E7@Am Em@@@Am@@@@@@@@@@@Em G@@@@ 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 酒場の隅に置いて行く F C Em 目立たぬように はしゃがぬように Dm D7 G 似合わぬことは無理をせず F ... 初心者向け簡単コードVer. 友人が「あんなの簡単だよ!」とか言ってたんですが... Am / そこで本記事では、au PAYが使えるコンビニ、au PAYをコンビニで使うメリット・注意点など気になるポイントについて解説していきます。, 楽天ペイはどこで使えるのか知りたいという方のために、この記事では楽天ペイが利用できる店舗を徹底解説します。またアプリで楽天ペイの使えるお店を検索できる機能もあり、画像とともに検索方法を解説します。, 「Kyashって最近よく聞くけど一体なに?」、「Kyashを使うとお得になるの?」という方は多いのではないでしょうか?Kyashとはスマホで誰でも簡単に、ネットショッピングで利用できるプリペイド式の「Kyash Visaカード」が発行できるアプリです。スマホにKyashをインストールすることで、すぐに利用することができます。また、買い物だけでなく、アプリ間で友達同士で送金や割り勘もすることができます。Kyashはうまく活用することによってポイントの4重取りをすることが可能で、最大還元率を8.0%にできます。運営会社が2018年8月に実施した利用者満足度調査では95.4%と、多くのユーザーからの支持率が高いサービスです。この記事でKyashについて知識を高めて、お得な日々を過ごしましょう。, NTTドコモが提供する決済サービスは「d払い」と「ドコモ払い」です。この2つは似ているようでサービスに大きな違いがあります。d払いはドコモユーザー以外にも提供されていますが、ドコモ払いはあくまでドコモユーザーのみ利用できます。また支払い方法についてもd払いはクレジットカード対応ですが、ドコモ払いは非対応。この2つの決済サービスをお得に利用するためには、どのような使いかたがよいのでしょうか?, d払いを使用するとdポイントをどんどん貯められます。d払いの利用金額に対して実店舗で0.5%、インターネットショップでは1.0%の還元率。さらにdカードやdカードGOLDを支払い方法に設定すると、dポイントの二重取りも可能です。またdポイントカードをd払いの前に提示すれば、さらに1.0%が追加されます。つまり三重取りポイントの完成です。d払いでdポイントを効率よく貯める方法を徹底解説します。, d払いとは国内の大手通信事業者、NTTドコモが提供するQRコード決済サービスです。 –Ú—§‚½‚ʂ悤‚Ɂ@‚Í‚µ‚Ⴊ‚ʂ悤‚É 2019年10月の増税や東京オリンピックに向けて政府がキャッシュレス化を推し進めており、これからさらに日本のキャッシュレス化は進んでいくことが予想されます。最近、「キャッシュレス」という言葉がテレビや友人との会話などで飛び交っており、話についていけていない方もいるのではないでしょうか。そこでマネ会では、キャッシュレスとはそもそも何かといった基礎知識から、キャッシュレス化によるメリット、キャッシュレス決済サービスの選ぶ基準まで、わかりやすく説明します。これを読めばきっとキャッシュレスのすべてが分かり、時代の波に乗り遅れずにすむことでしょう。, 月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動するが、メインはクレジットカード&デビットカード、電子マネーなど。とくにSuicaは2001年のサービス・スタート以来の愛好者で、通勤から買い物まで活用している。年に4回ほどクレジット&電子マネーのムックを出版しており、最新情報にも詳しい。2020年東京オリンピックを目指して始まったキャッシュレス促進の利用者側に立ったオピニオンリーダー。, キャッシュレスとは、現金(キャッシュ)を使わずにお金のやりとりをすることです。キャッシュレスと聞くと難しく考えてしまうかもしれませんが、クレジットカードや、Suicaなどの電子マネーも「キャッシュレス」に当てはまります。こう考えると、すでに「キャッシュレス」での決済を知らず知らずのうちに使っていて、非常に身近な存在ということが分かります。近年、様々な会社がキャッシュレス決済のサービスを出していることから、「キャッシュレスって色々ありすぎていまいちよくわからない」という方が多いと思いますので、順を追って説明していきます。, キャッシュレス決済はコード決済(QRコード・バーコード決済)、非接触型決済(電子マネー決済)、接触型決済(クレジットカード決済・デビットカード決済・プリペイドカード決済)、オンライン決済があります。, しかし、これだけ聞いてもよくわからない単語が増えて、余計に分からなくなってしまうと思うので、それぞれ詳しく解説していきたいと思います。, この決済方法は、近年急速に普及しているキャッシュレス決済サービスです。店頭に置かれたQRコードを専用アプリで読み取ったり、専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗の専用端末で読み取って決済する方法です。LINE Pay、PayPay、楽天Payなどが代表的なサービスで、ポイント付与のキャンペーンなどが頻繁におこなわれています。アプリをダウンロードすれば決済できるため、スマートフォンがあればすぐに利用できます。また、QRコード・バーコード決済サービスはクレジットカードがなくても、銀行の口座があれば登録ができるものが多いため、「クレジットカードを持っていない」、「クレジットカードをあまり使いたくない」という方でも、気軽に利用できると思います。個人間の送金に対応しているものも多く、飲み会の際の割り勘などにも便利です。, コード決済は消費者が利用しやすいだけでなく、店舗側にとっても導入しやすいため、利用できる店舗が急激に増えています。コード決済は導入の際にスマートフォンまたはタブレットがあれば対応ができ、クレジットカード決済のように端末費用が掛からないため、初期費用を抑えることができます。また、コード決済は店舗側の端末に個人情報が記録されないため、情報漏洩リスクを背負わずに導入ができます。このような背景から、個人経営の店舗においても導入が進んでいるのです。, お店側の話になりますが、クレジットカード会社のルートで導入すると、初期費用ではクレジットカード端末だけで数万円かかります。決済代行全般を扱う業者に頼むとクレジットカード端末を含めてコード決済も初期費用は実質無料になることが多いようです。, コード決済は屋台や移動販売などこれまでクレジットカードが使えなかったところに入っていくでしょう。他に商店街の中小小売店や理容、美容、自転車店、定食屋、宝飾店なども増えていくでしょう。また小規模店が多い日本海側の町や過疎で苦しむ地域ではクレジットカード決済よりもコード決済がメインになる可能性があります。, 非接触型決済はICカードやスマートフォンと店舗や駅の改札にある専用の端末との間を電波を用いて決済する方法です。Suicaやnanacoなどの電子マネー決済がこれにあたります。クレジットカードのように専用の機器に挿入して、暗証番号を入力したり、コード決済のようにコードを読み取ることはなく、専用の端末にタッチすることで決済が完了するため、支払いのスピードが非常に早いです。Suica、nanaco、楽天Edy、WAONがメジャーでしたが、最近ではiDやQUICPayを使う方も増えています。素早くスマートに決済ができるため、急いでいるときは便利です。非接触型決済はコンビニや自動販売機でスピーディーに買い物をするときによく使われるため、少額の決済で使う方が多い決済方法になっております。, Apple Pay、Google Pay自体は電子マネーの名前ではなく、複数の電子マネーやクレジットカードをスマホに管理できる機能でウォレットと呼ばれており、いわば財布のようなものです。Apple Pay、Google Pay上に登録した電子マネーやクレジットカードを選択し、専用の端末にかざすと決済ができます。クレジットカードを登録すると、iDやQUICPayとしてそのクレジットカードを利用できるようになります。クレジットカードによってiDに対応しているもの、QUICPayに対応しているものが決まっています。好きな方を選べるということではないので注意が必要です。クレジットカードや、Suicaなど電子マネーを各種登録しておくことによって、スマホ1つで、電車に乗れて、電子マネーが使えるお店なら決済もできます。Apple Payではまだ対応していませんが、Google PayではTカードやdポイントカードなども登録でき、ポイントカードもスマホひとつで管理できます。, 接触型決済はクレジットカードや、デビットカード、プリペイドカードなどのカードを専用の端末に挿入したり、スライドしてカード情報を読み取ってもらって決済する方法です。今まで説明してきた、コード決済や非接触型決済、これから説明するオンライン決済は、一部口座登録のみで利用できるものもありますが、基本的にはクレジットカードなどのカード情報が必要になります。さらに、接触型決済は一番古くからあるキャッシュレス決済サービスになり、使える店舗が多いため、クレジットカードは1枚持っておくことをおすすめします。, オンライン決済はネットショッピングの普及とともに需要が高まってきました。オンライン決済とはその名の通りインターネット上で決済することです。オンライン決済サービスの特徴はさまざまですが、クレジットカードや銀行口座を登録すると、IDとパスワードのみで金銭の取引が可能です。楽天やAmazonで買い物をしたことはありますか。私たちはインターネット上で楽天やAmazonを通して色々なお店の商品を見て買い物をしています。そしてカード情報は楽天やAmazonが管理しており、お金の受け渡しを仲介してくれています。これがオンライン決済です。私たちは知らず知らずのうちにオンライン決済に触れているのです。オンライン決済サービスを通すことで、お店や取引している相手にクレジットカード情報や銀行口座情報を教えることなく取引ができるのです。海外のサイトや個人ショップとやり取りするときに安心して取引ができます。また、利用しているオンライン決済サービスが、複数のECサイトなどと連携していると、それぞれのECサイトにクレジットカードを登録しなくても、それぞれで決済ができるのもポイントです。, ここまで、コード決済、非接触型決済、接触型決済、オンライン決済とそれぞれについて説明してきました。決済サービスは日々進化しており、サービスによっては複数の決済方法に対応しているものも登場してきています。例えばAmazon Payはオンライン決済とコード決済に対応していたり、LINE Payはコード決済と電子マネーのQUICPayとして利用できたりします。クレジットカードでも電子マネーのように専用端末にタッチすれば決済ができるものも出てきました。今後このように決済サービスは進化していき、コード決済だけ、非接触型決済だけなど、決済方法がひとつだけというのが減っていくでしょう。そして、さまざまな決済方法に対応していくサービスが増えていくのではないかと考えられます。, キャッシュレスの手段としては、クレジットカード、電子マネー、コード決済の3つがあります。今はコード決済にスポットが当たっていますが、それはキャンペーンを事業者が競いあっているから。今後、消費増税や東京オリンピックといったイベントが続くから当分はこのブームは続くと思いますが、2020年春頃が一つの目安ではないでしょうか。そうなると、キャッシュレスの主役もポイント(利得)より使いやすい(利便)のほうが良いとなって、電子マネーにシフトが始まるでしょう。スマホを使った決済というのは、初心者には抵抗があるから、最初は板カードの方がオススメ。交通系電子マネーなら全国のコンビニで確実に使えるので、高齢者にまずお勧めできるツールといえます。, キャッシュレス決済は支払いのタイミングが決済サービスによってさまざまで、3つのタイミングに分かれています。そのため、キャッシュレス決済を利用する際はどのタイミングで支払いが発生するのかを事前にチェックしておいた方がよいです。, それぞれの決済方法について、代表的なサービスの紹介と一緒に説明していきたいと思います。, 前払い方式はプリペイドとも呼ばれ、名前の通り、先にお金を払う支払い方式です。Suicaやnanacoなどが代表的なサービスで、事前にお金を媒体にチャージしてその金額内で支払いをします。以前までは電子マネーがメインで、現金でチャージするものが多かったです。しかし、最近ではコード決済型も前払い方式ができるようになっており、銀行口座やクレジットカードと連携させて、オンライン上でチャージできます。ある金額以下になると自動でチャージされるオートチャージの機能があるものもあり、いちいちチャージするのが面倒という方にはオートチャージはおすすめです。チャージした分しか使えないため、使いすぎることはなく、使用する金額の管理がしやすいです。少額の支払いや、キャッシュレス決済を使ったことがない方にとっておすすめの支払い方式です。, 即時払い方式はリアルタイムペイと呼ばれ、支払いをしたと同時に口座からお金が引き落とされる支払い方式です。デビットカードが代表的なものですが、最近だとゆうちょ銀行の新サービスでゆうちょPayが誕生しました。デビットカードは銀行口座があればだれでも持てるカードで、クレジットカードのように審査がないため、未成年の方でも持つことができます。リアルタイムペイは支払った金額がすぐに銀行口座に反映され、口座に入っている金額以上は利用できないので、お金の使いすぎが不安な方におすすめです。, 後払い方式はポストペイと呼ばれ、商品やサービスを購入した後に口座から引き落とされて支払いが完了する支払い方式です。クレジットカードが代表的なものですが、QUICPayやiDなどの電子マネーやLINE Pay、PayPayなどのコード決済サービスでクレジットカードを結び付けて支払う場合も、後払い方式になります。後払い方式は事前のチャージや口座の残高を気にせずに支払いができるので、手間がかからず楽に決済ができます。しかし、後払い方式は支払いが1ヶ月~半年後になるので、使いすぎて後々支払うことができなくなる恐れがあります。支払いができずに遅延してしまうと、信用情報が傷つき、クレジットカードを作れなくなったり、家や車を買うときにローンが組めなくなることがあるので注意が必要です。, キャッシュレス化が進んでいる要因として、キャッシュレス決済をすることによるメリットが大きいことが挙げられます。キャッシュレス化による消費者側のメリットは大きく4つあります。, キャッシュレス化によるメリットとして、まず現金を持ち歩かなくてよくなることが挙げられます。小銭のせいで財布がパンパンになったり、レジで財布の中から必死に小銭を探して恥ずかしい思いをしたり、ATMからお金を下ろす際に手数料がかかり損したと感じた経験はないでしょうか?キャッシュレス決済は現金を使わないので、そのようなことはなくなります。電子マネーやコード決済アプリをスマホ上に登録しておけば財布をカバンの中から出さず、スマホ一つで決済を済ませることができます。ATMからお金を引き出すこともしなくてよくなるので、ATMでの手数料もかからずに済むことになります。また大金をおろすこともなくなるので、現金を盗難される心配もなくなります。プリペイド型の電子マネーはあまりありませんが、クレジットカードやコード決済サービスは保証がついてるものもあり、不正利用されたとしてもその金額が返ってくることは多いので、もし盗難にあった場合でも安心です。, キャッシュレス決済は支払額に応じたポイントを貯めることができます。例えば、PayPayは200円につき1ポイントのポイントが還元され、1ポイント1円として使えます。キャンペーンなども不定期で行っており、20%分のポイントが還元されることもあります。同じ金額を払うなら、ポイントがもらえてお得に買い物できるキャッシュレス決済の方がいいですよね。, 「いくら使ったか管理したいけど面倒くさくてできない」、「家計簿をつけようと思っても三日坊主で終わる」、「家計簿付けるためにレシートを毎回もらうから財布がパンパンになる」という方もいるのではないでしょうか?キャッシュレス決済は利用履歴が残ります。コンビニや自動販売機での細かい支払いの履歴も残るので、記録忘れがなくなります。最近では、支払い履歴をアプリで自動的に取得してくれて家計簿をつけてくれるものもあり、管理が非常に簡単にできます。, クレジットカードはカード会社の審査を通過することによって持つことができます。金融事故を起こしている場合などは持つことができません。そのため、クレジットカードを持っていることによって、社会的な信用を示すことができます。キャッシュレス決済はクレジットカードと紐づけることが多いため、キャッシュレス決済を使うことで間接的に社会的信用を示すことができます。また、クレジットカードにはステータスカードと呼ばれる、一定の年収がある方やカード会社から認められた方でないと持つことができないカードがあります。ステータスカードでは、より高い社会的信用を示すことができます。, キャッシュレス化はメリットだけではなく、デメリットもあります。デメリットのことも考えてキャッシュレス決済にするかどうかを考えたほうが良いでしょう。キャッシュレス化による消費者側のデメリットは3つあります。, 1について、大都市のお店やチェーン店はキャッシュレス決済に対応している場合が多いですが、地方や個人経営などの小さいお店ではまだまだキャッシュレス決済が対応していない場合があります。また、すべての決済方法に対応している場所はごくわずかで、クレジットカードは使えるが電子マネーやコード決済は対応していなかったり、クレジットカードもVISAは使えるがJCBが使えないという場合があります。2については、現金でしか受けつけていない場所が多いです。ただし、日本はキャッシュレス決済を推し進めるので、今後このあたりの支払いもキャッシュレスでできるようになっていくのではないでしょうか。3について、キャッシュレス決済は災害や停電で電気が止まったときは支払いをすることができません。また、スマホの電源が切れたときは、スマホに登録した電子マネーやコード決済は利用できません。そのため非常時のために現金を多少持っておく方が安心できます。, 後払い方式のものは、商品やサービスの支払いをした、1ヶ月後などに口座からお金が引き落としされるようになっています。そのため口座にあるお金より、多くお金を使えることになります。現金のようにお金が減っていくのが目に見えてわかりづらいため、気づかずに使いすぎてしまうという方もいます。使いすぎて返済ができなくなってしまうと、信用情報が傷ついて、クレジットカードを作れなくなったり、家や車を買うときにローンを借りることができなくなったりする恐れがあります。後払い方式のものはいくら使ったかというのを管理しておくことが大切です。最近ではアプリで管理できるものが出てきており、スマートフォン一つで簡単に管理ができます。, キャッシュレス決済はハッキングやスキミングなどによって不正利用される可能性があります。しかし、PayPayの不正利用問題でもあったように、不正利用された分は返金されることが多く、お金を誰かに使われた際の心配はそんなにしなくても大丈夫でしょう。またセキュリティ技術もレベルが上がってきており、簡単に不正利用される恐れは低いでしょう。, ここまで色々と説明してきましたが、「キャッシュレス決済って色々あってメリットがあるのは分かるけど、結局何を使えばよいかわからない」という方は多いのではないでしょうか?キャッシュレス決済の方法は大きく分けて次の3つがあります。, 急速に普及しつつあるQRコード決済のメリットを簡単におさらいしてみましょう。QRコード決済は、クレジットカードや電子マネーとは異なり、カードを持ち歩かなくてもよいというメリットがあります。暗証番号の入力や署名の手間も必要ありません。もともと還元率が高いQRコード決済や、特定の店舗や期間中に高還元を実施するキャンペーンがあることもあります。クレジットカードと紐付けることでポイントの二重取りをすることもできます。また、QRコード決済全体でみれば、前払い・即時払い・後払いのいずれの支払い方もカバーしており、「後払いでは使いすぎが心配」という方にもおすすめの決済方法といえます。具体的におすすめのQRコード決済のサービスを紹介していきます。, PayPayはアプリでQRコードやバーコードを読み取って決済する、キャッシュレス決済サービスです。銀行口座を登録してチャージしたり、クレジットカードを登録して決済することが可能です。100憶円キャンペーンで大きな話題となったのも記憶にある方が多いのではないでしょうか。100億円キャンペーンは終了してしまいましたが、PayPayでは常に様々なキャンペーンを実施しているため魅力的なQRコード決済であることには違いありません。通常のPayPayの還元率は最大で3%でしたが、2019年10月1日からは1.5%へと引き下げられてしまうということです。さらに、1.5%の還元を受けられるのは、PayPay残高にチャージしてから支払うかYahoo! Em / Em / @–²‚Ì‚É‚ª‚³‚ð’m‚è‚à‚¹‚¸@–²‚ð‚³‚ª‚µ‚ā@‚¢‚é‚ñ‚¾‚낤