TBSアナウンサーとして多くの番組で活躍されていた川田亜子アナウンサー。そんな川田亜子アナウンサーの突然の死には、芸能界だけでなく世間でも衝撃が走りました。そこで今回はそんな川田亜子アナウンサーの自殺の真相についての噂にスポットを当てて紹介します。, 『いちばん!』や『爆笑問題のバク天!』などの様々なジャンルのテレビ番組でアナウンサーとして活躍していた川田亜子アナウンサー!!そんな川田亜子アナウンサーが2008年5月26日に自殺をしていたことが報道され、話題になりましたね。。, そこで今回は川田亜子アナウンサーの自殺の真相や自殺の真相の噂などにスポットを当て、いくつかに分けて紹介していきたいと思います。紹介の前に、まずは川田亜子アナウンサーのプロフィールをのぞいてみましょう。, 名前:川田亜子 生年月日:1979年1月17日 没年日:2008年5月25日(29歳)最終学歴:白百合女子大学文学部 出身地:石川県金沢市 身長:163cm 血液型:O型 職業:TBSアナウンサー 事務所:TBS, 「JNNフラッシュニューズ」や「サタデースクランブル」など様々な情報番組やバラエティ番組のアナウンサーを務めていた川田亜子アナウンサー。そんな川田亜子アナウンサーが2008年5月26日に各報道番組で急死したことが報じられ、大きな衝撃を世間に与えました。, 報道の内容によると、2008年5月26日午前6時16分ごろに東京・港区の路上で白いベンツの中で女性が倒れているのを通勤中の男性会社員が発見し警察に通報。その後の警察の調べで、運転席から助手席に倒れこむように川田亜子アナウンサーが倒れこむように座りすでに死亡していたことが判明しました。, 車の後部座席には練炭とコンロが二つあり、川田亜子アナウンサーはそれを燃やして「自殺」を図り一酸化中毒で死んだと見られているそうです。運転席の窓にはビニールテープで目張りがされており、発見した第一発見者の男性社員らによると車内には『家族へ』と書かれた遺書らしき封筒とメモが残されていたそうです。, メモには「●●さんありがとうございます。心の底に置いておきます。」等の内容が数行書かれていたそうです。現場は川田亜子アナウンサーの自宅から数百メートルの距離で、倉庫街の一角。男性会社員は前日25日の午後8時にも車中でうつぶせになっている川田亜子アナウンサーらしき人物を目撃していたそうです。. 川田亜子アナ 最後のtv番組は自殺特集だった(日刊ゲンダイ) 番組は川田さん自殺2日前の24日に放送されたテレビ朝日「サタデースクランブル」で、富士山・青木ケ原樹海の自殺志願者を番組ディレクターが説得する内容だった。 川田亜子が抱えていた心の闇の部分とは??「サタデースクランブル」、「がっちりマンデー」、「医療の現場」の共演者たちも、ショックを隠せないようだった。 遺書は家族宛だったというが、日をおって、段々真相が明らかになってきた。 TBSアナウンサーから、フリーに転向したのは、昨年の春。 ... !』『Goro's Bar』『E娘!』『ネプ理科』等の番組に出演、”アコちゃん”の愛称で人気アナウンサーとなった[1]。2007年3月にTBSを退社してフリーとなり、4月よりテレビ朝日の報道番組『サタデースクランブル』のキャスターを務めた[1]。2008年5月25日、自宅近くの東京都港区海岸の路上に駐車されていた車内で練炭自殺した[2][1]。, その一方、発見された状況(わざわざ所属事務所の車を使用。服装が軽装。練炭が後部座席にあった。膝を抱えて胎児のような不自然なポーズだったという目撃情報)から他殺説も広まった, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=川田亜子&oldid=80252749, 5月7日から、オフィシャルブログに悩みを書き込むようになり、閲覧していたファンや関係者の間から心配する声があがった, 5月18日 「がっちりマンデー! がっちりマンデー昨年3月に退職後も、テレビ朝日系の「サタデースクランブル」のレギュラーで、今月24日も ... フリーアナウンサー川田亜子さんが自殺朝日新聞川田亜子さん(29)は白百合女子大卒業後、02年4月にTBSに入社。 ... と続く。, 5月14日のブログでは「元気になるまで、皆さんとこうしてお話をするのを休憩させていただきます」と突如「ブログの休止」を宣言。しかし、同日に「やっぱり 自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね」とブログを再開していた。5月21日には「言葉が・・・出てこないので、今日は書くのをやめようと思います」と書いており、最後に川田さんが書いたとみられる5月22日のブログでは、, こう診断するのは精神科医の町沢静夫氏だ。適応障害とは辛い状況に直面して精神的に参ってしまい、社会生活に支障をきたす状態を指す。, 町沢医師は5月12日の「母の日に私は悪魔になってしまいました」と書かれたブログについて、「死ということを考えていたのだろう」と推測している。, 08年5月中旬にテレビ出演した川田さんを見る限りでは、「表情もなく、かつての美しい姿からすればひどい状態だった」と町沢医師はいう。, さらに、川田さんを苦しめたと思われる「最後のテレビ生出演」もあった。08年5月24日に生放送されたテレビ朝日系番組「サタデースクランブル」。川田さんも司会を務めたこの番組では、青木ヶ原樹海での自殺を扱った特集もVTRで放映されていたのだ。川田さんは終始うつろな様子で、VTR放送後に時折見せる笑顔も今となっては不自然にしか見えない。, とコメントをマスコミ各社に発表しており、「自殺」の背景に何があったかは今のところ明らかになっていない。, 異性関係の悩みやフリー転向後の仕事上の苦悩が、一部のマスコミのあいだで「自殺の原因」ではないかといった推測を生んでいる。それが川田さんに「自殺に至るほどの大きなダメージを与えた出来事」なのかはなおも不明だ。, SMAP「Joy! サタデースクランブル 5月24日放送サタデースクランブル 動画「がっちりマンデー! 元TBSの川田亜子キャスターが練炭自殺という記事より。 26日午前6時15分ごろ、東京都港区の路上で、乗用車内で女性が倒れているのを通行人が見つけ、110番した。警視庁三田署によると、車内で元TBSアナウンサーの川田亜子さん(29)が死亡しており、同署は練炭自殺とみている。 サタデースクランブル 5/24同局「サタデースクランブル」に出演していた川田さんの突然の死に、君和田社長は「大変、痛ましいことだと ... 川田亜子さんの自殺から見えたもの オーマイニュース(文中敬称略) 今週は、今月26日に自殺した川田亜子さんについて。 ... !」では、自称「経済予報士見習い」の肩書きで眼鏡をかけリポーターをしている。 父が医師で、「お父さんが、富山に病院を建てる」とTBSの特別番組で発表したこともある。 ネプ理科では、グロテスクな巨大 . 川田 亜子(かわだ あこ、1979年(昭和54年)1月17日 - 2008年(平成20年)5月25日)は、日本のアナウンサー、タレント。石川県金沢市出身。身長163cm。愛称は「アコちゃん」[1]。, 2002年4月にTBSにアナウンサーとして入社[1]。入社半年で、早朝報道番組『いちばん!』メーンキャスターに抜擢される。以後『がっちりマンデー! !」ではいつもどおりリポートしていたが、フリーアナ転身後は不定期出演となっていた。この日のリポートが同番組での最後の出演となった。, 5月24日 「サタデースクランブル」とその後にMCを務めたトークショーでは、元気がなかったものの問題なく進行した。これが最後の公の姿となった。同日放送の「医療の現場」と日本テレビ系列「, 5月28日 川田亜子オフィシャルブログ「Ako's Style」(Pure Style)に、所属事務所がファンと関係者に向けた謝罪文を掲載し、当日付での同ブログ閉鎖を発表した。, 5月31日 「サタデースクランブル」の冒頭で、追悼コーナーが設けられた。一緒にMCを務めてきたアナウンサーの, 6月1日 「がっちりマンデー! 元TBSアナウンサーで、現在はフリーアナとして活躍していた川田亜子さんが2008年5月26日に自殺した。死の直前まで綴っていたブログには「仕事の合間が一番苦痛です」「言葉が・・・出ないので」などと精神的に不安定だったと思わせる記述がある。ブログの記述やテレビでの最近の川田さんの様子から、精神科医は「鬱(うつ)と不安を伴う適応障害」と診断、「何らかのショックな出来事があった」と見る。, 「母の日に私は悪魔になってしまいました」と川田亜子さんが自身のブログで綴ったのは2008年5月12日のこと。「産んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました。母の涙が 私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです」 川田亜子を扱ったブログ 昨日の川田亜子さん最後のレギュラー番組「サタデースクランブル」を見逃した方に、お悔やみの映像を・・・。しかし、改めて生前の彼女の映像を色々と見ていると、本当に良いお嬢さんだと思いますね。 !」、モー娘。にも楽曲提供 「赤い公園」津野米咲さん訃報にアイドルファンも悲しみ, まつもと泉さん死去で「初恋の人は鮎川まどかでした」 「きまぐれオレンジ☆ロード」ファンから追悼相次ぐ. 特記事項: 実際の開始時刻は9:29。 テンプレートを表示 『サタデースクランブル』(英称:Saturday Scramble)は、テレビ朝日で2006年 4月1日から2009年 9月26日まで放送されていた情報番組。 All Rights Reserved. 川田 亜子(かわだ あこ、1979年(昭和54年)1月17日 - 2008年(平成20年)5月25日)は、日本のアナウンサー、タレント。 石川県 金沢市出身。 身長163cm。愛称は「アコちゃん」 。 2002年 4月にTBSにアナウンサーとして入社 。 入社半年で、早朝報道番組『いちばん! All rights reserved. 図った川田亜子アナウンサー。最近になって、ブログでネガティブな発言を繰り返すなど その精神状態が不安視されていたが、最悪の結果となってしまった。 そんな川田アナの最後の生出演となったのが、24日(土)の『サタデースクランブル』 ©Copyright 2020 Carat Woman. tbsアナウンサーとして多くの番組で活躍されていた川田亜子アナウンサー。そんな川田亜子アナウンサーの突然の死には、芸能界だけでなく世間でも衝撃が走りました。そこで今回はそんな川田亜子アナウンサーの自殺の真相についての噂にスポットを当てて紹介します。 俳優・窪寺昭さんが死去 刀ステ「明智光秀」役など、事務所発表「あまりにも突然の出来事」, 嵐がカーテンから...「Party Starters」ダンス、TikTokで公開 「休止まであと50日切ってるなんて信じられない」「何回見ても松潤が誰よりもノリノリ」, 小林麻耶「バイデン降板憶測」に室井佑月が言及、「しょうもない陰謀論」懸念 本人は最新動画で「アメリカまでつながってます」, 菅首相「バイデン祝福」にかみつく人たち 「まだ決まってない」「裁判を見極めて」などと主張が, 「反政府運動」共同通信の記事に違和感噴出 見出し変更も「コメントする考えはございません」. 『サタデースクランブル』(英称:Saturday Scramble)は、テレビ朝日で2006年4月1日から2009年9月26日まで放送されていた情報番組。略称は「サタスク」。, 平日昼に放送の『ワイド!スクランブル』の土曜版として放送を開始した。放送時間は毎週土曜日9:30 - 10:55(JST)。, 前枠の『朝だ!生です旅サラダ』(ABC制作)と後枠の『食彩の王国』との間にCMなどのステーションブレイクを挟まないで放送していた。ただし前枠との間には、ABC制作全国ネットの番宣CMを挟むときもあった。, 内容は世間で関心の大きなニュースを中心に取り上げる。事前に用意したVTRと、スタジオにゲストを迎えて行う討論の両方から、ニュースの背景を探る。レギュラーコーナーは放送開始当初より設けていなかったが、2008年4月よりデーブ・スペクターがコーナー司会を務める「今週のこれってオカシイぞNEWS」が新設された。, オープニングとエンディングに流れるテーマ曲は、浅倉大介作曲の「Pure Segment」(2006年7月19日に、同曲を収録したアルバムを発売)。, 2009年9月26日をもって放送終了となり、次番組は同じ時間の生放送だったが、全く異なるジャンルの娯楽情報番組『もらえるテレビ!』となった。, 以下の表に示した通り、熊本朝日放送でもネット放送されていた時期があった。同局では10:25のネット放送飛び降り後は、自社制作番組『駅前TVサタブラ』を放送していた。年末のスペシャル放送を除くレギュラー放送をネットしていたのはこの局のみで、基本的にはテレビ朝日ローカルの扱いであった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サタデースクランブル&oldid=71314976. 川田亜子の話 川田亜子アナウンサーが、最後に出演した「サタデースクランブル」皮肉にも、特集が「自殺」を扱うものだったなんて・・・・。川田亜子アナ自殺後も、ネットでは、自殺について諸説が書き込まれていますが、そっとしてあげたいですね。 ´ç‚­è‡ªæ®º, LINE容量 減らす方法・減らし方, 子連れハワイアンズ 持ち物&攻略, アフィリエイトについて(免責事項). Copyright (c) J-CAST, Inc. 2004-2020. !」の番組終了後に、生前の同番組出演時の静止画像とともに、追悼メッセージを放送した。TBS時代に時々出演していた同局ラジオ「安住紳一郎の日曜天国」では、先輩アナウンサーの, 番組での共演者や縁のあった有名人の何人かは、自身のブログで追悼コメントを綴った。TBSアナウンサー時代の先輩の, 6月6日 川田亜子オフィシャルブログ「Ako's Style」(Pure Style)、閉鎖発表後の一定期間を経て削除された, 6月12日 「秘密のケンミンSHOW」に石川県民として、同年4月10日のSP以来2度目の出演をしていたが、川田の出演シーンが大幅にカットされた上に、氏名や追悼のテロップは一切表示されなかった。, 12月26日 TBS系列全国ネット「平成ニッポン20年史!」の中で、「爆笑問題のバク天!」のオープニングが放送されたが、川田の姿はぼかし処理されていた。これ以降テレビ放送において、川田の出演シーンが放送されたことはない。, 2008年6月以降の川田に関する報道は、一部報道番組での追悼を除き一切行われていない。. さらに、川田さんを苦しめたと思われる「最後のテレビ生出演」もあった。08年5月24日に生放送されたテレビ朝日系番組「サタデースクランブル」。