ボアズは長老たちとすべての民に言った、「あなたがたは、きょう、わたしがエリメレクのすべての物およびキリオンとマロンのすべての物をナオミの手から買いとった事の証人です。, 10 娘たちよ、帰って行きなさい。わたしは年をとっているので、夫をもつことはできません。たとい、わたしが今夜、夫をもち、また子を産む望みがあるとしても、, 13 夜中になって、その人は驚き、起きかえって見ると、ひとりの女が足のところに寝ていたので、, 9 どうぞ、主があなたのしたことに報いられるように。どうぞ、イスラエルの神、主、すなわちあなたがその翼の下に身を寄せようとしてきた主からじゅうぶんの報いを得られるように」。, 13 どうぞ、主があなたがたに夫を与え、夫の家で、それぞれ身の落ち着き所を得させられるように」。こう言って、ふたりの嫁に口づけしたので、彼らは声をあげて泣き、, 10 �`O{V�97"F��A��#�"�m)N_��3�$W��}'.��N4\0 V! さばきづかさが世を治めているころ、国に飢きんがあったので、ひとりの人がその妻とふたりの男の子を連れてユダのベツレヘムを去り、モアブの地へ行ってそこに滞在した。, 2 �;��d�ޫ���� ��ՀP�q���r;w tH��� Pܣ�ʫ2�zsM2n��bIV����jj�'!~�p�����^��-�v=�C�UJ�`���C� �ܤ]K�,�t��‘(��R�M��xݷ��š���G�P7���0��P�/�ɼmA���!O�zqȩ�!��9��=z�Ŏ�������[�=_��vg��!rH�I�)3����*e�n��_�M�'��΍_&�v2�K!��E)��hA=Q�S*vCԽ3OSf�����zH]�x���/h��:*{����keɬܤb�h���� ボアズは町の門のところへ上っていって、そこにすわった。すると、さきにボアズが言った親戚の人が通り過ぎようとしたので、ボアズはその人に言った、「友よ、こちらへきて、ここにおすわりください」。彼はきてすわった。, 2 今日から四回シリーズでルツ記をご一緒に学んでいきたいと思う。今朝はナオミの信仰に焦点を当てよう。ルツ記には神の恵み、神の摂理ということを見て取れるが、人間の側から言えば、ナオミの信仰がこの物語の出発点となっているということを知る。 当時の人たちが理解した方法で聖書を読む 4. そしてふたりは旅をつづけて、ついにベツレヘムに着いた。彼らがベツレヘムに着いたとき、町はこぞって彼らのために騒ぎたち、女たちは言った、「これはナオミですか」。, 20 その親戚の人は言った、「それでは、わたしにはあがなうことができません。そんなことをすれば自分の嗣業をそこないます。あなたがわたしに代って、自分であがなってください。わたしはあがなうことができませんから」。, 7 わたしは出て行くときは豊かでありましたが、主はわたしをから手で帰されました。主がわたしを悩まし、全能者がわたしに災をくだされたのに、どうしてわたしをナオミと呼ぶのですか」。, 22 ふたりの男の子はそれぞれモアブの女を妻に迎えた。そのひとりの名はオルパといい、ひとりの名はルツといった。彼らはそこに十年ほど住んでいたが、, 5 しゅうとめは彼女に言った、「あなたは、きょう、どこで穂を拾いましたか。どこで働きましたか。あなたをそのように顧みてくださったかたに、どうか祝福があるように」。そこで彼女は自分がだれの所で働いたかを、しゅうとめに告げて、「わたしが、きょう働いたのはボアズという名の人の所です」と言った。, 20 聖書のことばを字義どおりに解釈する 2.        Sun, 9:15 a.m. 1 むかしイスラエルでは、物をあがなう事と、権利の譲渡について、万事を決定する時のならわしはこうであった。すなわち、その人は、自分のくつを脱いで、相手の人に渡した。これがイスラエルでの証明の方法であった。, 8 1さばきづかさが世を治めているころ、国に飢きんがあったので、ひとりの人がその妻とふたりの男の子を連れてユダのベツレヘムを去り、モアブの地へ行ってそこに滞在した。 2その人の名はエリメレク、妻の名はナオミ、ふたりの男の子の名はマロンとキリオンといい、ユダのベツレヘムのエフラタびとであった。彼らはモアブの地へ行って、そこにおったが、 3ナオミの夫エリメレクは死んで、ナオミとふたりの男の子が残された。 4ふたりの男の子はそれぞれモアブの女を妻に迎えた。そのひとりの名 … %PDF-1.3 彼女は地に伏して拝し、彼に言った、「どうしてあなたは、わたしのような外国人を顧みて、親切にしてくださるのですか」。, 11 その時ボアズは、ベツレヘムからきて、刈る者どもに言った、「主があなたがたと共におられますように」。彼らは答えた、「主があなたを祝福されますように」。, 6 時にしゅうとめナオミは彼女に言った、「娘よ、わたしはあなたの落ち着き所を求めて、あなたをしあわせにすべきではないでしょうか。, 2 近所の女たちは「ナオミに男の子が生れた」と言って、彼に名をつけ、その名をオベデと呼んだ。彼はダビデの父であるエッサイの父となった。, https://ja.wikisource.org/w/index.php?title=ルツ記(口語訳)&oldid=115188. stream そして彼女がまた穂を拾おうと立ちあがったとき、ボアズは若者たちに命じて言った、「彼女には束の間でも穂を拾わせなさい。とがめてはならない。, 16 きょうは、ルツ記3章から学びます。まず1節から5節までをご覧ください。 Ⅰ.ルツの従順(1-5) 「姑のナオミは彼女に言った。「娘よ。あなたが幸せになるために、身の落ち着き所を私が探してあげなければなりません。あなたが一緒にいた若い女たちの主人ボアズは、私たちの親戚で 言った、「あのかたはわたしに向かって、から手で、しゅうとめのところへ帰ってはならないと言って、この大麦六オメルをわたしにくださいました」。, 18 こうして彼女は夕暮まで畑で落ち穂を拾った。そして拾った穂を打つと、大麦は一エパほどあった。, 18 ボアズはまた町の長老十人を招いて言った、「ここにおすわりください」。彼らがすわった時、, 3 すると門にいたすべての民と長老たちは言った、「わたしたちは証人です。どうぞ、主があなたの家にはいる女を、イスラエルの家をたてたラケルとレアのふたりのようにされますよう。どうぞ、あなたがエフラタで富を得、ベツレヘムで名を揚げられますように。, 12 ルツは行って、刈る人たちのあとに従い、畑で落ち穂を拾ったが、彼女ははからずもエリメレクの一族であるボアズの畑の部分にきた。, 4 彼らはまた声をあげて泣いた。そしてオルパはそのしゅうとめに口づけしたが、ルツはしゅうとめを離れなかった。, 15 �. また彼女のために束からわざと抜き落しておいて拾わせなさい。しかってはならない」。, 17 刈る人たちを監督しているしもべは答えた、「あれはモアブの女で、モアブの地からナオミと一緒に帰ってきたのですが、, 7 そのとき、女たちはナオミに言った、「主はほむべきかな、主はあなたを見捨てずに、きょう、あなたにひとりの近親をお授けになりました。どうぞ、その子の名がイスラエルのうちに高く揚げられますように。, 15 それでわたしはそのことをあなたに知らせて、ここにすわっている人々と、民の長老たちの前で、それを買いなさいと、あなたに言おうと思いました。もし、あなたが、それをあがなおうと思われるならば、あがなってください。しかし、あなたがそれをあがなわないならば、わたしにそう言って知らせてください。それをあがなう人は、あなたのほかにはなく、わたしはあなたの次ですから」。彼は言った、「わたしがあがないましょう」。, 5 教会学校   毎週日曜日 午前11:00 そこでナオミは言った、「ごらんなさい。あなたの相嫁は自分の民と自分の神々のもとへ帰って行きました。あなたも相嫁のあとについて帰りなさい」。, 16 しゅうとめは言った、「娘よ、この事がどうなるかわかるまでお待ちなさい。あの人は、きょう、その事を決定しなければ落ち着かないでしょう」。, 1 ボアズは答えて彼女に言った、「あなたの夫が死んでこのかた、あなたがしゅうとめにつくしたこと、また自分の父母と生れた国を離れて、かつて知らなかった民のところにきたことは皆わたしに聞えました。, 12 ①前向きである。 ②謙遜である。「落ち穂拾い」に行かせてほしいと、ナオミに願い出た。 ③勤勉である。自分の手で働いたもので生きようとした。 (2)落ち穂拾いの規定. マロンとキリオンのふたりもまた死んだ。こうしてナオミはふたりの子と夫とに先だたれた。, 6 イスラエルと教会を区別する』この4点を大切に、ヘブル的聖書解釈を重視しています。詳しくは私たちの理念をご確認ください。. それであなたは身を洗って油をぬり、晴れ着をまとって打ち場に下って行きなさい。ただ、あなたはその人が飲み食いを終るまで、その人に知られてはなりません。, 4 x�\ˎ���W�8>X�K" ,���/�h�Çz�`` ���G$���U�d��Eo�tOϤ�����I������Ӻ�.�_)۹h{k:������ݻv�����o����)��+~P�ƥ����G�tgC����K�׏� �G�O�t��Н�>��[����?��>`�׆�j �؏c7�����D3~���I���{�!�GN�<2�^�8�sK�̒�OJ)��%�ٜ�g�=����D��º�k�r�l�����C�]�1}?F+�:!v~R�*5:�>;=�gmU��>�쩏#�|�fj�9���G�i;�Q7۱�ճ�g*O�8��{}x�ɬ�#�7�yq2��u4�yE����T5�g3;�� �J�I�js��5�)?#����%Z���fH�f6�5���( �è��M]ܹ6�g�N_� x