水は新鮮なものを用意して、ボールなどに入れ、いつでも飲めるようにしておきます。最初はなかなか水を飲まない仔猫もいますが、複数箇所に置いたり、ボールの形を飲みやすいものに工夫したりすると飲むようになってくれます。猫にとって水分補給は重要です。脱水症状にならないよう、必ず用意してあげましょう。, 仔猫は、成猫に比べて、2~3倍のエネルギーを必要とします。しかし、仔猫の胃袋はまだとても小さいので、一度にたくさん食べることができません。少量ずつ何回かに分けて与えるようにしましょう。生後4ヶ月を過ぎるくらいまでは、1日に3~4回が目安となります。初めて見る食べ物を怖がって食べようとしない時は、手のひらから与えてあげたり、ミルクをかけてあげたりすることで、安心して食べてくれるはずです。

生後2ヶ月の仔猫は、走りまわったり遊んだりし始める時期で、元気いっぱいだと思います。また、同時にカラダと心が大きく成長する、猫にとって大切な時期でもあります。飼い主が正しい知識を持って食事管理をしてあげないと、カラダの弱い猫になってしまうケースもあります。まだまだ赤ちゃんですから、しっかりと世話をしてあげてください。, 教えて! 生後3ヶ月の子猫に与える適切な餌の量とは? | PECO(ペコ)生後3ヶ月の子猫ちゃん。餌の量、回数など不安なことが多いですよね。生後3ヶ月の猫ちゃんはちょうど成長期になります。食事管理にもとても気を使わなくてはいけない大切な時期です! 生後3ヶ月の子猫ちゃんがいらっしゃる方はぜひ、ご一読ください。, 仔猫はいつから留守番できる? 準備や注意点などを徹底紹介 | PECO(ペコ)仔猫を家に迎え入れたあと、用事などで家を空けることもあるかと思いますが、留守番をさせるには少し不安がありますよね。仔猫はいつから留守番できるようになるのでしょうか。留守番をさせる際の準備・注意点と共にみていきましょう。, 忙しいあなたに、公式アカウントから

生後5ヶ月の子猫といえば、まさにやんちゃ盛りですよね。また、生後5ヶ月は体の基本をつくるための、食事や運動などにも気を付けなければならない時期でもあります。この記事では、生後5ヶ月の子猫に必要な食事量や、平均体重などの基本的な育て方についてご紹介します。 個体差はありますが、生後2ヶ月の仔猫の平均的な体重は550~700gくらいです。 この時期は、成長期真っただ中で日に日にカラダが大きくなっていきます。

・ワンタッチですぐ量れる, 最少50g、最大20kg、5g単位で測定できるペット用の体重計です。本体が広く、段差が少ないのが特徴です。平均値を表示できる機能があるので、動き回る猫でもおおよその体重を知ることができます。, 子猫の体重をご紹介しました。子猫が生後10か月頃になるまでは日に日に大きく成長している様子を感じられます。子猫の餌の量は、体重と月齢から計算した目安の量を参考に与えましょう。, 体重測定はきちんと成長しているか、肥満になっていないかなど健康チェックに欠かせません。, 特に授乳期の子猫の体重の増減を知ることは非常に大切です。ペット用体重計など、正確な体重を知るようにしましょう。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 保護した2匹の猫と暮らしています。2匹との出会いがきっかけで猫の魅力にどっぷりはまってしまいました!猫のかわいさや、健康についてなどを猫初心者の方にもわかりやすくお伝えします!.

・最小50gから5g単位で量れる 成長が落ち着いてきます。この頃から体重の増加が緩やかになってきます。, 子猫が1kgほどの大きさであれば、キッチン用のはかりを使って体重測定することができます。測定するときは、子猫がすっぽり入るような容器に子猫を入れて動かないようにすると正確な体重が分かりやすいです。, 人間用の体重計を使うときは、飼い主さんが抱っこして体重計に乗り、そこから飼い主さんの体重を引く方法や、キャリーに子猫を入れて重さを測定し、そこからキャリーの重さを引く方法があります。, 子猫は4か月頃までは、体重が日々増えていくので、順調に成長しているのかを確認するためにも体重測定はとても大切です。週に1回は子猫の体重測定をしましょう。特に、授乳期の体重の変化は重要なため、毎日測定する必要があります。子猫が生後4か月になったら、月に1回は体重測定をしましょう。, 個体差がありますが、子猫の体重は1日に10g~30g増えていきます。特に離乳期までは前日の体重の10%ぐらい体重が増えているのが理想とされています。参考にしてください。 体重が順調に増えない場合は、ミルクが足りない場合もありますが、病院に相談をしましょう。, 子猫は体を作るために、成猫と比べて高いカロリーが必要です。体重に月齢に合わせたカロリーをかけることで、その時に必要なカロリーを知ることができます。, 子猫に与える餌の量はキャットフードのパッケージの裏にグラムあたりのカロリーが記載されているので、必要な餌の量を計算して求めることができます。, この計算は目安ですので、運動量などで餌の量に調整が必要となることもあります。また、一度にすべての量を与えるのではなく、一日に3回から4回に分けて与えましょう。, 人間用の体重計は、0.5kg単位もしくは0.2kg単位というものが多く、子猫の体重を正確に知ることができません。10g単位もしくは5g単位で測定できるペット用体重計やベビー用体重計がおすすめです。, 商品情報
今の時期の体重は平均的なのか、餌の与え方は合っているのか。健康に育ってほしいが為に、気になることは沢山ありますよね。今回は5ヶ月目の猫ちゃんの体重や、餌の与え方についてご紹介します。是非参考にしてみてください。 生まれたときは100gほどである子猫の体重は、生後1週間で約240g、生後1カ月で500g前後と急激に増加していき、生後2カ月頃には1kg前後にまで発育します。 そして生後4カ月頃には、成猫の体重の約50%まで成長。�

オス・メスの違いや猫種など個体差はありますが、平均的な猫の体重は生まれてすぐが100gほど、生後2週間で約3倍の300gほどまで増加。 生後1ヵ月で約400~500g、生後3ヵ月で約1.0~1.5kg、そして体重増加がほぼ止まる生後12ヵ月には、約3.0~5.0kgまで成長します。 最新情報をお届けします. 生後5ヶ月の子猫といえば、まさにやんちゃ盛りですよね。また、生後5ヶ月は体の基本をつくるための、食事や運動などにも気を付けなければならない時期でもあります。この記事では、生後5ヶ月の子猫に必要な食事量や、平均体重などの基本的な育て方についてご紹介します。, 猫でいう生後5ヶ月は、人間でいう8歳4ヵ月にあたります。色々な事が理解できるようになってきますが、まだまだやんちゃ盛りですよね。生後5ヶ月の子猫の特徴としては、乳歯から永久歯への変え変わりが始まることや、体格もほぼ成猫に近い大きさになり、早ければ初めての発情期を迎える子も居ます。, 生後5ヶ月にもなれば、お留守番も上手にできるようになります。しかし、まだまだ活発な時期ですので、狭いところに入り込んだり、コードを齧ったりしてしまう事もあり、注意が必要です。お留守番中に限らずですが、危険な物はしっかり片付けておくようにしましょう。, 生後5ヶ月のこの時期は乳歯から永久歯への生え変わりの時期となり、人間の赤ちゃん同様、歯がむず痒いような感覚になり、甘噛みが増えます。愛猫が思う存分噛んで遊べるおもちゃを、用意してあげましょう。この時に、飼い主さんの手を噛んでしまう場合は「痛いよ」と低い声で注意したり、遊びを止めたりして力加減を教えてあげて下さいね。, 生後5ヶ月の子猫は、何を食べさせればいいのでしょうか。また、その量や回数についてまとめました。, 生後5ヶ月は、ドライフードへの切り替えの時期になります。獣医さんによっては、生後2ヵ月半を過ぎた頃にはドライフードに切り替えてもいいと言われる事もあるくらいなので、生後5ヶ月にもなれば、十分に切り替える事ができるでしょう。, しかし、一度に全て切り替えるのではなく、ドライフードをふやかすお湯の量を減らしたり、ウェットフードにカリカリを混ぜたりするなどの方法で、少量ずつ切り替え、きちんと消化できているかどうか確認して下さいね。, 次に食事量についてですが、一般的に子猫の食事量は体重(kg)×160~240kcalで計算されます。, 基本的には、ドライフードなどのパッケージ裏に表記されている「1日あたりの食事量の目安」を参考にすればOKです。, しかし、生後5ヶ月と一括りにはせず、愛猫自身の体格や体重に合わせて食事量を決める必要がありますので、かかりつけ医に相談してみるといいかもしれませんね!, また、エネルギーの消費量が多い子猫期は、目安量より多めに食べさせても問題ないとされています。, 生後5ヶ月といえば、体の成長は緩やかになってくるものの、まだまだ体の基本をつくる大切な時期です。栄養不足になる事のほうが問題ですので、目安量より少し多いくらいなら心配する必要はありません。, 生後5ヶ月の子猫は、成猫とそう変わらない体格になっているものの、胃はまだ小さく一度にたくさんの量を食べる事が出来ません。最低でも、1日3回に分けて食べさせてあげましょう。, 急いで食べてしまう、ご飯が欲しいという要求が多い、消化できずに便秘や下痢になる、という場合は、4回程度に分けてもいいかもしれません。, 生後5ヶ月の子猫の平均体重は、1.5kg~2kgとされています。しかし、猫種や育ってきた環境、猫自身の体格も影響するため、一概には言えません。, 獣医さんに相談すると、動物病院によっては愛猫にあった適正体重表のようなものを作成してくれる場合もありますし、この時期は動物病院へかかる事も多いので「次回は〇kgくらいになっているといいね」というアドバイスを貰って参考にするのもいいですね!, また、生後5ヶ月から猫の肥満を防ぐためには、食事量を減らすのではなく、適度な運動を取り入れましょう!上下運動ができるキャットタワーや、1日10分~15分の遊びを2回~3回付き合ってあげるのが理想的です。, ただ、飼い主さんも忙しく相手をしてあげられない日もあるかもしれません。そんな時のために愛猫が一人遊びできる、電動おもちゃなどを取り入れてみてもいいですね。, 運動不足は、肥満だけではなく本来活発な生後5ヶ月頃の子猫にとってストレスの原因にもなります。たくさん遊んで、たくさん食べて、たくさん眠る!これが理想的ですね。, ただ、生後5ヶ月頃は食事量にもムラがあったり、体調を崩してしまったりする事もあり、体重が減ったり増えたりする事もありますので、あまり神経質にならず、愛猫のペースで成長を見守ってあげましょう。, 生後5ヶ月頃であれば、愛猫も飼い主さんや、お家に慣れ始め色んな仕草や行動を見せてくれますよね。とっても可愛い時期ですが、そのやんちゃぶりに圧倒されてしまう事も…。, 愛猫を迎えたばかりの頃は慣れない育児に戸惑い「生後5ヶ月の子猫は〇〇なはず…」と不安になってしまう事もあるかもしれません。, しかし、人間の育児同様、育猫だって教科書通りでなければいけないなんて事はないのです。生後5ヶ月の子猫の食事量や体重は参考程度に、のんびりとした気持ちで愛猫との暮らしを楽しんで下さいね♪, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 生後5ヶ月ともなると、ほぼ成猫と同じような扱いをして差し支えない部分が増えてきますね。, 里親募集でお迎えした、2歳の茶トラのお嬢さんと、愛犬と暮らしています。私自身、まだまだ勉強不足な部分もありますが、愛猫たちが幸せに、健康に暮らす為の情報を、愛猫家の皆様と共有できればと思っています。…. 子猫の体重がどのくらいか知っていますか?子猫の月齢によって、目安となる体重があります。子猫の適正体重や餌の量を知り、子猫の健康を守ってあげましょう。体重や月齢に適した餌の量などをご紹介します。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, 子猫の体重は目安です。平均的な猫について記しています。メインクーンやラグドールなどの大型の猫では、生まれたときの体重はどの子猫もほぼ同じですが、やはり他の猫に比べると体重は多くなります。, 100g~130g

もくじ1 生後2ヶ月頃の子猫の特徴や体重は?必要なものは?2 生後2ヶ月の子猫を拾った場合の対処方法2.1 子猫の診察代・病院代はどのぐらい?3 生後2ヶ月の子猫を引き取った・里親になった時にする事4 生まれて間もない生後2ヶ月の仔猫。可愛さ抜群ですが、ちゃんと育ってくれているのか、不安に感じることも多いはず。ここでは、生後2ヶ月の仔猫の体重やエサについて紹介していきます。, 個体差はありますが、生後2ヶ月の仔猫の平均的な体重は550~700gくらいです。この時期は、成長期真っただ中で日に日にカラダが大きくなっていきます。体重が順調に増えていない、もしくは減っている場合は、何かしらの問題がある可能性があるので、週に1回くらいは体重を測定しましょう。 目は見えず、歩くこともできません。10cmほどの大きさで人間のてのひらに収まるほどです。, 3.5kg~4kg とはいっても、これまでミルクしか口にしたことがない仔猫は、いきなり硬いフードを食べることができません。そこで、仔猫用のウェットフードを用意しましょう。ウェットフードは水分が多く含まれているため、やわらかく飲み込みやすいのが特徴です。また、硬めのドライフードの場合でも、お湯でふやかすなどして、仔猫が食べやすいように工夫してあげるとよいでしょう。

生後5ヶ月頃の子猫の大きさ(平均体重)は、1.5~2kgくらいです。大きさ(平均体重)は健康管理の目安になりますが、やんちゃな子は重さをなかなか測らせてくれません。 生後2ヶ月~ 約950~1000g: 生後3ヶ月~ 約1~1.5kg: 生後5ヶ月~ 約2.5~3kg: 生後9ヶ月~ 約3~3.5kg: 生後1年~ 約3.5~5.0kg ・5g単位で量れるペット用体重計 子猫の体重がどのくらいか知っていますか?子猫の月齢によって、目安となる体重があります。子猫の適正体重や餌の量を知り、子猫の健康を守ってあげましょう。体重や月齢に適した餌の量などをご紹介します。 体重は、動物病院などで測ってもらうことができるほか、自宅で測りたい時は、1kgまでならキッチンスケールを使って測ることができます。体重計を用いる場合は、キャリーケースに入れて測り、キャリーケースの重量を引く、もしくは飼い主が抱いて測り、飼い主の体重を引くなどの方法があります。人間用のデジタル体重計は0.5kg単位で測定するものが多いため、時として正確に体重を測るのが難しい場合があります。, 個体差はありますが、生後2ヶ月を迎えた仔猫は授乳期を終え、離乳期を迎えている時期にあたります。生後間もなくは、母猫の母乳か仔猫用のミルクのみで生活していた仔猫ですが、生後1ヶ月を過ぎると乳歯が生え始め、ミルク以外の食べ物にも興味を持ち始めます。これまでのミルクだけの食生活から、キャットフードや水へと移行していきましょう。

この時期の仔猫は食欲旺盛ですが、食欲がなかったり、元気がなかったりすることがあります。この場合、下痢を起こしている可能性があるので、便を確認してあげましょう。下痢の場合は、何らかのウィルスに感染、あるいは寄生虫が寄生している疑いがあるので、早急に動物病院で診察を受けましょう。その他、人間が飲む牛乳を与えてしまった時も、消化不良を起こして下痢になることが多いので、牛乳は与えないでください。下痢は猫にとって、人間が思っているよりも深刻な症状です。カラダへの影響が大きいので、普段からよくチェックしておきましょう。 猫の5キロが人の何キロ相当、というのは一概に言えません。ですので、たとえば5キロの猫が200グラム増えた場合、50キロの人に置き換えたら2キロ増えたと感じるかも知れません(猫の体重の増減を感覚としてとらえるための参考程度に考えてください)。