- 仰天!くらべるトラベル - 所さんの20世紀解体新書 - 所萬遊記 - たけし・所のドラキュラが狙ってる - すばらしき仲間復活スペシャル - スターオーディション - 爆笑!迎春ブッちぎり 所ジョージのオールスター自動車レース大賞 - 天才!トコロ店 - 所さんのニッポンの出番! 追悼・生涯コメディアン、志村けんを偲ぶ5曲 (okmusic UP's) 2020年3月29日、志村けんが逝ってしまった…。 「日本の宝を奪ったコロナが憎い」と加藤 茶はコメントし、『天才! - BANG! - どちら様も! - ポツンと一軒家 - 所JAPAN, 志村&所の戦うお正月(カウントダウン2000) - はじめてのおつかい - サイエンスミステリー - 所さんのビックリ村!〜こんなトコロになぜ?〜 - 所さんの楽しいゴルフ - たけしの“これがホントのニッポン芸能史” - 大改造! - オールスター大集合!一発勝負で賞金ゲット!イライラゲームランド - アッコとマチャミの新型テレビ - 8時です!みんなのモンダイ - ミンナのテレビ - 歌のトップテン - 日本テレビ音楽祭 - TVマンモス - ラブアタック! - ウンナンの気分は上々。 - 晴れ・どきドキ晴れ - 世界バリバリ★バリュー - リンカーン - ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば! - 所ジョージのオールナイトニッポンGOLD, TOKYOナイト&デイ - 明石家さんまさんに聞いてみないとネ - I've got a すんごいですね ROCK'N ROLL HEART - 正気の沙汰でないと - ブウェーのビヤビヤ - 農家の唄 - 歩いてみっか! ?ヒストリー - たけし・所のWA風がきた! - 愛を頑張って, LET'S SING SONG BEST 12 - Only Yesterday - だってしょうがないじゃない/和田アキ子 全曲集 - 私も…そうだった - よくやるね 和田アキ子 バラード・コレクション - 和田アキ子 グレイテスト・ヒッツ 1968~1991 - 愛、とどきますか - 和田アキ子全曲集〜だってしょうがないじゃない - 和田アキ子全曲集シングルズ1993-1968 - 和田アキ子PERFECT COLLECTION - 和田アキ子全曲集'94 Song(s) for you - Alive/Song(s) for you '95 - テーマソングス'80〜'96 - DYNAMITE SOUL WADA AKIKO - BALLADS バラード全曲集 - グレイテスト・ヒッツ'97 - DYNAMITE GROOVE WADA AKIKO - DYNAMITE-A-GO-GO!!! - シャボン玉ボンボン - 8時だョ!全員集合 - ドリフ大爆笑 - 志村けんの失礼しまぁーす! - 列島くらべてグルメ! - 史上最高そっくり大賞 - エッ!うそーホント? - スーパークイズスペシャル - 所さんの勝ったも同然!! 『志村&所の戦うお正月』(しむらアンドところのたたかうおしょうがつ)は、テレビ朝日と朝日放送の共同制作で1999年から2020年 1月1日まで毎年放送されていたバラエティ番組である。志村けんと所ジョージの冠番組である。愛称は『戦うお正月』。 - ものまね王座決定戦(ものまね紅白歌合戦) - 邦ちゃんのやまだかつてないテレビ - 平成教育委員会 - FNS超テレビの祭典 - FNSの日(FNSスーパースペシャルテレビ夢列島・平成教育テレビ) - 魔法のランプ! - オールスター感謝祭 - カッ飛び!花マル塾 - おちゃのこサイサイ - 輝く日本の星! - 和田アキ子のニッポン爆笑珍道中! - ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回 - B.C.ビューティー・コロシアム - あの虹をつかもう! 志村どうぶつ園で愛犬を亡くした所ジョージさんに志村園長から子犬をプレゼントすることになったという内容を2007年に放送しています。所さんは愛犬家で愛情もたっぷり注いでいるそうです。 志村けんさんとも過去に共演するなど親交が深い仲でした。 タカアンドトシのタカ. - タモリの突撃ナマ放送 - タモリのいたずら大全集 - スーパーギャグ大行進 - おはよう!サタデーOMOTAME情報局 - マジカル頭脳パワー!! - アッコにおまかせ! - 志村座 - 志村の時間 - 志村の夜 - 志村でナイト - 発掘!あるある大事典 - モモコクラブ - 神出鬼没!タケシムケン - 愛のエプロン - 元気家族テレビ となりのマエストロ - くらべるくらべらー - 集まれ!ナンデモ笑学校 - 天才!志村どうぶつ園, 志村けん・中山秀征の「い〜んでないの? - 元祖どっきりカメラ - TV海賊チャンネル - 11PM - 所のジオ玉 - いい! !劇的ビフォーアフター - ゴールデンまなびウィーク - インテリが知らない世界のおバカ疑問, 金曜10時!うわさのチャンネル!! - 夜はタマたマ男だけ!! - あの鐘を鳴らすのはあなたたち - (Everything will be) All Right - ゴールデンタイム - 幸せのちから - Brand New PARADISE - あなただけの青空 - キララ・キララ・バカ, 人生はこれから - ff (フォルティシモ) - 今夜は夢でも見ましょうか - 今でもあなた - すばらしき人よ - 晴レルヤ - All Right!!! - 志村笑! - 所さんのただものではない! 3月29日に急逝し30日の午前中に速報で発覚した志村けんの死去。nhkやフジテレビなどが追悼番組を放送する事が明らかになりました。今回は田代まさしの追悼コメントや現在判明している志村けんの追悼番組についてみてみましょう。志村けんの追悼番組出 - 世界の常識・非常識! - たけし・所の二人テレビ - 世界の超豪華・珍品料理 - 春休み・夏休みマンガ祭り - ニッポン再検証プロジェクト「コ・コ・ロ・ミ・ル」 - 人生で大事なことは○○から学んだ - テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜 - NHK紅白歌合戦(第66回NHK紅白歌合戦), 所ジョージのオールナイトニッポン - 所ジョージの足かけ二日大進撃 - 所ジョージの日立ハローサタデー - 所ジョージのヤングタウンTOKYO - もてもてスクランブルBEGIN the OJIN - 所ジョージのホロホロ天国すんごいですね - 所ジョージの進め!おもしろバホバホ隊 - スーパーギャング - 日曜夕方トコロのココロえ - おとなの時間割・所さんのブクブクゴシゴシ! - 所さん!大変ですよ - 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! - 三枝の愛ラブ!爆笑クリニック - ひらけ!GOMA王国 - 直撃! - クイズ悪魔のささやき - 快傑熟女!心配ご無用 - しあわせ家族計画 - オフレコ! - ザッツお台場エンターテイメント! - ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! - サンデーヒットパレード - 金曜10時!うわさのチャンネル!! - 世界まる見え!テレビ特捜部 - 所さんの世田谷ベース - 1億人の大質問!?笑ってコラえて! !高田マネージャー付き - 板東・アッコのプロ野球界芸能界横断ウルトラクイズ - アッコ・徳光のラジオ紅白歌合戦 - DJアッコのパニックスタジオ, ホリプロ - 今あなたにうたいたい - NHK紅白歌合戦 - トップテンシリーズ - 和田アキ子物語 - ポンキッキーズ - 新幹線'97恋物語 - 天王寺区, 世界の果てまでイッテQ! 和田アキ子シングルコレクション - ラブバラード・ベスト - Free Soul Wada Akiko - ベストヒット・コレクション - RAGGA AKIKO - リズム&ブルースの女王 - 今日までそして明日から - わだ家 - World Standard Wada Akiko - Wada Akiko Dynamite Best 1968-2008 - Yell~2011 BEST OF THE BEST~ - AKIKO WADA 45th ANNIVERSARY ESSENTIAL COLLECTION, 女番長 野良猫ロック - としごろ - お姐ちゃんお手やわらかに - 裸足のブルージン, 世の中さかさま - 女はつらいよ - あんたがたどこさ - てんつくてん - バーディー大作戦 - ちょっとしあわせ - フライパンの唄 - 明日の刑事 - 翔べ! - 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ - KATO&KENテレビバスターズ - 志村けんのだいじょうぶだぁ(レギュラー番組時代)- 志村けんはいかがでしょう - 志村けんのオレがナニしたのヨ? - 目撃!超逆転スクープ - 出川哲朗の病院の歩き方 - SMALL3 - ウンナン出川バカリの超!休み方改革 - 出川哲朗の恥の王様 - あなたはこの衝撃に耐えられる?ワールドドキドキビデオ, ビートたけしのお笑いウルトラクイズ - ウッチャン・ナンチャン with SHA.LA.LA. - ロンドンハーツ - 東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい… - ぐるぐるナインティナイン - 志村&所の戦うお正月 - オールスター感謝祭 - 芸能人格付けチェック - 出川哲朗の充電させてもらえませんか? - 怪傑黄金時間隊!! !ココロジー - 所さんのお騒がせデス - 所さんの日本ジツワ銀行 - スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会 - さんま・所のオシャベリの殿堂 - 今夜は営業中! - ビートたけしのD-1グランプリ - 志村&鶴瓶のあぶない交遊録 - 志村けんの激ウマ列島 - 志村けんの南国美女探し - 志村けん聞録 - 志村けんと行く!勝手にドッキリ感動旅! 志村けんさんもまた相葉くんを息子のように可愛がっていたとのこと。 所ジョージ. 志村どうぶつ園で愛犬を亡くした所ジョージさんに志村園長から子犬をプレゼントすることになったという内容を2007年に放送しています。 - 所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝 - 超豪華オールスター大集合! お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が4月5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、先月29日に新型コロナウイルスの感染で他界したタレントの志村けんさんとの思い出を振り返っている。 過去… | アサジョ !かもしんない - 所さんのまっかなテレビ - 日曜はダメ!! 志村けん率いる“志村組”と所ジョージ率いる“team所”に分かれて、芸能人がゲームで対決したvtrを見ながらどちらが勝つかを予想し、正解すると豪華なおせち料理などが食べられるという単純な構成の番組で … !番組対抗 炎の熱血バトル - 奇跡体験!アンビリバボー - テストの花道 - 徳光&所の世界記録工場 - さんま&所の大河バラエティ!超近現代史!人間は相変わらずアホか!? - 新スターアクション! !」 - 沢田研二・志村けんのジュリけん - 志村けんのFIRST STAGE〜はじめの一歩〜 - 志村けんのFIRST STAGE - 志村けんの夜の虫 - 志村けんの美女対談, 鉄道員 - ロラックスおじさんの秘密の種(声の出演) - 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!(声の出演) - キネマの神様(※出演辞退), テレビまるごと大集合 - クイズまるごと大集合 - 加トちゃんケンちゃん ファンタジーワールド - 史上空前!! -全員正解あたりまえ!クイズ - 歌笑HOTヒット10 - ウタワラ - 個人授業 〜正しい和田アキ子の作り方〜 - 個人授業II - 難問解決!ご近所の底力 - 思い出のメロディー - 志村&所の戦うお正月 - 恐怖のアポなし訪問者 和田アキ子の今晩泊めろよコノヤロー! - 爆笑伝説!志村けんの変なおじさんVSネプチューン大決戦!! BANG! - 旅の犬, オールナイトニッポン - 日本お笑い史 - お笑い第二世代 - ビッグ3(タモリ・ビートたけし・明石家さんま) - FAMOSO - 所さんのまもるもせめるも - EssaHOISA - 下落合焼とりムービー - 大笑福亭鶴びん(所が題字を担当), 宇崎竜童 - コント赤信号(渡辺正行・ラサール石井・小宮孝泰) - 板東英二 - 笑福亭鶴瓶 - 志村けん - 徳光和夫 - 福留功男 - 永井美奈子 - 楠田枝里子 - 大杉君枝 - 藤井恒久 - 魚住りえ - 西尾由佳理 - 佐藤良子 - 桝太一 - 水卜麻美 - 杉野真実 - 後藤晴菜 - 佐藤真知子 - 岩田絵里奈 - 森口博子, 笑って許して - さすらいのブルース - 貴方をひとりじめ - 卒業させてよ - 天使になれない - 涙の誓い - 夜明けの夢 - あの鐘を鳴らすのはあなた - 夏の夜のサンバ - 孤独 - あなたにありがとう - 私は歩いている - 悪い奴 - この命奪って - 古い日記 - ふれあう愛 - 晴れのち曇り - 美しき誤解 - 見えない世界 - もっと自由に - 酔いどれ - 放浪ヨコスカ - 街角 - 雨のサタデー - ダンス・ウィズ・ミー - 二杯目のお酒 - 夜更けのレストラン - コーラス・ガール - ひとり酔い - 夢まであずけて, Shut up! - 出川哲朗&さまぁ〜ず三村 ポンコツおじさん旅に出る - 10人旅 - 出川哲朗のアイ・アム・スタディー - 動物リアルガチ図鑑 - 出川哲朗とバリバリウーマン! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ - 6人の村人!全員集合 - ドリーム東西ネタ合戦 - 加トちゃんケンちゃん光子ちゃん - 加ト・けん・トシのクリスマススペシャルプレゼント - 加トちゃんケンちゃんスペシャル - 加ト・けん・たけしの世紀末スペシャル!! - 電波少年INTERNATIONAL - 快脳!マジかるハテナ - 桂芸能社ポンッ! - たみちゃん - 和田アキ子アワー - アッコ・純次の平成TV事典 三匹の子ブタ - 無敵なカップル - アッコの泣かしたろか!? 必殺うらごろし - 怒れ兄弟! 『志村&所の戦うお正月』(しむらアンドところのたたかうおしょうがつ)は、テレビ朝日と朝日放送の共同制作で1999年から2020年1月1日まで毎年放送されていたバラエティ番組である。志村けんと所ジョージの冠番組である。愛称は『戦うお正月』。ステレオ放送、文字多重放送。, 1999年1月1日にスタート。毎年元日の12時00分 - 16時30分に放送されている(2003年までは13時30分開始・17時25分終了、2004年から2010年は13時00分開始・17時25分終了、2018年は12時00分開始・16時00分終了・2019年は16時15分終了)。制作担当と営業担当をテレビ朝日・朝日放送が共同で行い、番組送出はテレビ朝日が行っている(なお、16時00分(2019年は16時15分)~17時30分は「芸能人格付けチェック」第一部・芸人予選会を放送している)。, 志村けん率いる“志村組”と所ジョージ率いる“TEAM所”に分かれて、芸能人がゲームで対決したVTRを見ながらどちらが勝つかを予想し、正解すると豪華なおせち料理などが食べられるという単純な構成の番組である。2013年のみ豪華おせち料理から豪華食材に代わるが予想を当てた後に食べるのではなく、ラストの「大福ロシアンルーレット」で勝ったチームが、負けたチームのキープした食材を総取りし豪華鍋料理を堪能できる形となった。尚、自身がゲームで対決した場合、既に勝敗結果を知っているため、×が描かれたマスクを装着し、予想に参加出来ない。引き分けになった場合は志村・所を除くメンバーが食べられる。, 1995年から1998年の4年間、この枠はだいたいがテレビ朝日のスタジオからの生放送番組(ときおり大阪からの中継をはさむ)であったが、一部の出演者は『初詣!爆笑ヒットパレード』『平成あっぱれテレビ』に出演している上でブッキング調整が難しく、視聴率も芳しくなかったため(後述)、企画を変更した。, 2018年から2020年までは、主に平成時代を中心とした歴史を振り返るクイズが大半を占める構成で放送され志村・所各チームで正解数を競う形で進行されている。, 2020年3月29日に志村が死去したため[1]、2020年の放送が最後の出演となったが、2021年以降の当番組の処遇は不明。, 1995年以後になると、テレビ朝日と朝日放送の共同制作となり、何れもテレビ朝日のスタジオをメインに生放送し1995年以降のこの枠にはそれぞれ久本雅美が司会を務めていた。, ぎんぎら!ボンボン! - 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! - 紳助のサルでもわかるニュース - 中居くん温泉 - たかじんnoどォ! - 笑っていいとも!増刊号 - 笑っていいとも!特大号 - 桃色学園都市宣言!! - 笑っていいとも!増刊号 - UN FACTORY カボスケ - 気分はワイルド 〜飛び出せ大自然へ〜 - ぷらちなロンドンブーツ - 内村プロデュース - てんこもり - 名門パープリン大学日本校 - 浅草橋ヤング洋品店 - 内村さまぁ〜ず - P-1ゴールドラッシュ - ファミリーヒストリー - 大!天才てれびくん - 出川哲朗のリアルガチ - 驚学番長 - 御臨終, 三鬼鑑太郎 - 三鬼隆 - 三鬼彰 - ウッチャンナンチャン(内村光良・南原清隆) - 松村邦洋 - 和田アキ子, マセキ芸能社 - 劇団SHA・LA・LA - お笑い第三世代 - 東京ヤクルトスワローズ, “出演番組放送したばかり…志村けんさん急逝にテレ朝も衝撃「抱腹絶倒のパフォーマンスは唯一無二」”, テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=志村%26所の戦うお正月&oldid=80451163, 番組が選んだ昭和・平成時代に存在した現代では見られない慣習の映像を若者に見せ最も驚いた物を選んでもらい、若者の感想コメントや関連するトピックの映像を交えながら最も驚いた物の選定回数の多さによるランキング形式で紹介する。, プロ野球OB数名をゲストに迎え、投手の場合は規定球速の達成・打者の場合はホームランの成否を検証するVTR企画。スタジオで各チームが成功人数を予想する。, 「頭の中をタイムスリップさせて考えないと正解出来ない」クイズとして、時代によって正解の違う問題を出題する番組終盤で行われるクイズ。まずタイムスリップする年代が提示されその後問題文を出題し、ヒントとして現在の正答が答えではないと発した後タイムスリップ年代での正解を正答とする。, TM:福元昭彦(テレビ朝日、2015年-、2000,2004,2006-2008,2011年はTD、2009年はカメラ), 大道具:高子昌樹(2003,2008,2010-2014,2016,2017,2019年-), 小道具:塚谷将朗(2004,2006,2007,2010-2014,2016,2017,2019年-), 電飾:黒野堅太郎(2005-2008,2011,2012,2018,2019年-、一時ケンタロウ名義), 編成:小谷知輝、佐野圭紘、鈴鹿相哉(2020年、小谷・佐野→テレビ朝日、鈴鹿→ABCテレビ、小谷→2018年は美術・デザイン), 宣伝:高橋夏子(テレビ朝日、2011-2017,2019年-、一時離脱→復帰)、高橋寿英(ABCテレビ、2014年-), AD:近藤真帆、浅野洋司、早川翔夏、松田悠、星啓大、鵜飼和也、大竹杏奈、藤田剛、鈴木佑京、村田修平、西田侑平、尾崎和哉(近藤・尾崎→2019年-、浅野〜西田→2020年), AP:反り目尚美(2018年-)、山脇達雄(2020年)、廣中ゆかり(2018,2020年), ディレクター:田中匡史、真木大輔、池上健介、長谷川嘉紀、藤尾圭祐、山本詞織、渡井祐貴、森部裕治郎、渡邊淳子、野村哲史、佐藤一輝、田中友洋、水上雄一朗、松尾雄輔(野村→2012-2014,2016,2017,2019年-、田中匡・佐藤・長谷川→2018年-、森部→2018,2020年、田中・松尾→2019年-、真木・池上・藤尾〜渡井、渡邊・水上→2020年、水上→2019年はADで雄一郎名義), 総合演出:増田哲英(テレビ朝日、2018年-、2010年はD・2012-2016年はCD→一時離脱), プロデューサー:山内智未(テレビ朝日、2018年-、2006年はAD)、山下浩司(ABCテレビ、2019年-、2010年はD)、上野洋輔(テレビ朝日、2020年、2018,2019年はAP)、白石和也(ABCテレビ、2020年)、徳江長政、安西義裕(共に2018年-), ゼネラルプロデューサー:荒井祥之(テレビ朝日、2004年はD、2018年からはGP), チーフプロデューサー:森和樹(ABCテレビ、2011-2014年まではP、2015年からはCP), ゼネラルプロデューサー:テレビ朝日 高橋良行(2002年はD、2003-2008年はCD、2009年はP、2010年はGP)、藤井智久(2000年はD、2001,2002年はCD、2003-2007年はP、2008,2009年はCP、2010-2014年はGP)、畔柳吉彦(2015,2016年)、山下浩司(2017年), チーフディレクター:テレビ朝日 小田隆一郎(2009年)、堀池勝法(2010年)、朝日放送, 演出:板垣忠彦(K-max、2018年、2012-2014年はディレクター→一時離脱)、中原芳(2018,2019年), ディレクター:林田竜一(2000-2002年)、岩本浩一(2000年)、松岡浩(2000年)、岩橋正憲(2000年)、石川綾一(当時朝日放送、2002年)、小林良樹(2002年)、木山亨(テレビ朝日、2003年)、長澤剛史(テレビ朝日、2003年)、上野晴弘(朝日放送、2003年)、, ロケディレクター:竹谷和樹(2001年、2000年はD)、木部勇一(きべ事務所、2001-2006年、2000年はD)、香坂裕司(次)(2001,2002,2007年、2003年はD)、真中博司(2001-2003年)、荒木由美子(2001年)、狩野英一(2002年)、平出淳(2002年)、小倉宣勇(D組プロジェクト、2004年)、三木敬文(2005年)、西岡孝之(ブリッジ、2005,2007年)、海野裕二(当時TV-SION、2005年)、尾櫃秀樹(2006年)、堀内裕二(テレビ朝日、2007,2008年、2003,2004年はAD)、さいとうみゆき、菅沼修平(共に2007年)、中田三浩(b-DASH、2008年)、飯島冬貴(K-max、2008年)、大澤康二(2008年), アシスタントディレクター:藤城剛(テレビ朝日、2001年)、大谷今日子、廣川雅信(共に2001年)、栖原啓明(2002年)、山本和仁(テレビ朝日、2002年)、宮本博行(テレビ朝日、2003年)、奥山明宏、中西正太(共に2004年)、服部陽一(2004-2007年)、倉島章二(テレビ朝日、2005年)、佐野敬信(2007年)、蔵原聖二郎(テレビ朝日、2010年)、三田宗一(2010年)、鈴木孝貴(2011年)、近藤正紀(テレビ朝日、2011,2012年)、松尾竜二、林太郎、加瀬由美(松尾〜加瀬→2012年)、江藤博文(2013年)、寺島功毅(テレビ朝日、2013,2014年)、, アシスタントプロデューサー:小島美佳(onair、2002年)、渡辺裕美(2010年)、三藤豊(2012年)、西野絵理香(2014-2016年)、岩崎美和子(2016年)、庄中美貴、市川徹也、植岡耕一、勝部愛(勝部→テレビ朝日)、関本薫子(植岡~関本→2017年)、田村奈津季、出浦寿恵(田村~出浦→2018年), デスク:中川千波(2001-2013年)、小林裕美子(2014-2016年)、佐藤まゆみ(2017年), TK:藤本めぐみ(2000,2005年)、丸山和子(2001-2005年)、吉条雅美(2006-2016年)、草野麻里(2017年)、池田真梨絵(2019年), 編成:テレビ朝日 宮田奈苗(2009年)、遠藤華子(2010年)、吉村周(2014年)、大沢解都(2016年)、大松宏樹(2017年)、瀧川恵(2018年)、田中真由子(2019年)、朝日放送 幾野美穂(2009年)、石橋義史(2010-2013,2018,2019年)、園部充(2014,2015年)、佐々木真司(2016,2017年), 広報:テレビ朝日 豊島晶子(2001年)、岩間斉(2002年)、飯田葵(2003年)、遠藤加奈子(2004年)、箕田夕佳(2005-2007年)、井上裕子(2009,2010年)、朝日放送 渡邉亜希子(2006年)、秋枝千絵(2009,2010年), 宣伝:テレビ朝日 堀場綾技子(2018年)、朝日放送 岡崎由記(2011年)、岸本拓磨(2012,2013年), TD:伊藤博(テレビ朝日、2002,2003年)、小林俊明(テレビ朝日、2005年)、栗林克夫(テイクシステムズ、2009,2010,2012,2013年)、平野友章(テイクシステムズ、2014,2016-2018年), カメラ:有泉重正(テレビ朝日、2000,2008年)、説田比登志(テレビ朝日、2001年)、高橋政博(テレビ朝日、2002年)、夏目新(テレビ朝日、2003,2005年)、山本信之(2004年)、浅香雅夫(2010年)、桝本茂雄(2011年)、山口崇(テイクシステムズ、2012-2014,2016年)、石黒康一(テレビ朝日、2017年), VE:井上貴史(テレビ朝日、2000,2001年)、岡田大輔(テレビ朝日、2002年)、小田切泰造(2003年)、堀渕惣一郎(テレビ朝日、2004年)、重岡恵吾(テレビ朝日、2005年)、井上亮(テレビ朝日、2006年)、佐藤敦(テレビ朝日、2007年)、高田智子(テレビ朝日、2008,2009年)、阿部勝利(2010年)、斉藤竜也(テイクシステムズ、2011年)、松田祐児(テレビ朝日、2012年)、金岩信悟(2016年)、菅原将(2017年)、木島洋(2018年)、駒井譲(2019年), VTR:時見正和(テイクシステムズ、2018年、2013,2014年はVE)、橋本潤(2019年), 音声:朱牟田真吾(テレビ朝日、2000年)、長谷川泰裕(2001年)、爲田あかね(テレビ朝日、2002,2004,2005年)、深津友裕(テレビ朝日、2003年)、胡桃澤啓司(テレビ朝日、2006年)、江尻和茂(テレビ朝日、2007,2008年)、清水美都子(テレビ朝日、2009年)、古寺智和(2010,2011年)、内野陽介(2012年)、藤原賢治(テイクシステムズ、2013,2014年)、林田群士(2016年)、加藤翠(2017年)、猪俣晃(2018年), 照明:高見光平(2000,2001,2003,2004年)、中根鉄弥(当時テレビ朝日→テレテック、2002年)、高橋孝男(テレビ朝日、2005-2010年)、山口由美(2011年)、渡辺英明(2014年)、石井久友(2018年), 美術:井磧伸介(2000,2008,2010-2017年、2006年はデザイン)、金原典代(2012-2017年、2000-2008,2010,2011年は美術進行), デザイン:石井哲也(2002年)、北原國彦(2003,2004年、2000,2001年は美術)、小山晃弘(2005,2008年)、小林尚弘(2006,2008年)、, 美術進行:高橋徹(2002-2004年)、廣澤陽子(2012-2014,2016年)、吉居真夏(2012年), 大道具:森永伸一(2001,2002年)、小塚信人(2004,2005年)、小山竜太(2006年)、梅澤宏(2007年)、吉村宏嗣(2018年), 小道具:橋本浩一(2001年)、長谷川剛(2002,2003,2008年)、益子直正(2005年)、加藤美祐(2018年), 電飾:青羽亮(2001年)、八木沢市郎(2002,2003年)、橋口善徳(2004年)、対馬淳一(2010年)、千田徹哉(2013,2014年)、大久保敦也(2016年)、佐久間森(2017年), オブジェ:橋本由子(2002-2006年、2001年は装飾兼務)、前西原亜土(2008-2010年), フードコーディネーター:江ノ島サザエ、日本花子(共に2001年)、結城摂子(2002-2017年), 音効:中山孝継(2000,2001年)、山名清久(2001,2003年)、谷内田久貴(2001-2005年)、井上竜一(2002年)、水口隆夫(2003年)、有坂香(2004-2007年)、栗田勇児(2004,2006-2014,2016年)、竹内陽(2005-2007年)、片山由理(2008-2011,2013,2014,2016年)、小関孝宏(2008-2010,2012年)、富田康(2011年)、川口匡暁(2012年)、鈴木路子(2013,2014年)、中平隼人(2014年)、吉田達朗、大峡邦彦(共に2016年)、梅澤駿、鈴木佑太(共に2017年), 編集:長谷川一彦(2000年)、上梶拓也(2001-2003,2005-2007年)、伊藤英二(2001,2002,2004年)、本郷孝之(2004年)、片田亘(2005年)、遠藤貴(2006年)、奈良直樹(2007年)、伊藤宏治(2008,2012年)、小野坂智(2009,2011,2013,2014,2016年)、村上朗仁(2010年)、水田峻介(2016年)、高橋将和、堀内雄大(共に2017年)、照沼健太(2018年)、田代陸(2019年), MA:浜田豊(2000年)、長谷川健次(2001-2008年)、松田直起(2009,2010年)、森祥一(2011,2012年)、宝月健(2013年)、阿部哲也(2014,2016年)、中野亮一(2017年)、志村武浩(2018,2019年), 1999年は生放送で行う予定だったが、志村・所ともに基本的には年末 - 年始は休みのため、VTR収録の形式に落ち着いた。.