だから、あなたが囲みが0に近づくと思っているのは間違いで、短絡的という事です。 abc.、 >影はど真ん中に来るのですか?教えてください。 ここで仮に●/●が といった場合はあり得るのでしょうか。 (3) tが整数であることからa/2<t<aとなる 関数f(x)に次の法則が成り立つ 1:最小公倍数 法則3-aが得られる となるのでa+b+c+d=1+8+2+7=18…① 法則2-b:aはa/2<t<aをみたす整数tで割り切れない 法則3-a,bの証明: また、関数f(x)の逆関数が定まらない場合、その関数には逆関数がないとし、f(x)のx=aでの微分係数をd f/d x (a),f(x)の積分にaを代入したものを∫f(x) d x (a)などと表記する (a,b,c)=1から、a=pa´c´,b=qa´b´,c=rb´c´((p,q)=1,(q,r)=1,(r,p)=1,a´≠b´,b´≠c´,c´≠a´,(a´,r)=1等)と表せる。 特にn=(2+a)/2,m=a-1の時 2次正方行列A1,A2,…,Anが存在し,それらの逆行列および実数(複素数でもよい)a,b,c,d,…を係数として足し合わせたものの逆行列を仮定して任意の行列Pの行列式をdetP,逆行列をP^-1とすると次が成り立つ ということになります。 aとbの最小公倍数を(a,b),aとbとcの最小公倍数を(a,b,c)などと表記することにする。 ゆとり世代の文系から質問します。, 先日、「さんまの東大方程式」という番組を見ました。 ゼータ関数を解析接続で拡張したあとに-1を入れたら-1/12になるのはそうなんですねといった感じですが、ゼータ関数以外を使って1+2+3+...(のようなもの)を計算したときに-1/12以外にはならないのでしょうか。 aとb,bとc,cとaの最小公倍数をそれぞれa´,b´,c´とする。 抑もから 違いませんか?, 算数の割り算についてです。 BHの回転が弱い場合だと思います。, (1)1+2+3+…8=36 画像ではこれに-の符号が付け加わるので f(x)=yに代入すると 証明される 法則2-a: f(revf(x))=x 従って、囲み部分は0/0に近づきます! ・分子は0に近づき、分母が0以外の数字の例えば1に近づくケースでは、0/1に近づくことになるので全体として0に近づくことになります 先ほどと同様に割り切れる条件に不等式を解くと次の結果が得られる 6K=36×3 K=18 数学の論文を書きました よって 今更ながら、すみません。, 「割り算」という言葉にだまされてはいけません。 ですから、gに配置できる値は上面でaの対角に来る数字の組になっている数字になるのです。. f(t)=e^tとおくと お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 数学が好きなそこのあなた!! 法則2-dはf(revf(x))の導関数を二通りに計算することで得られる しだいですよ。練習したいほうの練習をするのが正しい。, 四角で囲ったところって、tが0に近づいたら0になるんじゃないんですかね? 本当でしょうか? 困ったものだと感じています。 あえて話をわかりにくくして「これがロマンだ」みたいな (2)が20分くらい考えましたが分かりませんでした…。 次の性質が成立する ある定義域外の値を入れると式の上で「1+2+3+...」になるような、部分的に定義された正則な関数はゼータ関数以外にもありえそうな気がするのですが、その関数を解析接続で拡張し、その拡張された関数を使って1+2+3+...のようなものを求めても必ず-1/12になるのでしょうか。 法則2-bは この0/0のような形を不定型と言いこのままでは極限が定まりません。(極限を求めるには式変形などの工夫が必要となります) 計算尺を知っているのは、どの世代までなのでしょうか?また、若い世代でも分野(理工系)によっては計算尺を知っていたり、使ったことがあるのでしょうか?ゆとり世代の文系から質問します。私は昭和30年代前半生まれで60代前半ですが、私 りんごがi個あるとか今日の気温はーi度であるとか、まず出てきそうにありません。 f'(t)=e^tなのでf'(0)=e⁰=1 Lim[t→0](e^t-1)/t=Lim[t→0]{f(t)-f(0)}/(t-0)=f'(0) 数学の楽しみは、ものごとをちゃんと考えることにあるので、 法則4-aの証明 (ab,c)=b´c´=(a,c)(b,c)となり法則1-aが成立する aとbの最小公倍数を(a,b),aとbとcの最小公倍数を(a,b,c)などと表記することにする。 逆関数の定義から その式は、左辺が発散しているだけの、成立しない等式です。, sinθ×cosθは何になるんですか? 法則2-d: d revf/d x (x)=1/(d f/d x (revf(x))) (ただし分母は0ではないとき) 「実数の範囲で考えよ」 角度θの時の斜辺に対しての高さの比×角度θの時の斜辺に対しての底辺の比=?, この問題の解説では、xが実数解として扱っていますが、私は虚数解をもう学習していているので、xが実数の範囲で考えるのか、虚数の範囲で考えるのか混乱してしまいます。どう判断すれば良いのですか。, 高校であろうと大学であろうと、断りなしに「解を求めよ」という場合は、 Akを適当に文字を設定し、具体的な行列にしてから左辺と右辺を計算していけば証明される 黒くならず光る円にならないとおかしいと思います。 数学者でない私は考えています。 「あまり付きの割り算」と「あまり無しの割り算」はそれぞれ全く別の演算です。 e+f+g+h=3+6+4+5=18…② このとき、1/●=1÷●の●部分が0に近づくと、割る数が小さくなるので1/●全体としては(絶対値が)ドンドン大きくなることになります。つまり1/0=+∞または-∞ 法則3-a:aがn≦t≦mをみたす整数tで割り切れるとき,商はa/m以上a/n以下 × b を計算するときに ci 尺を使います。 例:2.5 × 1.6 × 3 1. d 尺の 2.5 に ci 尺の 1.6 を合わせる(カーソルを使うといいでしょう)。 2. (a,c)(a,b)は ac×ab=(a^2)bc ヘンミ計算尺の「会社案内」ページです。代表取締役社長の大倉健資よりご挨拶させていただきます。創業から120年以上の実績を積み上げてきました。これまでヘンミ計算尺が大切にしてきた「ヘンミの言葉」「環境への取り組み」をご紹介いたします。 ・反対に分母が0、分子が1に近づくなら1/0に近づくことになります。 法則2-aはf(x)=yとすると よって(ab,c)=(pqa´^2 b´c´,rb´c´) 法則2-aが証明される 以下、このことを証明する。 分母は無論0に近づきます 法則1-a,法則1-bの証明: 法則1-a: (ab,c)=(a,c)(b,c) 関数f(z),g(z),発散する数列Anがあり、 ・反対に分母が0、分子が1に近づくなら1/0に近づくことになります。 解析接続に意味があるのです。 これらの法則を証明する。 1+8=9 実際,手計算でいろいろ結果残してますし 背理法によって法則2-bが示された 法則4-a:det(aA1+bA2+…)(aA1+bA2+…)^-1=adet(A1)(A1)^-1+bdet(A2)(A2)^-1+… 分母は無論0に近づきます (ab,c)も、(a,bc)も、 いファンは多く、例えば、下記のようなHPがある。, その名も「計算尺愛好会」。掲示板もあります。, 計算尺の原理と簡単な使い方:「素人による計算尺入門」, かなり詳しい考察もある:「計算尺入門」と「計算尺別館」。リンクも充実している。, 日本人より日本の計算尺を持っているLise氏の「計算尺」ページ(英語), ある阿呆の無謀な部屋より:デジタル計算尺ソフト. 証明を記す よく見ると、囲み部分は「微分係数の定義の式」の形をしていますので本問はこれを利用できます 従って、囲み部分は0/0に近づきます! 従って0/0のケースでは、0に近づける効果と∞(-∞)に近づける効果が競り合う事になり、容易に極限が求められないのです。このとき極限は、0に近づける効果の方が強いのか、それとも∞に近づける効果の方が強いのか、 マスコミの説明によると、ブラックホールの周りにガスがあって、そのガスは電磁波を放っているので 4:行列 そして、a=1とすると上面には(1,4,7,6)が来なければ合計が18になりませんね。 4+5=9 (a,b,c)=1 (aとbとcが互いに素)だとすると, (a.c)は ac 法則1-b: (a,bc)=(a,b)(a,c) またn=(2+a)/2,m=a-1の場合 平面の場合(=魔法陣)の解法の応用ですね。 2+7=9 ガスはリング状で、真ん中の黒い部分がブラックホール、との説明をY,M,A新聞がしていましたが Lim[t→0]-(e^t-1)/t=-f'(0)=-1となりますよ^-^, t→0のときe^tは1に近づくので分子は0に近づきますよね。 ①+②そして①=②がなりたつので 答えは18 1<商<2 法則2-dはx=f(t)と置いて置換積分し,法則2-bを適用して更に部分積分することで得られる aとb,bとc,cとaの最小公倍数をそれぞれa´,b´,c´とする。 また、若い世代でも分野(理工系)によっては計算尺を知っていたり、使ったことがあるのでしょうか? ある程度以上に数学が解る人の中にも多く、 最小公約数なら、 ここで(pq,r)=1でないといけない(もし1じゃなかったら先述の条件に矛盾するから)ので 法則1-b: (a,bc)=(a,b)(a,c) 設問のように立体に拡張して、1面の合計をKとすると、 1 + 2 + 3 + 4 + ... = -1/12 という式は、ζ(-1) = -1/12 を意味しません。 法則2-e: ∫revf(x)dx=xrevf(x)- ∫f(x) d x (revf(x)) このとき、1/●=1÷●の●部分が0に近づくと、割る数が小さくなるので1/●全体としては(絶対値が)ドンドン大きくなることになります。つまり1/0=+∞または-∞ 関数の級数表示は収束域が制限される場合があるからこそ、 という2者の力関係によって異なってくるのです。 x=revf(y)となり 投稿者の考えが当たったのではないですか。, >どのような場合 つまり、detA・A^-1は線形性をもつことがわかる 合計が9になる組み合わせ(1,8)(2.7)(3,6)(4,5)に注目しましょう。 自分で式を立てるときには、立式する前にどちらをしたいのか選ぶ必要があるし、 その名も「計算尺愛好会」。掲示板もあります。 計算尺の原理と簡単な使い方:「素人による計算尺入門」 かなり詳しい考察もある:「計算尺入門」と「計算尺別館」。リンクも充 … 商において次の定理が成立する また、自然数の総和以外にも、他の本来収束しない数列などに対して解析接続によって与えられる値はどうなのでしょうか。 また、なぜ好きなんですか? そして6面を合計する段階で各頂点は3回ずつ足しているので、(a+b+c+d+e+f+g+h)×3となります。1~8の数字が1個ずつ配置されているので、 (a,b,c)=1から、a=pa´c´,b=qa´b´,c=rb´c´((p,q)...続きを読む, 互いに 素の、 ('a,a)は ab ζ(-1) = -1/12 であることは事実ですが、 法則2-cは逆関数の定義から明らかである 法則1-a,法則1-bの証明: そのまま、c 尺の 3 が、d 尺のどこにあっているかを読む。 3. ゼータ関数 ζ(s) が Re(s) > 1 で ζ(s) = Σ1/n^s と表されることと、 こんな技は、例えばノーベル賞(またはフィールズ賞)を貰うような有名な数学者や物理学者は、誰でも出来るものなのでしょうか?, ノイマン,リーマン,オイラー,ガウスあたりならできるでしょう 番組に出演していた東大生や京大生が、999等の数の素因数分解を、暗算で即座に計算して回答してました。 他方、 法則2-b: revf(f(x))=x このように...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 これらが立方体の4本柱(=縦方向の4本)に配置されていなければなりません。 法則2-c: revrevf(x)=f(x) 以下関数f(x)についてその逆関数をrevf(x)と表記する。 ことを言われても、なんだかなあな印象です。 となりますね。 以上の論文、もう一度聞きますがきちんとした論文ですか? きちんとしてると思いますか? 反対に分母を0に近づけることは●/●を∞(-∞)に近づける効果を持ちます。 まずaはtで割り切れるので、商をQとすると このように●/●の形で、分子を0に近づけることは●/●を0に近づける効果を持ち、 ある定義域外の値を入れると式の上で「1+2+3+...」になるような、部分的に定義された正則な関数はゼータ関数以外にもありえそうな気がするのですが、その関数を解析接続で拡張し、その拡張された関数を使って1+2+3+....続きを読む, 1 + 2 + 3 + 4 + ... = -1/12 だと言いたがる人は