電気自動車を蓄電池として使うv2hは「普通の蓄電池より初期費用が高額」等のデメリットの他に、「普通の蓄電池より大容量」等のメリットもあります。また、ニチコンや三菱電機のevパワーコンディショナーの価格や工事費用、補助金についても解説。 Copyright ©  日産リーフ カスタマイズとマッチング LEAF Customize Tune All rights reserved. ニチコンの12kWhタイプ蓄電池「ESS-H1L1」の容量保証は「15年間」で、蓄電池の最大容量が「50%」以上を保証しています。, スマートスターL(伊藤忠)の蓄電池には、9.8kWhタイプの蓄電池SmartStarL「LL3098HOS」があります。, スマートスターL(伊藤忠)の9.8kWhタイプ蓄電池SmartStarL「LL3098HOS」の寿命は「6,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約16年」程度となっています。, 容量保証は10年 「バッテリーのみの交換」はメーカーにより対応が異なり対応できるメーカーと、対応できないメーカーがあると想定され、後者の方が多数と想定されますので、基本的には買い換えることになると思われます。, しかし、今から蓄電池を購入して、寿命をむかえるのは早くても10年後くらいですので、その頃には蓄電池の本体価格は多少下がっていると予想できます。そのため、蓄電池が寿命をすぎて容量が劣化したら、買い替えたほうが無難かと思います。, 家庭用蓄電池の寿命を表すサイクル回数は、メーカーや機種ごとに異なります。ここでは、メーカーごとの「サイクル回数」と、サイクル回数から算出した「寿命年数」、また「容量保証」の年数や条件についてご紹介していきます。, パナソニックのコンセント接続型蓄電池「LJ-SF50B」の寿命は「3,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約8年」程度となっています。, 容量保証は7年 LEAF(リーフ)から供給することで、深夜の安い電力の値段で昼間に電器を使えます。, ・巨大な蓄電池なので、災害対策になります。電力網が停電しても電器を約2日ほど使うだけの電器を貯められます。, ・費用が高額です。国の補助金24万円と自治体独自の補助金(2013年11月現在)5万円をいれたとしても、最初に60万円程払わなければなりません。, ・日産リーフ(LEAF)のそばにEVパワーステーションという機材を取り付ける場所が必要になります。エアコンの室外機程度の大きさです。, ・太陽光発電が設置されている家庭では 売電価格が下がります(ダブル発電とされてしまい、1kwhあたり49円が35円にさがります), ・EVパワーステーション保証は1年 延長しても5年 それ以降修理費含め不明です。本体が48万円と高額なので、修理ができるかもわかりません。, ・井戸ポンプやエネファーム等は突入電流が大きく、併用できないので別回路にする必要があります。, LEAF to Homeと太陽光発電はW発電となり売電価格が低下するがメリットもある、それは・・. 上述のように太陽光パネルを設置することで、屋根面が紫外線の影響から保護されるので、塗膜の耐用年数は通常よりも長いです。 当方の見立てでは、 築15年未満であれば、 事前の屋根塗装は不要。 築15年以上であれば事前に、 屋根塗装するべき。 B‚Ü‚½A¤•i‚É‚æ‚Á‚Ä‚Í‘I‘ð‚³‚ê‚½‚¨Žx•¥‚¢•û–@‚ð‚²—˜—p‚Å‚«‚È‚¢ê‡‚â. 発売されているメーカーの蓄電池は、発火しないよう異常検知の機能はほとんど付帯されていますので、いきなり爆発したりする可能性はきわめて低いですが、劣化したものを無理矢理使っていたりすると、そういった可能性が僅かながらあります。, 使用している蓄電池が寿命をむかえたら、蓄電池の「バッテリーのみ」を交換するか、蓄電池の「本体まるごと交換」かを選ぶことができます。 京セラの大容量タイプ蓄電池「EGS-LM1201」の容量保証は「15年間」で、蓄電池の最大容量が「50%」以上を保証しています。, もし、15年以内に蓄電池の最大容量が50%未満になった場合は、保証を受けることが可能です。, オムロン蓄電池には、6.5kWhタイプの蓄電池「KP-BU65-A」と、9.8kWhタイプの蓄電池「KP-BU98-B」などがあります。, オムロンの6.5kWhタイプ蓄電池「KP-BU65-A」の寿命は「8,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約22年」程度となっています。, 容量保証は10年 シャープ蓄電池の容量保証は「15年間」で、蓄電池の最大容量が「60%」以上を保証しています。, もし、15年以内に蓄電池の最大容量が60%未満になった場合は、保証を受けることが可能です。, 京セラ蓄電池には、太陽光発電で創った電気をダイレクトに充電できるマルチDCリンクタイプの蓄電池「EGS-ML0650」と、大容量タイプの蓄電池「EGS-LM1201」などがあります。, 京セラのマルチDCリンクタイプ蓄電池「EGS-ML0650」の寿命は「6,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約16年」程度となっています。, ただし、バッテリー以外の部品の劣化などにより、10年~15年程度で蓄電池が故障してしまう場合もあります。, 容量保証は10年 ニチコンの12kWhタイプ蓄電池「ESS-H1L1」の寿命は「6,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約16年」程度となっています。 ただし、バッテリー以外の部品の劣化などにより、10年~15年程度で蓄電池が故障してしまう場合もあります。 オムロンの6.5kWhタイプ蓄電池「KP-BU65-A」の容量保証は「10年間」で、蓄電池の最大容量が「60%」以上を保証しています。, オムロンの9.8kWhタイプ蓄電池「KP-BU98-B」の寿命は「8,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約22年」程度となっています。, 容量保証は10年 京セラのマルチDCリンクタイプ蓄電池「EGS-ML0650」の容量保証は「10年間」で、蓄電池の最大容量が「50%」以上を保証しています。, もし、10年以内に蓄電池の最大容量が50%未満になった場合は、保証を受けることが可能です。, 京セラの大容量タイプ蓄電池「EGS-LM1201」の寿命は「6,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約16年」程度となっています。, 容量保証は10年 LEAF to Home は ニチコン製のEVパワーステーション と、自宅の配電盤の下に取り付ける 中継ボックスという機器を設置します。電気工事が発生しますので、お手軽に接地というわけではありませんが、専門の工事の方がきてくれます。 メリットとデメリット 家庭用蓄電池の寿命を表す「サイクル回数」の意味や、耐用年数の導き方を紹介。また、パナソニックやシャープ、京セラなどメーカー別の寿命や保証年数を比較。「25度を超えない場所に設置する」「充電をこまめに行う」など、蓄電池の寿命を伸ばす方法も。, 蓄電池の寿命を表すのに使われるのが、「サイクル回数」です。蓄電池の寿命を理解するためには、まずこの「サイクル回数」について知る必要があります。, 「サイクル回数」とは、「満充電から完全放電までを行った回数」のことを指しています。満充電と完全放電の意味は以下をご覧ください。, つまり、100%まで充電した蓄電池を0%まで放電して完全に電気を使い切った状態が「1サイクル」としてカウントされます。, ただし、正確にはメーカーごとに定められている「放電深度」によって、「1サイクル」の定義が変わります。, 「放電深度」とは、簡単に言うと1サイクル時に「蓄電池を何%まで放電するか」を表す値です。, たとえば、蓄電池の寿命を「6000サイクル」と表記しているメーカーがあったとします。ここで当然、1サイクルは「満充電(100%)から完全放電(0%)」までと思いますが、このメーカーの「放電深度」が80%だった場合、「満充電(100%)から残量20%までの放電」が1サイクルということになります。, この「放電深度」はメーカーによって異なり、放電深度が100%でサイクル回数を出しているメーカーもあれば、80%で出しているメーカーもあります。, 上記の通り、蓄電池の寿命を表す「サイクル回数」には「放電深度」という概念があり、その「放電深度」はメーカーごとに異なります。, ここで重要なのは、「サイクル回数が多くても、放電深度が低ければあまり意味がない」という点です。たとえば容量10kWhで、「3000サイクルで放電深度100%」の蓄電池Aと「3000サイクルで放電深度80%」の蓄電池Bがあったとします。どちらも「3000サイクル」で寿命は一緒ですが、蓄電池Bのほうは実質的に使える容量は「8kWh」ということになってしまいます。なぜなら、蓄電池Bは残量20%を見越した寿命なので、20%以下まで放電した場合は蓄電池が劣化して「3000サイクル」を下回る可能性が高いためです。, 家庭用蓄電池で使用されるリチウムイオン電池は、基本的に0%まで完全放電すると劣化が早くなってしまいます。そのため、放電を残量20%で止めておけば、より長く使用できるようになるわけです。, なお、「放電深度」はカタログにも記載されていないケースが多いので、気になる方はメーカーに問い合わせてみましょう。, 上記でご紹介した「サイクル回数」を元に、大まかな寿命年数を割り出すこともできます。「サイクル回数」は、1日1回の充放電を元にしていますので、, ただし、蓄電池のサイクル回数もあくまで目安ですので、必ずしも上記の期間使用できることを保証するものではありません。, ※急速充電に対応した一部メーカーでは、1日2回充電を想定している場合もあります。詳しくはメーカーのカタログなどをご覧いただくか、メーカーへお問い合わせください。, ※上記の計算方法で導き出した寿命は、あくまで蓄電池のバッテリー寿命です。バッテリー以外の部品の劣化などにより、上記の寿命より早く蓄電池が故障することはありえます。, 「寿命(サイクル回数)が過ぎた蓄電池は使えなくなる」と思っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。寿命(サイクル回数)を過ぎても、蓄電池の最大容量が少なくなるだけで、使用自体に問題はありません。, 寿命(サイクル回数)が過ぎた蓄電池は、メーカーによって異なりますが、大体10~50%ほど最大容量が減少します。元々10kWhの蓄電池を使用していたとしたら、9~5kWhまで減少してしまうということになります。, 寿命が過ぎて容量が10~50%減少してしまった蓄電池でも使い続けることは可能ですが、容量は減り続けてしまいます。どのくらいの容量が残っていれば良いかは使用用途などによって違うので一概には言えませんが、一つの目安として非常時に備えるのであれば「5kWh」は最低限あったほうが良いでしょう。, というのも、長時間の停電になった場合、LED照明や食材を腐らせないための冷蔵庫、情報収集のための携帯充電器、テレビ、パソコンなど、最低限の家電を使用したと想定しても、「約5,500W」は使用するためです。そのため、蓄電池の容量が最低でも「5kWh」は残っていないと、1日も保たずに容量が無くなってしまうことになります。, 劣化した蓄電池は、電気の流れが内部でうまくいかずに発火する恐れがあります。 パナソニックの創蓄連携システム「LJB1156」の容量保証は「10年間」で、蓄電池の最大容量が「60%」以上を保証しています。, もし、10年以内に蓄電池の最大容量が60%未満になった場合は、保証を受けることが可能です。, シャープの4.2kWhタイプの蓄電池「JH-WB1621」と8.4kWhタイプの蓄電池「JH-WB1821」の寿命は「12,000サイクル」で、1日1サイクル使用した場合の寿命年数は「約33年」程度となっています。, 容量保証は15年 を取り出して、家庭用の交流に変換して家庭の電力を供給させることができるシステムをLEAF to Home といっています。, LEAF to Home は ニチコン製のEVパワーステーション と、自宅の配電盤の下に取り付ける LEAF to Home の設置の場所と騒音について EVパワーステーションの寿命に影響, LEAF to Homeの値段と新型EVパワーステーションの新製品 新型は補助金はうけられる?, LEAF to Home EVパワーステーションの価格と寿命と不具合を検証する。寿命編, 【ここに注意!】LEAF to Home の補助金申請と工事の日程について注意事項 自治体独自の補助金, LEAF to Homeの補助金申請で3つの気をつけるべきポイント 注意点はどこ?, L2H LEAF to Homeの補助金申請の方法 間違えやすい点と注意点をまとめる, 【画像あり】時期リーフ(LEAF)は2017年に登場 2015年にバッテリー増量リーフも登場か, 自動車税さらなる増税を検討 11年超えの車にさらに増税する方向で調整 電気自動車は?.