#リゾナーレ八ヶ岳に関する一般一般の人気記事です。'|'リゾナーレ八ヶ岳に3人家族で旅行してきた・2日目'|'旅行1日目。キルティングコートコーデ'|'リゾナーレ八ヶ岳で感動の食事!「オットセッテ」「yyグリル」は間違いなく楽しめます@星野リゾート'|'山梨⑤ 子連れにおすすめ! 旅行期間中、一部の日程だけ宿を予約する, レンタカーもあわせて予約する, リゾナーレ八ヶ岳の公式HP(PC・スマートフォン)では夕食時間・アクティビティ・スパ・託児の事前予約が可能です。宿泊予約完了後にお申し込みいただけます。, 星野リゾートグループの施設一覧へ. 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳, https://img.travel.rakuten.co.jp/image/imgr_100?no=29487, https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/29487/, http://m.travel.rakuten.co.jp/HOTEL/29487/, https://web.travel.rakuten.co.jp/portal/my/jyouhou_page.main?f_no=29487&f_flg=KIHON, https://trvimg.r10s.jp/share/HOTEL/29487/29487.jpg, 新型コロナウイルスの流行に伴う対応について. 国内宿泊; 航空券+宿泊; 航空券+宿泊; 日帰り・デイユース; 日付未定の有無 日付未定 チェックイン チェックアウト ご利用部屋数. 最近、やたらとにぎわっている星野リゾートのコロナに関する運営問題ですが、あること、ないことがあまりにも多すぎて、同じ業界で働いている身としては、すっきりしないので、一度、状況を調べました。 4/29時点の内容なので、更新があったら、訂正お願いします。 そもそも事前決済する仕組みがないホテルがあるから取れない。2. リゾナーレ八ヶ岳は、ワインの産地で名高い山梨・八ヶ岳に位置するリゾートホテル。大波が寄せるプールやブックス&カフェ、鮮やかな高原イタリアンにスパトリートメント、ファミリーも惹きつける豊富なアクティビティなど、極上の休日スタイルをご用意しています。 ~午後0:00, 歯ブラシ、タオル、バスタオル、かみそり、化粧品、ドライヤー、シャンプー、リンス、せっけん、ボディソープ、スリッパ, お申し込み締め切り時間は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。, このプランは2泊から6泊まで利用可能です。このプランは1室から7室まで利用可能です。, 獲得率は、予約日、宿泊日、お支払い方法によって異なる場合があります。詳細は【獲得内容について】をご確認ください。, ◆プラン特長2連泊以上のご予約でお得なプランです。標高1000mの八ヶ岳高原で、旬の野菜をたっぷりと。1日の始まりは、体が目覚める栄養満点の朝食から。爽やかな高原での朝は、身体にやさしい食事で。豊かな滞在体験に包まれる、朝食付プラン。■特典プール「イルマーレ」滞在中フリーパス*チェックイン前・チェックアウト後もご利用いただけます。■食事朝食付き*7月1日より、3密回避と衛生管理の対策を徹底した「新ノーマルビュッフェ」を提供。(状況により変わる場合がございます)■夕食予約について■夕食(別途有料)の追加は事前予約制です。宿泊予約完了後、公式サイトの予約確認ページより夕食時間の事前予約が可能です。<リゾナーレ八ヶ岳おすすめの夕食レストラン>・レストラン「ワイワイグリル」(要予約)ワインリゾート体験を満喫できるレストラン。7月1日より新ノーマルビュッフェを実施。(ランチは当面の間休業)・メインダイニング「OTTE SETTE 」(要予約)達人達が丹精込めて育て上げた食材を独創的に活用したイタリア料理と、約2000本のワインをお愉しみください。■お子様料金について【4歳~未就学児】:ベッド・食事を用意しております。大人1名料金の50%の適用です。「こどもB(寝具、お子様用の食事)」をお選びください。*事情によりベッドを使用されないお子様は、添い寝「こどもD(寝具・食事なし)」にて承ります。【0~3歳】:室料・食事代は頂きません。「こどもD(寝具・食事なし)」をお選びください。*添い寝利用人数は、客室1室定員数と同数が上限です(寝具・アメニティ・タオル類無し)■注意事項*以下の日程は2連泊以上のご予約のみ承ります。2020年12月26日~2021年1月2日、5月1日~5月4日、7月24日~8月28日<安心安全の対策>当館では、今般の新型コロナウイルス(COVIDー19)による感染への対策の一環として、お客様の健康と安全並びに公衆衛生を考慮し対応をおこなっております。*詳しくは公式サイト「星野リゾートが考える3密回避の旅」よりご覧ください。<営業内容・時間について>2020年7月1日より当面の間、一部休止および営業時間変更の施設がございます。*詳しくは公式サイト「お問い合わせ」ページよりご確認ください。, 子ども料金は定額、または定率で表示されています。定率で表示されている場合は、上記大人料金に定率をかけた金額を目安としてください。, 宿泊を取りやめた際にかかるキャンセル料を補償する「宿泊キャンセル保険」にオプションで加入できます。 同じ業態のホテルと合わせないと、予約が取れない。それなりの仕組みと覚悟があるからこそ、キャンセル料が取れるんでしょうね。業界的には非常識と思われるかもしれないが、当たり前のことを当たり前にやっているというだけなのです。外から見ると、きちんとキャンセル料を取れるのはうらやましいの一言です。これを、ひどい会社だと思うのか、仕方がないと思うのかは個人の自由だと思います。緊急事態というのもわかりますし、緊急事態のときの対応はそれなりに大事です、ただいつまで続くのかを緊急事態と呼ぶのかという問題もあります。もう予約をしないと思うのか、諦めて次の旅行に備えるのかは個人の裁量です。, 一方で、調べてみると、星野リゾートでは、180日以内の予約に振り替えるのであれば、キャンセル料は取らないという方針はあるようです。これは、キャンセル料に対するクレームの苦肉の策だったんでしょうね。「来たいけどコロナで来れない」→「コロナが落ち着く頃に来てください」ということです。下手な口約束よりは、筋が通っている話ではありますが、6か月後にコロナが収まっているという前提のお話ではあるので、3ヶ月経つとこの話がどうなるのかは気になるところした。, ここが一番気になるところでした。緊急事態宣言に基づく特別措置の基本方針にあるように、ほとんどの自治体では宿泊業は、自粛要請の対象外なのです。にも関わらず、・他は自粛ムードなのに、運営している。・自粛要請に応じていない。という意見が上がるのです。, そもそも、宿泊業で自粛ムードだから運営を辞めているところはほとんどなく、宿泊客がいなくて、運営したほうが赤字になるから運営できないのです。それくらい追い詰められています。その中で、運営できているというのはうらやましい限りです。世間の評判を気にするのであれば、運営を辞めるのは簡単なことです。経営者から見ると、運営できないのであれば、社員を解雇すれば終わりですからね。今のご時世、誰も責めることはないと思います。でも、そうしないのは、社員の雇用を本気で守ろうとしているんでしょうね。自分勝手だと、世間の批判にさらされても、耐えるというのは、普通の精神力ではできないことだと思います。この前、ホリエモンとの対談で、この状況が1年半続くことを覚悟していると話していましたが、本気なんだと思います。ホテルを休業したときには、従業員は労働基準法の一時帰休に基づいた賃金しか保障されないので、実質的に給与が6割になります。社員のために1日でも運営したいというのは、当たり前なのです。これが続くと、さらに従業員は解雇になり、再就職先が見つからないまま終わることが見えています。恐怖しかありません。Twitter上で、「ウチの子会社もホテルを経営していますが、キャンセル料はゼロです。」とつぶやいている人が、実は、20日前には、「保証しろとかうるさい、仕事はいつでもあるわけじゃないから、金貯めておけ。」と荒れた内容をつぶやいたりする世の中で、会社の批判を気にしない姿勢はすごいですね。, ここ最近でも、以下のような内容をみかけました。・京都府の自粛に応じない。・長野県が自粛要請出しているのに応じない。・沖縄が自粛要請出しているのに運営している。・栃木県の休業要請に応じていない。違和感があったので、調べてみました。※すみません、追加でご指摘があったので、修正しています。(5/1)京都府の要請京都府の要請を見ましたが、休止の要請対象に入っていないですね。信じちゃ駄目ですね。, 長野県の要請長野県の要請は、微妙でした。特別措置に基づかない措置にはあるのですが、「営業を行う場合は、適切な感染防止策をとるよう協力を要請」となっているのです。つまり、県が認めるレベルで、適切な感染防止策をとっていれば、休業要請の対象にならないのです。NHK長野で星野リゾートが取り上げられるように、自治体が望むレベルでの適切な対策をとっているのだと思います。, というわけで、京都府、長野県の自粛要請に応じていないというのは、デマと言えるでしょうね。自粛要請を応じていないことを主張したいのであれば、自粛要請を出していない自治体に苦情を出すべきと思いました。沖縄県の要請沖縄県では、自粛要請の対象になっているようです。, 確かに、沖縄県、栃木県で自粛要請に応じていないのであれば、問題ですね。ところで、星野リゾートの休館中の施設はどこなのでしょう?2020/04/29時点では、以下の施設でした。北海道:トマム、OMO7旭川青森:界津軽東京:星のや東京、OMO5東京大塚栃木県(GWのみ):リゾナーレ那須、界鬼怒川、界川治、界日光沖縄(5月末まで):星のや沖縄、星のや竹富島、リゾナーレ小浜島、西表島ホテル結論から言うと、自粛要請には応じているようですが、下記に述べるように市町村レベルでは対応できていない地域もあります。自粛要請が出ていない北海道や東京のホテルは、コロナの影響で運営できないレベルまで予約が落ち込んでいると考えるのがよさそうです。また、コロナにも全くブレない対応なので、自粛要請期間などの休業期間中のキャンセル料もすべて返金する方針だと思います。なお、予約サイトを見ると、休館と出ている施設と出ていない施設があるようなのですが、予約サイトで満室になっているので電話をすると、休館と言われます。何か事情があるのかも知れませんが、混乱を生んでしまっているというのは事実だと思います。休館なら休館といって、早くこの騒動を収めてほしいものです。※市町村レベルでの対応について(5/1追記)市町村レベルでも自粛要請が出ている場合がありまして、熱海市、伊東市についてコメントがありましたので、追記いたします。情報のご提供、ありがとうございます。, 熱海市の要請熱海市も自粛要請が出ていると指摘がありましたので、確認しました。確かに、熱海市は自粛の要請があります。また、自粛を要請した場合ですが、わずかながらの協力金が出るようです。, 伊東市の要請伊東市についても調べてみました。休業要請が出ているようですが、協力金までしか調べられなかったので、こちらでご勘弁ください。(協力金の対象になっているので、休業要請しているという判断です), 確認不足でお手数おかけしました。要請には対応していると思っていたのですが、法的根拠のない市町村レベルの対応はしてないという風に見えました。, ただし、こちらについても、パチンコ屋の問題と同列に扱うのは間違っているということだけは補足しておきます。まず、今回の自粛要請ですが、法律としては新型インフルエンザ等対策特別措置法(以降、特措法とする)に基づく要請と考えるのが妥当です。こちらの45条に基づき、自粛要請を出すことができるのですが、あくまで期間や地域を指定するのは都道府県知事に限定されています。つまり、熱海市、伊東市の要請は、静岡県知事が指定すれば要請という形ではありますが法的根拠が発生しますが、今の自粛要請だと法律的根拠は何もなく、単なるお願いというだけの状態になっています。整理すると以下です。 都道府県の自粛要請 = 特措法に基づく要請。要請であるが法的根拠あり。 市町村の自粛要請 = 法的根拠に基づかないお願い。伊東市や熱海市の場合、要請に従わなかったという点で、パチンコ店と同様に名指しで指摘をした場合、法律的根拠が全くないため、逆に訴えられても仕方がない状態で、むしろ、これだと苦言を言うべきは、静岡県の決定になってしまいます。本来は、静岡県と各都市が連携して要請を出すべきだったと思います。静岡県の自粛要請が出る前に、熱海市、伊東市がどのように動いていたのかは、全く分からないのですが、少なくとも、特措法に基づかない自粛を要請するのであれば、各企業への丁寧な説明が必要だったように見えます。とても気になるところですが、真偽は地方自治体関係者しか分からないです。この手の問題は、自粛の緩和が始まったころに、他の業種でも課題になりそうですね。, 自粛要請の対象は緊急事態宣言特別措置に基づくものと、各地方自治体が追加で対象にしているものがあるので、地方自治体のHPで調べてもらうのが一番です。雰囲気をつかむだけなら、東京都の休業要請はそれなりに細かく書かれているので、参考になります。調べてみると、ホテルが自粛要請の対象には基本的になっていないようです。正確な情報は自治体に直接聞いてほしいのですが、私が思う一番の理由は、生活する場所だからだと思います。漫画喫茶が休業になって、住む場所がなくなったという話が出ていますが、ホテルも同じです。特に、移動を完全に拒否していないという現状であれば、ホテルを完全に廃止というのは難しいのだと思います。また、ホテルは、決して三密ではないのです。確かに宴会場やビュッフェなど、危険な場所はあります。それさえ辞めてしまえば、人も密ではなく、人の密だけでいうと、高層マンションの方が密になってしまいます。ただ、一方で、人の移動を促進する可能性があるというのは、否定はできません。遠距離から交通機関で来ると、それだけリスクは高まります。沖縄は医療の体制で自粛の要請をしていますが、実質的に飛行機しか移動手段がないので、もっともな判断と思います。でも、移動する手段は交通機関だけではありません。近い地域で、車で移動する人もいるのです。観光目的のホテルでも自粛を要請できないのは、このような背景があるのではないでしょうか?宿泊する際に、交通機関レベルでの顧客の管理ができるのであれば、もう少し納得感が生まれるのでしょうか?, 調べていくうちに、このコロナ期に星野リゾートはどこに向かうんだろうと気になっていましたが、最近は、マイクロツーリズムを提唱しているようですね。確かに今は海外どころか、遠距離の移動も制限されていますし、近場しか旅行のニーズはなさそうですね。じっとしていられない会社なのでしょうか?, あまりにも偏った内容がおちついて、調べてしまった内容でしたが、結局は、コロナが早く落ち着いてほしいの一言です。そんなに肩入れするつもりもないので、整理したら気持ちがすっきりしました。何でも信じるのではなく、正しい情報を調べて判断するって大事ですね。心を落ち着かせるために、しばらくはきれいな風景、動物の写真、おいしいご飯で目を落ち着かせようと思います。辛い気持ちが少しでも収まり、心の平穏を望む限りです。, みなさんの反応を見ていると、まだまだ自分には伝えきれていない想いがあることに気づきました。もしよければ、次の記事もご一読ください。, https://www.city.ito.shizuoka.jp/gyosei/covid19/01/8325.html.