小笠原事件(おがさわらじけん)は、1945年(昭和20年)に小笠原諸島父島において日本の陸海軍高級幹部が、アメリカ軍航空部隊の搭乗員である捕虜8名を処刑し、そのうち5名の人肉を嗜食した事件[1]。父島事件とも[2]。, 当時の父島は住民を疎開させた上で要塞化(父島要塞)されており、陸軍の混成第1旅団(旅団長:立花芳夫陸軍少将。3月に第109師団に改編、立花は陸軍中将に進級し第109師団長[3])、海軍の父島方面特別根拠地隊(司令官:森国造海軍少将。森は5月に海軍中将に進級)が守備していた。, 1945年2月、まずは末吉実郎海軍大尉が、独立歩兵第308大隊長の的場陸軍少佐を経由して入手した捕虜を、海軍において処刑し、独歩308大隊において、その遺体を大隊附軍医に解剖させて、摘出した肝臓等を嗜食したという。 日本兵の遺体に向けて何度も拳銃を発砲する米兵:同上 こうした残虐行為や暴行、違法行為とともに、米軍による性暴力の問題を見過ごすことはできないが、これについてはまたあらためて取り上げたい。 それとともに、こうした残虐行為をおこなった� リング (1) 時計レディース (4) すべて. 子供たち(左からキャシー、サム、スーザン)に囲まれるヒロコとビル。短編ドキュメンタリー映画『Fall Seven Times, Get Up Eight: The Japanese War Brides(七転び八起き──アメリカへ渡った戦争花嫁物語)』は、ヒロコを含めた3人の戦争花嫁を題材にしている。PHOTO: COURTESY OF TOLBERT FAMILY, 第2次世界大戦後、何万人もの日本人女性が、米兵である夫に伴って米国へ渡った。そして、彼女たちは米国文化に同化していったPHOTO: NATIONAL ARCHIVES AND RECORDS ADMINISTRATION, ヒロコ・フルカワ・トルバート(85)。筆者キャサリン・トルバートの母である。1952年、ニューヨーク州のエルマイラに移住した。婚家は彼女をスージーと呼んだPHOTO: KAREN KASMAUSKI / THE WASHINGTON POST, 1952年、ナイアガラの滝にて写真におさまる筆者の母ヒロコ・トルバートとその夫、ビル・トルバートPHOTO: COURTESY OF THE TOLBERT FAMILY, 占領下の日本に押し寄せてきた米兵と恋に落ちた日本人女性たちは、「戦争花嫁」と呼ばれる。その多くが家を捨て、言葉もわからない米国に渡った。その背景には何があったのか。そして、アイデンティティの喪失と苦闘しながら戦後を生きた女性たちは、何を思っていたか。戦争花嫁の実の娘、キャサリン・トルバートが1年をかけて調査した驚きの実話。, 彼女は、米軍兵士であった夫(私の父)のことを、ほとんど何も知らないまま結婚した。東京から米国に移住し、ニューヨーク州エルマイラのすぐ外側にある小さな養鶏場へ移り住み、卵を郡内各地とペンシルベニア州へ配達していた。, 男性の遠い親類、あるいは過去につきあったガールフレンドの名前をつけられるのは、どんな気持ちだったろう? 私の母は気にしなかったという。他の日本人女性たちに聞いても、「米国人の名前を持つことで、暮らしやすくなった」と言うだけだ。, そこで、私は最近になって母のもとを訪ねた。ほとんど知りもしない米国人兵士と結婚する選択をした時に、彼女が何を思っていたのか理解したかったのだ。, しかし、話しはじめると、移住して間もない頃の衝撃的なできごとについて、彼女たちは詳細に思い出した。母親についた小さな嘘、結婚相手となる男性へのひと目ぼれ。あるいは、彼女の日本での父親たちと心を通わせるために、米国人男性たちがどれほど優しくまた頑固にアタックしたかについても──。. きもの (43) すべて. document.write(''); noCacheParam=Math.random()*10000000000; document.write(''); noCacheParam=Math.random()*10000000000; 「日本兵は強く、紳士的だった」 寄せ書き日の丸返還の93歳元米兵ストロンボさんの“日本愛”に称賛・感動 (4/5ページ) pr 占領下の日本に押し寄せてきた米兵と恋に落ちた日本人女性たちは、「戦争花嫁」と呼ばれる。その多くが家を捨て、言葉もわからない米国に渡った。その背景には何があったのか。そして、アイデンティティの喪失と苦闘しながら戦後を生きた女性たちは、何を思っていたか。 GHQの検閲を逃れ、“ヒロシマの真実”を世界に初めて伝えた米記者の「知られざる物語」, 「私は幸いにして子供だった」─“りんごを持つ少女”ユキ・ルウェリンが伝える日系人強制収容. document.write(''); noCacheParam=Math.random()*10000000000; 占領下の日本に押し寄せてきた米兵と恋に落ちた日本人女性たちは、「戦争花嫁」と呼ばれる。その多くが家を捨て、言葉もわからない米国に渡った。その背景には何があったのか。そして、アイデンティティの喪失と苦闘しながら戦後を生きた女性たちは、何を思っていたか。 サブカテゴリー. 同月、新しく捕虜となった2名の内、1名は陸軍にて立花旅団長の旅団命令によって処刑・嗜食したとされ、もう1名は海軍にて処刑され、父島方面特別根拠地隊通信隊司令吉井静雄海軍大佐らが特根通信隊において肝臓等を嗜食したという。また、23日には1名を立花陸軍少将の依頼により海軍において処刑・嗜食したとされる。後の証言によれば、立花は米兵の手足の肉や内臓を食べると、「これは美味い。お代わりだ!」と喜んだという。, 第109師団参謀として司令部のある硫黄島から父島に派遣されていた堀江芳孝陸軍少佐は、立花らの素行にかねてから不安を感じており、捕虜の将校を自分の英語教師として身近に置くことで守っていたが、3月26日、外出後に戻るとすでに処刑され森海軍少将・的場陸軍少佐らによって喰われた後であったとされる。, 的場陸軍少佐の部下の供述調書によると、犠牲者の一人であるウォーレン・アール・ボーン(Warren Earl Vaughn)中尉の処刑・嗜食時に的場は以下のような命令を発したという[4]。, 日本の敗戦後、9月2日に父島に上陸した米軍は捕虜の行方の調査を行い、的場大隊および関係者を拘束して事情聴取し、1946年2月に立花陸軍中将・的場陸軍少佐・森海軍中将・吉井海軍大佐、また酒宴に参加するなどしたとされる27名(29名説あり)をBC級戦犯としてグアム軍事法廷にて起訴した。なお米軍は「人肉嗜食」ではなくあくまで「捕虜殺害」「死体損壊」として審理を行っている。, その結果、立花・的場・吉井ら5名が死刑、森(別途、蘭印作戦後第23特別根拠地隊司令官当時の捕虜虐待事件によりオランダ軍による裁判で死刑)ら5名が終身刑、15名が有期刑となった。立花らは処刑されるまでの間、米兵たちの憎悪の対象となり激しく虐待され続けた[5]。, 当時、第二魚雷艇隊の少尉候補生で、この事件が弁護士活動の原点になったという、後に日本弁護士連合会(日弁連)の会長になった土屋公献は、父島に配属されており、ボーン中尉と会話を交わす機会が幾度かあったばかりか、処刑当日は、彼を処刑場に連行する役も務めていた。しかも、初めはボーンの処刑役まで務める予定であった(途中で、処刑役を学徒出陣組の中にいた剣道四段の人物と変更させられる)。処刑されるまでボーンの身近にいた土屋はこの事件の内容について、処刑された場所は秦郁彦のいう砂浜ではなく米軍の砲弾で穴の開いた土の上で、飢餓状態で理性を失った二人の兵士がボーンの遺体を掘り返そうとした事があり、それを当直将校であった土屋が戒めたという。(酒宴を開き人肉を食った場面は直接見ていないという)。, GHQ法務局調査課報告書(INVESTIGATION DIVISION REPORT,LEGAL SECTION,GHQ/SCAP)137号 388号 392号 2704号, 秦郁彦『昭和史の謎を追う』下 p270、また半藤一利・秦郁彦・保阪正康・井上亮『「BC級裁判」を読む』(日本経済新聞出版社、2010年), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小笠原事件&oldid=79143368, James Bradley『FLYBOYS : A True Story of Courage』(Little Brown Books、2003年).