1999.10. 二次小説を書いています。 いまは鬼滅の刃の二次小説の更新が多めです。 劇場版公開を祝って連続投稿しています。 悪戯防止のためホームページの閲覧にはパスワードが必要です。 パスワードは「naohn1Q81」です。 今のところ「ガラスの仮面」二次創作ブログです。 当二次創作は原作者及び出版社とは一切関係ございません。 ブログ内全ての作品は無断使用・転載を禁じます。 初めての方は連絡事項:『はじめに。』をお読みください。 私はこのパーティーに出席したものの話しかけてくる人たち、数々貰う名刺に面食らっていた。 名乗られる名前と顔が一致せず自己紹介するだけでせいいっぱい、周囲の人の話についていけず、ちんぷんかんな受け答えしかできない。 7作成 - 8 - 病室。 ベッドには真澄が寝かされていた。目は閉じたまま、心拍測定装置の音が静かに鳴り響いている。 「そろそろ、舞台が始まる時間よ。」 モンチッチ水城が、真澄のそばについているマヤに告げた。 ガラスの仮面完結編. ‚éˆÀ’B‚ÌŽp‚ª—¬‚ê‚éB, œŒfŽ¦”Â[an error occurred while processing this directive], ˆÓŠO‚Æ‚©‚ñ‚½‚ñA1TŠÔ‚Å‚¨ŽèŒ³‚ցI •Ä‘»ˆç–эÜ, Œø‚©‚È‚«‚á•Ô‹àI“Á‹–‘«‚̏L‚¢Žæ‚èuƒOƒ‰ƒ“ƒYƒŒƒƒfƒBv, ‚½‚΂±‚̂悤‚ɉ΂ð‚‚¯‚ĉŒ‚ð‹z‚¤uNosmoQ‹Ö‰Œ‘v. The 小説 "灰色の仮面" is tagged "ガラスの仮面".