一方、クロースは自身が考える理想のゴールセレブレーションに、バイエルンとドイツ代表の偉大なる先達であるゲルト・ミュラー氏のパフォーマンスを挙げている。 そんな硬派なプレーメーカーは、昨今の派手なゴールセレブレーションに不満を抱いているようで、実弟フェリックスと共に自身がホストを務めるポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で苦言を呈している。 なお、オーバメヤンの派手なゴールセレブレーションに関しては以前から対戦相手へのリスペクトを欠くとの指摘なども出ていたが、その一方で息子の誕生日を祝う目的などもあり、一概に非難するのは少し可哀そうな部分もある。, 今シーズンのプレミアリーグでのアーセナルは4勝4敗の11位と苦しんでおり、直近のリーグ4試合でわずか1ゴールと攻撃面での課題を残しているが、データがそれを証明した。イギリス『サン』が伝えている。 生年月日:1989年6月18日. アーセナルに所属する30歳のガボン代表fwピエール=エメリク・オーバメヤンが、移籍の噂を一蹴した。6日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。 久保建英もランクイン! セスクはまた、古巣のチェルシーとアーセナルの現状についても言及。チェルシーはプレミアリーグ優勝を狙えるチームだと主張している。 「僕は幾度か自分の息子のためにそれ(マスク着用のゴールセレブレーション)をやっていたことを覚えておいてほしい。そして、僕はまたそれをやるつもりだ」 ただ、『Sport1』は同選手が生まれ故郷であるヘッセン州バート・ヘルスフェルトに戻ることを希望していると主張。そして、同地にあるフランクフルトが有力な新天地候補だと伝えている。 オーバメヤンはチーム事情から左ウイングの位置で起用されることも多く、全てが選手の責任だとは言えない。むしろ、高いシュート精度は評価するべきと『サン』は主張している。 なお、前述のコメントと共に引用されていた投稿の画像にはどこかの小学校で「幸せ」という意味をイメージした絵を書いてくださいとのお題に対して、ある小学生がオーバメヤンのゴールセレブレーションを描いた絵が載っていた。 オーバメヤンの代わりにセンターフォワードで起用されながら、直近の4試合不発のフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットへの批判も強まっており、ミケル・アルテタ監督は大きな修正を強いられそうだ。, フランクフルトがアーセナルに所属する元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(28)を来夏にフリーで獲得することを検討しているようだ。ドイツ『Sport1』が伝えている。 利き足:右足. 国籍:ガボン、フランス、スペイン. 「リハーサルされたダンスや振り付けがあるとしたら、それはとてもばかげていると思う」 そのムスタフィに関しては妻がスイスに住んでいることもあり、より移動がし易いイタリア復帰の可能性が取り沙汰されている。 ⇒ディジョン(2008~2009) ※ローン移籍 Tags: アーセナル, イングランド, ガナーズ, コラム, ニュース, ピエール=エメリク・オーバメヤン, プレミアリーグ, 欧州サッカー, 海外サッカー, アーセナルに所属する30歳のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、移籍の噂を一蹴した。6日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。, 契約延長交渉打ち切りの報道が流れた後、バルセロナやインテルへ移籍する可能性が浮上。レバークーゼンFWFWケヴィン・フォラントやリヨンFWムサ・デンベレなどの名前がアーセナルの獲得候補に挙がったことで、オーバメヤンが移籍するとの見方が強まっていた。, そんな中、同紙によると、オーバメヤンがFA杯3回戦のリーズ・ユナイテッド戦前に「僕はメディアで起こっている噂に反応したい。人々は物語を作るのが好きだが、彼らはピッチで起こっていることに集中する必要がある。彼らはしゃべりすぎて、頭がおかしくなりそうだ。僕はアーセナルのキャプテン。このクラブが大好きだ。僕はそれにコミットし、トップに戻すことを切望している」とコメント。移籍の噂を一蹴し、アーセナルに残留することを誓った。, 『フットボールチャンネル』は、サッカー専門のネットメディアです。弊サイトに記載されている、コラム、ニュース、写真、その他情報は、株式会社カンゼンが報道目的で取材、編集しているものです。ニュースサイトやブログなどのWEBメディア、雑誌、書籍、フリーペーパーなどへ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)の無断での一部引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。無断掲載にあたっては、個人・法人問わず弊社規定の掲載費用をお支払い頂くことに同意したものとします。, 移籍の噂浮上のオーバメヤンが残留宣言「僕はアーセナルのキャプテン。このクラブが大好き」. 「僕がいつも好意的に感じていたのはゲルト・ミュラーだった。彼はただ飛び上がってズボンを引き上げるだけだった。それこそ本当の喜びだし、大きなことをする必要はないんだ」 ©Copyright2020 footsista-サッカー選手のプレースタイルを解析.All Rights Reserved. スピードスターの代名詞、オーバメヤンが3位にランクイン。35.5kmはプレミアリーグ最速の記録となっている。 写真提供:Gettyimages 2位:イニャキ・ウィリアムズ. ⇒アーセナル(2018~), 彼らは長期に渡ってアーセナルに在籍したこともあり、オーバメヤンも長くアーセナルで活躍できると良いですね。, とにかく初速が速く、30mまでだとウサイン・ボルトより速いことでも話題になりました。, ※オーバメヤンは30m3.7秒(トレーニング中のタイム)、ボルトは30m3.78秒(世界新記録9.58秒を出した時の通過タイム), 相手よりも先に反応する加速力に加えておまけにトップスピードも速いのでDFからすればちょっとでも目を離すと一瞬で置き去りにされてしまいます。, このスピードを活かして、裏への抜け出しやショートカウンターで高い効果を発揮します。, 開始早々に #ドルトムント が先制!#オーバメヤン が快足を生かしボールを奪うとそのままゴール前へ持ち込み、GKの位置を冷静に見極め流し込み今季9ゴール目!, ブンデスリーガ第8節 ドルトムント×RBライプツィヒは https://t.co/u4BaoHt81Q で配信中 pic.twitter.com/qfQTMc1MzZ, オーバメヤンはゴール前でのポジショニングや嗅覚などCFとしての能力も高いからこそ毎年のように得点を量産することができます。, 特にDFの背後に周り視界から消えるポジションから一気にスピードを上げてクロスにダイレクトで合わせるというパターンが十八番。, とにかくワンタッチゴールが多いので「味方のお膳立てが良いだけ」と思いがちですが、実は高度な動き出しで「後はボールに触るだけ」というシチュエーションを自ら生み出しているんですね。, ドルトムントの鋭いカウンター! ⇒サンテティエンヌ(2011) ※ローン移籍 圧巻バイシクル!若手を牽引する39歳イブラヒモビッチのリーダーシップ「残りの面倒は俺が見る」, “のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード, モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで、かつてアーセナルでチームメイトだった元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーを改めて称賛している。 ⇒モナコ(2010~2011) ※ローン移籍 20歳以下のサッカー選手市場価値ランキングトップ50はこれだ! 日韓戦のメキシコ代表がメンバーを発表《国際親善試合》, 日本代表が11月にメキシコに続きパナマとも対戦、森保一監督「粘り強さ、しぶとさをピッチで出す」, ベイルが見せつけた圧倒的なスピード! 今回の意見交換によってこの問題は解決したと思われるが、深刻な得点力不足に陥っているエースのパフォーマンスに不満を抱くアーセナルファンとしては、とにもかくにもより多くのゴールを決めてほしいところだ。 アーセナルのガボン代表fwピエール=エメリク・オーバメヤンが、コミュニティ・シールド、そして自身の去就について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 「アーロン・ラムジーやガレス・ベイルもそうだね。彼らはすごく才能に溢れた選手たちだ。ケガがなければもっとできたはずだ」 フランクフルトでは元日本代表MF長谷部誠(36)の契約が今シーズン終了までとなっていることに加え、アルゼンチン人DFダビド・アブラアム(34)が来年1月の現役引退を表明しており、来シーズンに向けて最終ラインの補強が必要となっている。 ⇒サンテティエンヌ(2011~2013) 「アーセナルには新しいプロジェクトがある。ミケル(・アルテタ)の手腕は見事だと思うよ。選手たちは、彼がどのようにして練習場に変化をもたらしたのか、方法論を変化させたのか、どんな準備をするのか夢中になってるんだ」 フットボール界屈指の高精度のキックを武器にエレガント且つ、シンプルさと効率を追求したプレースタイルを持つクロース。また、4年間『アディダス』の同じモデルのスパイクを履き続けるなど、こだわりの強さでも知られている。 レアル・マドリーのドイツ代表mfトニ・クロースと、アーセナルのガボン代表fwピエール=エメリク・オーバメヤンがゴールセレブレーションに対する考えの相違に関してsnsを通じて意見交換した。 30秒で天国から地獄へ…!試合終了間際、決死の攻撃参加から劇的ゴールを決めたGKを悲劇が襲う! 「ジャックは素晴らしい才能の持ち主だったよ。僕が一緒にプレーした中でも最も才能に恵まれた一人だった」 カストロが持ち上がり、最後は #オーバメヤン が右足を合わせて2ゴール目!, ICC2017 ミラン×ドルトムント は https://t.co/u4BaoHt81Q でライブ中。#テレビでDAZN pic.twitter.com/UlxIVG0Cb4, こちらのシーンでは一度裏へ抜ける動きを見せて相手を引きつけ、プリシッチが受けやすい状況を作ります。, そしてプリシッチにパスが出る瞬間に再び速度を上げてエリア内に侵入しフリーで決めています。, 元々はサイドでプレーしていたこともあり1対1での仕掛けも上手く、サイドに流れてからドリブルでチャンスメイクもできます。, また相手DFを背負うようなポストプレーはあまりありませんが、バイタルエリアでシンプルに捌いて攻撃にリズムを生むプレーはできます。, プレミアリーグでもその能力を遺憾なく発揮しており、今後のさらなる活躍に注目したいと思います。, 欧州カップ戦決勝でのビッグロンドン・ダービーということで、好ゲームが期待されます。, ⇒【EL決勝2019】チェルシーVSアーセナルの中継と日程!地上波での放送はある?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 近年、アーセナルは最終ラインの負傷者に悩まされており、ミケル・アルテタ監督の構想内にいる同選手が今冬に退団する可能性は低いと思われるが、今シーズン終了までとなっている契約を延長することはないようだ。 フランクフルトではチーム最高給がドイツ代表GKケビン・トラップの年俸500万ユーロ(約6億2000万円)と言われており、コロナ禍における大幅な減収もあり、ムスタフィがある程度の減俸を受け入れる必要があるようだ。 「彼なら攻撃の仕方も守備の仕方も簡単に理解させてくれる。彼のアイデアは好きなんだ。僕が聞いたことは全てポジティブなことばかりだよ」, レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースと、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがゴールセレブレーションに対する考えの相違に関してSNSを通じて意見交換した。 背番号:17. 「でもそれから彼に起こったことは残念で仕方ないよ。イングランドのレジェンドになりうる素質を持っていたのにね」 「あのチームは本当に好きなんだ。今まで不足していたクオリティやスピード、創造性を手に入れた。チアゴ・シウバというリーダーもね。リバプールやマンチェスター・シティに匹敵するタレントだと思う。プレミアリーグ優勝を狙うべきだよ」 そして、4バックでも3バックでもプレー可能なムスタフィを両者の後釜候補に考えているようだ。ただ、獲得に向けたネックはアーセナルで年俸550万ユーロ(約6億8000万円)を受け取っているとされるサラリーの問題。 ピッチ外から相手DFをぶちぬく爆速ゴール【インクレディブル・ゴールズ】, 「不条理」「本当に不快」「フットボール史上最悪」…リーズFWバンフォードへのVARオフサイド判定に苦情殺到. 「僕たちはいつも英国人選手が他の欧州のクラブにアダプトできるかなんて話してたんだ。僕はジャックならレアル・マドリーやバルセロナのようなビッグクラブでも成功できる数少ないイギリス人の一人になれると信じていた」 ⇒ドルトムント(2013~2018) そういった中、ムスタフィの父親で代理人を務めるクジム・ムスタフィ氏は、ドイツ『Sport1』で息子の去就に関して、「シュコドランは夏にフリーエージェントになる。すべてのことが想像できる」と、すべての可能性を考慮していると語っている。 硬派な印象のあるクロースは、昨今の派手なゴールセレブレーションに不満を抱いているようで、実弟フェリックスと共に自身がホストを務めるポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で苦言を呈している。 なお、クロースのドイツ代表の元同僚であり、アーセナルでオーバメヤンと共にプレーするMFメスト・エジルは、ブラックパンサーのマスクを着用したオーバメヤンのゴールセレブレーションを写したGIF画像と共に、「ベストゴールセレブレーション」と現同僚を支持している。 出身:ラヴァル(フランス) 身長:187cm. 「リハーサルされたダンスや振り付けがあるとしたら、それはとてもばかげていると思う」 また、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアですらも、センターバックながらすでにオーバメヤンを超える11本のシュートは放っているという。 「彼がまだ16歳だった頃に初めて僕たち(トップチーム)の練習に参加したんだけど、僕は『おお、こいつは上手くて強くて鋭さもある選手だな』と感じてたんだ」 体重:80kg. アーセナルに所属するガボン代表fwピエール・エメリク・オーバメヤンに対する、レアル・マドリード所属のドイツ代表mfトニ・クロースの発言が注目を集めている。12日に、スペインのラジオ局『カデナ … photo Getty Images 『サン』によると、アーセナルのエース格であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのシュート数が、これまでの8試合で10本にとどまっている。オーバメヤンはそのうち7本を枠内に放ち、2ゴールを決めているものの、得点ランキングトップのエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)は34本、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは38本ものシュートを放っており、そもそものシュート数が大きく下回っている。 3位:ピエール=エメリク・オーバメヤン. ⇒リール(2009~2010) ※ローン移籍 横浜FC対ヴィッセル神戸のテレビ放送・ネット中継予定!【Jリーグ2020第28節】, ラツィオVSユベントスのテレビ放送・ネット中継予定!【セリエA2020-21第7節】, ウエスカVSエイバルのテレビ放送・ネット中継予定!【ラリーガ2020-21第9節】, エバートンVSマンチェスターユナイテッドのテレビ放送・ネット中継予定!【プレミアリーグ2020-21第8節】, マンチェスターユナイテッドVSアーセナルのテレビ放送・ネット中継予定!【プレミアリーグ2020-21第7節】, DFの背後に周り視界から消えるポジションから一気にスピードを上げてクロスにダイレクトで合わせる, 高度な動き出しで「後はボールに触るだけ」というシチュエーションを自ら生み出している. 「オーバメヤンはかつて、セレブレーションのためにマスクを取り出したことがある。それは良いお手本にはならないし、ナンセンスだ」 すると、今度は名指しされたクロースがオーバメヤンの前述の投稿を引用する形で、「このトニ・クロースには3人の子供がいるよ」と返答。これに対してオーバメヤンは、ドルトムント時代にドイツ代表MFマルコ・ロイス扮するロビンと共に祝い合ったバットマン姿の自身の画像と共に、「クロースの3人の子供のために君のバットマンとロビンから心からの祝福を送る」とのコメントを送っている。 「ところで、トニ・クロース。君には子供がいる?」 ポジション:FW. 【チームリーダーの心得】ファンの信頼は絶対 MF34Granit XHAKAグラニト・ジャカ (アーセナル) 1992.9.27(27歳)186cm / 80kg SWITZERLAND↓FW14Pierre Emerick AUBAMEYANGピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)1989.6.18(30歳)187cm/80kg GABON 昨年10月27日、アーセナルでキャプテンの存在 かつて同じピッチ上で輝きを放っていたウィルシャーを、セスクは改めて称賛。バルセロナやレアル・マドリーでも通用する才能だったと話した。 ピエール・エメリク・オーバメヤンの選手情報。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の海外サッカーページです。最新のニュース、速報、コラム、日程、結果、順位などを素早くお届けします。 その際、オーバメヤンのスパイダーマン、デッドプール、バットマン、ブラックパンサーなどのスーパーヒーローのマスクを着用する過度なセレブレーションに対して、厳しい口調で非難していた。 オーバメヤンのプロフィール. その中でやり玉に挙げられたのがオーバメヤンだった。ドルトムントとアーセナルでゴールを量産してきたガボン代表FWは、シンプルなゴールセレブレーションやダンスに加え、スパイダーマン、デッドプール、バットマン、ブラックパンサーなどのスーパーヒーローのマスクを着用してきた。 ちなみにゴールセレブレーションの際にマスクを着用した場合、問答無用でイエローカードを掲示されるため、対戦相手へのリスペクトを含めマネすることはお勧めできない。, レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースは、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのド派手なゴールセレブレーションが気に食わないようだ。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 経歴:ミラン(2008~2011) 「オーバメヤンはかつて、セレブレーションのためにマスクを取り出したことがある。それは良いお手本にはならないし、ナンセンスだ」 将来を嘱望されるイニャキが2位にランクイン。 「さらに、酷いものはソックスに物が隠されているケースだ」 その指摘をどこからか伝え聞いたオーバメヤンは、自身の公式『ツイッター』を通じて、クロースを名指しする形で反論を行った。 そして、クロースはそんなオーバメヤンのセレブレーションに関して、「良いお手本にならない」と厳しい口調で非難している。 「君に子供がいるのであれば、この小学生の話のように子供たちを幸せにしてほしい。それを忘れないでくれ」 「さらに、酷いものはソックスに物が隠されているケースだ」
◆オーバメヤンが達成した数々の記録をチェック
なお、これまでサンプドリア、バレンシア、アーセナル(エバートン)と3か国でプレーしてきたムスタフィだが、母国ドイツではハンブルガーSVのユースチームでプレーしたのみでブンデスリーガでのプレー経験はない。 互いにアーセナルの至宝と呼ばれたセスクとウィルシャー。前者は2011年にアーセナルを離れ、バルセロナ、チェルシーを渡り歩き、2019年1月からモナコでプレーしている。かたやウィルシャーも2018年夏にアーセナルを退団。同じロンドンのウェストハムに移籍したが、ケガの影響で2年間で19試合しか出場できず、現在はフリーの状態だ。