... 観光庁は地方部を中心に、富裕層旅行者の求めるニーズやサービス水準に対応した宿泊施設の誘致や整備に向けて動き出しています。有識者委員会には、政府の「成長戦略会議」の議員になったことで話題となったデービッド・アトキンソン氏も参... 訪日ラボは11月26日、(一社)地方創生パートナーズネットワーク様の主催する「観光庁後援スノーリゾートフォーラム2020 ~DMOとスノーリゾート形成に関するトークセッション~」に共催として参画します。本フォーラムでは、観... 訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!, 訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを毎日配信!, いま、何をやるべき? どの国をターゲットにしたらいいの? 訪日ラボでPRしたい!などお気軽にご相談ください。, ローカルSEO対策、販売促進、集客事例やニュース、店舗の口コミデータをもとにした分析をわかりやすく紹介, 東京オリンピックの開会式はいつ?スローガン・野村萬斎の演出・1964年との比較・チケットの取り方も分かりやすく解説, IOCバッハ会長きょう来日、菅首相と会談:日本はコロナ「第3波」それでも五輪を開催する意義とは?, 二次交通とは?交通網の整備が地方の観光振興のカギとなる | 具体的な課題・取り組み事例, 【11/26】観光庁後援・スノーリゾートフォーラム2020~DMOとスノーリゾート形成に関するトークセッション~開催のご案内, 【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査, 【11/30〜12/4】オーストラリア・ニュージーランドとのオンライン商談会を開催!開催概要・参加するメリットを紹介, 【レポート無料】あの地方自治体はどんなキャンペーンを行なっている?地域の魅力を軸とした独自観光支援策まとめ, 外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは, 訪日ラボ、中国旅行会社を直接つなぐ「オンライン商談会」10月19日〜23日開催決定!現地から期待の声も, 世界をつなぐ「オンライン商談会」レポート:「バーチャル店内紹介」に台湾の旅行会社様も興味津々(レインズインターナショナル様×大榮旅行社様), 世界から愛された「アキバフクロウ」存続の危機に支援者殺到、わずか1日で300万円集まったワケ, 【レポート無料】コロナ禍で普及進む「オンライン商談」成功事例とデメリット/導入前に必ず考慮すべきポイントとは?, 仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】, 【独自調査】コロナ外出自粛 海外で消費増1位の日本製品は「ゲーム機」、減ったのは「外出着」「化粧品」:訪日経験者の消費行動変化を調査, オンライン商談会をサポート/低コスト×高効率 インバウンド市場に向けたセールスコールの機会【訪日ラボ】, コロナ「第2波」でも自粛すべきでない理由:感染状況を正しく把握し「正しく怖がる」意識を, 【独自調査】インバウンド回復は「2月」予想最多、もっとも誘致したいのは「台湾」:19日"観光解禁"うけ「新型コロナと緊急事態宣言解除」意識調査を実施, 【無料レポートプレゼント】140社以上!新型コロナへの企業対応 総まとめ:業種別・支援策も, 航空業界の回復は「4年」必要…「トラベルバブル」で復活なるか?各国の運休・減便・再開・破産の動きとは【航空×コロナ動向まとめ】, 【独自調査】9割がインバウンド売上「大きく落ち込んだ」…客足戻り始めは前回調査より楽観傾向に:新型コロナ意識調査実施, 【26事例】コロナと闘うインバウンド事業の施策・対策を総まとめ:HIS「変なホテル」感染リスク軽減プラン提供開始 ほか, 【入国制限まとめ】11/13更新:中国・韓国など9か国・地域の渡航中止勧告解除/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表, コロナ後のインバウンド市場を独自調査で予測/事業の8割「すでに大きな影響」訪日客戻るのは「1年後」, 【最新版】新型コロナ助成金・融資まとめ:緊急事態宣言で発表の納税猶予解説/市町村単位の支援まで網羅, 【2020年3月ニュースまとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・話題・重要ニュースを時系列で振り返り, 【世界マップまとめ】新型コロナウイルス感染感染者・死亡者・累積症例数など丸わかり6選, 【2020年2月ニュースまとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・話題・重要ニュースを時系列で振り返り, 「インバウンド業界カオスマップ」2020年上半期最新版公開|東京オリンピックを迎えうつ、約1,400サービスを完全網羅, 中国人が日本よりタイを旅行先にする5つの理由:日本がタイに学ぶべき「わかりやすい安心感」と「文化体験」. ・2018年 スローガン「原点回帰 〜ゼロからのスタート〜」 2016 Rio. スローガン「Go for The Top as One 熱くなれ!!」 js = d.createElement(s); js.id = id; なおシーズン終盤は「つかみ獲れ!」の部分を「栄光をつかみ獲れ!」に変更。 ・2016年 成績:71勝69敗3分(リーグ2位、横浜1-2) ・2016年 くなれるはず。挑みつづけるかぎり負けはない。明日。七日後。七年後。どんなきみになるかは今日のきみが決める。Just Do It. スローガン「1(ワン)ダホー!」 ※新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。2019年5月末で、2020年夏に開催される東京オリンピックまで残り420日となります。 ・2016年 ブランドキャンペーン 2020å¹´ 東京オリンピック 「七年後」をキーワードとしたブランドメッセージ 株式会社ナイキジャパン NIKE 2013å¹´ ポスター Andrew Miller 天田武史, 「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」, キャッチコピー 集めました。 - オリンピック 1〜30, https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば. 成績:70勝71敗2分(リーグ3位、巨人0-2) スローガン「執念 Tigers Change」 1964年東京オリンピック(1964ねんとうきょうオリンピック)は、1964年(昭和39年)10月10日(後の体育の日)から10月24日までの15日間、日本の東京都で開かれたオリンピック競技大会。, 一般的に東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第十八回オリンピック競技大会の表記もみられる[1]。, 1940年東京オリンピックの開催権を返上した日本及びアジア地域で初めて開催されたオリンピックで、当時は「有色人種」国家における史上初のオリンピックという意義を持っていた。また、アジアやアフリカにおける植民地の独立が相次いだこともあり、過去最高の出場国数となった。, 歴史的には、1952年のヘルシンキ(フィンランド)、1960年のローマ(イタリア)に続いて旧枢軸国の首都で開催されたオリンピックでもあり、1940年東京オリンピックの開催権を返上した後に参戦した第二次世界大戦で敗戦したものの、その後急速な復活を遂げた新日本が、再び国際社会の中心に復帰するシンボル的な意味を持つとされる。, 開会式は10月10日、閉会式は10月24日に行われた。開会式の10月10日は、1966年(昭和41年)以降「体育の日」として親しまれるようになったが、「体育の日」は2000年(平成12年)より10月の第2月曜日となった。, 1940年(昭和15年)夏季大会の開催権[2] を返上した東京は、連合国軍による占領を脱した2年後の1954年(昭和29年)に1960年(昭和35年)夏季大会開催地に立候補した[3]。しかし、翌1955年(昭和30年)の第50次IOC総会における投票でローマに敗れた。, 次に1964年(昭和39年)夏季大会開催地に立候補し、1959年(昭和34年)5月26日に西ドイツのミュンヘンにて開催された第55次IOC総会において欧米の3都市を破り開催地に選出された。, 得票数は東京が半数を超える34票、アメリカ合衆国のデトロイトが10票、オーストリアのウィーンが9票、ベルギーのブリュッセルが5票だった。特に、総会での立候補趣意演説を行なった平沢和重(外交官)や、中南米諸国の支持を集めるために奔走した日系アメリカ人の実業家、フレッド・イサム・ワダ(和田勇)、当時都議であった北島義彦、「日本レスリングの父」といわれた八田一朗らの功績が大きかった。なお、和田は育った御坊市で名誉市民第1号となっている。, 1957年(昭和32年)当時、日本水泳連盟会長を務め東京招致を主導していた田畑政治は、オリンピック招致費用が2013年現在の価格に換算して約1200億円かかることを懸念していた岸信介首相へ観光収入も見込めると直談判した[4]。, 開催の決定した日本では「東京オリンピック組織委員会」(会長:津島寿一、事務総長:田畑政治)が組織され、国家予算として国立競技場をはじめとした施設整備に約164億円、大会運営費94億円、選手強化費用23億円を計上した国家プロジェクトとなった[5]。, 開催にあたり、組織委員会は巨大な東京オリンピック公式ポスターを都市部に設置、デザインは亀倉雄策が手掛けた。組織委員会では、津島と田畑が第4回アジア大会参加問題で1962年10月に引責辞任。後に安川第五郎が組織委員会会長、与謝野秀が事務総長となった[6][7]。, デザインは金・銀・銅、共に、表面は「勝利者を肩車した男性の群像」、裏面は「勝利の女神」が浮き彫りにされ、また「大会名、競技名」を記載してある欄があった。, 価格は、金メダル12,500円、銀メダル7,500円、銅メダル6,000円。(全て昭和39年当時の価格)と発表されたが、この価格はあくまで造幣局が日本オリンピック委員会に請求した額であり、実際のメダルの製造では1枚のメダルを製作するのにプレス加工を合計25回も繰り返すなど手間のかかったものになっていた。大会後、製造したが余ったメダルは鋳つぶされている。, この東京オリンピックの開催に向けて、競技用施設から選手村、公共交通機関などのインフラストラクチャーや観戦客を受け入れるためのホテルに至るまで、東京都内のみならず日本各地において種々の建設・整備がなされた。, 東京オリンピックの経費は265億3400万円といわれる(組織委経費の99億4600万と大会競技施設関係費の165億8800万円[14] との合計)[15]。, 東京オリンピックの開催期間中は千駄ヶ谷や代々木などのメイン会場の周辺はもちろんその他の広範囲にわたって大規模な交通規制が行われた。特に、10月10日の開会式では警視庁は1万人の警察官を動員して警備に当たった。開会式会場となった国立競技場の横の神宮外苑も開会式当日は一般に開放されたが、この神宮外苑も収容人数は4万人程であり、チケットのない者は神宮外苑に入ることができなかった。, そして午前10時から開会式終了後までは、この神宮外苑には警察や大会関係などの許可車両以外は一切通行が禁止された。またそれ以外に「外周制限線」と名付けられた制限区域がもうけられた。これは「新宿4丁目交差点 - 四谷見附交差点 - 溜池交差点 - 西麻布交差点 - 新宿4丁目交差点」を囲む範囲内でおこなわれた極めて大規模な交通規制で、開会式会場の警備の他に国内外のVIPなどの移動をスムーズにするのが目的であった。また、その他にマラソン、競歩、自転車競技、など多くの競技で大規模な交通規制が実施された。, 東京オリンピックは、ベルリンオリンピックで初お目見えしたオリンピックのテレビ中継技術が格段に向上したことを印象づける大会となった。衛星放送技術を始め、カラー写真・小型のコンパクトカメラの開発などもその特徴である。, 東京オリンピックの衛星中継は、現地の映像をシンコム3号で日本からアメリカへ送信し、さらにアメリカが受信した映像をリレー1号でヨーロッパへ送信するという方式で行われた。また当時初めてスローモーションの画像を使い、競技での微妙な結果をその場で確認でき、その後のスポーツ中継で欠かせない放送技術になった。, 東京大会の日本での中継放送は、映像は一本化された単一映像をNHKも民放も使ったが、競技実況はNHKと民放は別々にアナウンサーをおいたので、同じ映像で違う実況放送であった。民放はこのために地方局からアナウンサーを集めていた。また開会式と閉会式は各局とも独自にアナウンサーを置いて別々に実況を行った。, 日本では1959年(昭和34年)のミッチー・ブーム以降テレビ受像機(白黒)の普及が急速に進み、1959年(昭和34年)に23.6%だった普及率は1964年(昭和39年)には87.8%に達した。当時非常に高価だったカラーテレビ受像機は、東京オリンピックを契機に各メーカーが宣伝に力を入れ始めた。メディアでの昭和世相史に関する記事等で「東京オリンピックの時期にカラーテレビが普及した」という趣旨の記述が見られることがあるが、1966年(昭和41年)まではカラーテレビの普及率は1%未満であり、1968年メキシコシティーオリンピックが行なわれた1968年(昭和43年)の調査でも5.4%で、カラーテレビの普及率が白黒テレビを上回ったのは1973年(昭和48年)である。, また当時、アメリカ合衆国による沖縄統治下では、当時の琉球政府の大田政作主席が「早期復帰がかなわないのなら、せめて本土と同じ時間にテレビが見たい」[31] と関係各所に陳情、これによって、電電公社のマイクロ回線が那覇市まで延伸されることとなり、山岳回折を用いた見通し外通信によって建設が進められ、東京オリンピック直前の1964年9月1日に開通し、現在の沖縄県でも同時に放送された。なお、沖縄からは出場した選手は1人もいない。NOCを作って、沖縄として出場する案もあったが、島ぐるみ闘争の激化で「1地域としての五輪参加は、アメリカ合衆国による沖縄の恒久支配を意味する」との意見もあり、結局設立されなかった。結果的に沖縄住民の日本人意識を高め、1972年(昭和47年)5月15日の沖縄返還へとつながっていった。, 開催前年の1963年(昭和38年)、組織委員会が置かれた赤坂離宮(赤坂迎賓館)に、デザイン室が開設された。入場券、メダル、ユニフォーム、競技パンフレット、プログラム、施設の標識、案内板などを制作した。多くは20代後半から30代前半のデザイナーだった[32]。, オリンピックに際して原弘が、「ノイエ・ハース・グロテスク(後のヘルベチカ)というサンセリフ体を使いたい」と大日本印刷に打診、市谷工場に導入された[33]。, 東京オリンピック第2号ポスター(9万枚作成)は、歴代大会のオリンピックポスターがイラストであったのを、グラフィックデザイナーの亀倉雄策のデザイン(文字は原弘)、ストロボ写真演出早崎治、ディレクター村越襄で、オリンピックポスター初の写真ポスターである[34]。ポスターは全部で4種類が制作された[35]。, 第1号ポスター(10万枚作成)は、縦長の全体が白地に、赤い日の丸の下に、金の五輪マークと金字のTOKYOと1964のイラスト。6人が3案ずつ提出した指名コンペにて満場一致で選ばれた[32][36][37]、亀倉(文字は原弘)の大会エンブレムと同じデザインだった。赤と金の配色は豊臣秀吉の陣羽織(木瓜桐文緋羅紗陣羽織・大阪城天守閣蔵)から着想を得たともいわれる[38][39]。オリンピック史上初めて五輪の輪の5色の標準色を詳細に決定した[40]。, なお、1959年の招致ポスターは栗谷川健一が手がけた通称「富士山」だった[41]。, まず競技種目ピクトグラム計20種が前年に作られ、1964年に入ってから施設用ピクトグラム計39種の制作が始まった[42]。, 案内や誘導、競技種目表示においてピクトグラムが採用されたのは東京オリンピックが最初である。外国語(特に公用語のフランス語や英語)によるコミュニケーションをとることができる者が少ない日本人と外国人の間を取り持つために開発された。制作にはアートディレクターを務めた勝見勝を中心に粟津潔ほか30名ほどのデザイナーが携わった。, 競技種目ピクトグラムを制作したのは山下芳郎1人である[43]。ヨット競技のみは人間を描かず、柔道・ウェイトリフティングの2つは正面図。残りの競技は右向きの1選手を描写した(レスリングのみ2選手が組む横からの図)。サッカー・バレー・バスケ・水球のボールは、各およそ右端中段寄りに配置された。, なお、2020年東京オリンピックでは、1964年大会の競技種目ピクトグラムを先人へのリスペクトともに継承・進化させたものと位置づけて[44]、右向きに統一させず、左向きのデザインも混在させた[45]。, 東京オリンピックにおける日本選手団のユニホームは1964年(昭和39年)2月に国立競技場でコンテストが開催され、そこで選ばれたデザインが後日JOC総会にかけられて承認を受けるかたちで決定された。オリンピック東京大会日本選手団ユニホーム、特に開会式・閉会式で着用された式典用デレゲーションユニホームが、上半身が赤色で下半身が純白のかなり派手な服装であり、50年近く時を経た現在でもオリンピック日本選手団の公式ユニホームと言えばこの「上半身が赤色で、下半身は白色」を思い浮かべる人が多い。日本選手団の制服を松坂屋上野店が受注[13]。, 市川崑が総監督を務めて制作された『東京オリンピック』のフィルムを新たなスタッフが再編集・再構成し、シナリオを執筆した作品。1966年5月15日公開。市川の『東京オリンピック』に比べ、実況を含んだ解説の流れる部分が多く、「記録映画」の色彩が濃いため、いわゆる「ドキュメンタリー」に分類されている。154分。, 東京オリンピックの行事で使用された楽曲は、オリンピック東京大会組織委員会に設けられた式典運営協議会で以下の5曲が決められた[54]。これらの曲は前年のオリンピックデーで披露された[55]。, 「ファンファーレ」は広く一般から公募して、海外からの応募作を加えて414編の中から選ばれたもので、当時長野県在住の今井光也が作曲し、日本の伝統的音階を基調とした8小節の東洋的色調に溢れた作品で四部形式で書かれた純トランペットの曲であった[54]。, オリンピック東京大会讃歌は、東京大会のみに使われた賛歌で、開会式用の(A)、閉会式用の(B)の2曲があり、聖火が灯された直後と聖火が消えゆく直前に歌われた。, 選手団の入場行進曲は、世界各国の著名な行進曲12曲が選ばれて、最初と最後に使用される行進曲として「オリンピック・マーチ」を古関裕而が作曲した。1分間120の行進速度でコーダは「君が代」の旋律で結ばれている。, なおこの他に、開会式冒頭には「オリンピック序曲」(作曲:團伊玖磨)が華やかな雰囲気の中で演奏され、昭和天皇・香淳皇后がロイヤルボックスに着席する直前には電子音楽「オリンピック・カンパノロジー」(作曲:黛敏郎)が荘厳な雰囲気を醸し出していた。, また国民の五輪への関心を高めるために、日本放送協会 (NHK)がオリンピック東京大会組織委員会、日本体育協会、東京都の後援で製作したのが以下の音頭と愛唱歌で、1963年6月23日に発表されてレコード会社各社から競作で吹き込み発売された[54]。, これとは別に、日本ビクターが公募して日本体育協会、オリンピック東京大会組織委員会、東京都が選定し、日本体育協会、オリンピック東京大会組織委員会、東京都、文部省、日本放送協会 (NHK)、日本民間放送連盟(民放連)の後援で1962年5月8日に東京都体育館で日本ビクター主催「オリンピックの歌発表会」で発表されたのが以下の2曲である。, なお、オリンピックの開催時期には芸術展示として、多くの日本の芸術作品が披露された[56]。, 大会終了後、日本放送協会 (NHK) から開会式や閉会式、ハイライトとなった競技のラジオ実況放送を収録した磁気録音テープが発売されると共に、その音源をもとに記録LPレコードやフォノシートが製作された。またこのNHKのマラソン実況放送の音源の一部(国立競技場に戻ってきた時の円谷幸吉とベイジル・ヒートリーのデッドヒート)が、ピンク・ピクルスの歌う「一人の道」の冒頭に使用されている。, 夏季大会は非開催でも回次はそのまま残るため、東京は回次上では2回目の開催扱いとなる, 2013年8月20日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック〜第2回オリンピック招致にかけた男たち」, 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版 昭和53年9月30日発行 p205, 2013年8月19日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック〜第1回平和の炎が灯った日」, トラックから聖火台までの階段の段数については、文献によって163や182など複数の説がある。坂井自身は167段と聞かされていたという(小沢剛「心の聖地 スポーツ、あの日から」四国新聞2010年5月11日、20面)。, 2011年7月25日、琉球放送「RBC ザ・ニュース アナログ放送半世紀の歴史に幕」, 2014/10/10 『SAYONARA国立競技場 56年の軌跡 1958−2014』 181頁, 朝日ソノラマ「オリンピックの歌」1964年9月発行 ソノシート 「オリンピック音楽作品について」NHK第二音楽部長、, 三島由紀夫「東洋と西洋を結ぶ火――開会式」(毎日新聞 1964年10月11日号)。, 観客数は1万5172人で、各年の日本シリーズ優勝チーム決定戦での最低観客数記録となっている。試合は, 2013年8月21日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック〜第3回1億人の勝利をアスリートたちの挑戦」, データde五輪 競技会場(3)建設整備費 当初設備投資計画では新設火2635億円 改良費98億円, vol.3 紛糾したアジア競技大会とGANEFO。そしてインドネシアと北朝鮮の引き揚げ オリンピックを支えた募金活動, http://www.asahi.com/special/2020hostcity/articles/SEB201310100004.html, http://www.afpbb.com/articles/-/3146915?pid=19468888, 昭和39年(1964年)に開催された東京オリンピックで行われた聖火リレーのうち、大阪で行われたリレーの様子が分かる資料はないか, 1964年東京五輪“幻の聖火ランナー”が夢再び 甲陽学院OBら「途切れたタスキつなぎたい」, 第28回 奇跡の普遍性 Helvetica forever: Story of a Typeface ヘルベチカ展.