土人の櫛柱(どじんのくしばしら) Pachycereus pecten-aboriginum メキシコ北西部等原産 濃緑の肌と長さの揃った刺を持つ美しい柱サボテン。果実には刺が並び原産地の原住民が櫛として利用できるということから学名が名付けられ、和名は学名のそのままの翻訳。 させないと老化が元から進み醜くくなりやすい。 多肉植物専門店ビスタ. …, 2018年6月7日 柱サボテンの育て方を紹介しているページです。柱サボテンは垂直方向に伸びるサボテンの総称で、大型の鉢植えはインテリアにも映えます。このページでは柱サボテンの特徴、上手に育てるコツ、株の選び方、植え替え方法や増やし方等を説明しています。 みなさんはサボテンを育てたことがあるでしょうか。近所のお花屋さんなどでも手軽に購入出来るサボテンは今密かなブームになっています。そこでサボテンの種類を写真で解説しています。更に、おすすめサボテン図鑑と育て方のコツをまとめました。, サボテンは約5000種類以上も存在し、品種改良によって日々新しい種類が増え続けています。サボテンというと、砂漠に育つ水のいらない植物というイメージを持つ方が多いかと思いますが、実際はどうなのでしょうか。, サボテンの原産地は、アメリカ大陸とその周辺の島だそうです。気温が高く乾燥している地域のみ自生しているイメージがありますが、実際は熱帯の森林地帯で育つ種類や、寒さに強い種類もあります。, 食べられる種類のサボテンもあります。味はあまりないそうですが、シャキシャキといた食感が楽しめるそうです。, 鮮やかなピンク色が目を引くドラゴンフルーツも、サボテン類の実です。見た目がかわいいだけでなく、暑い夏に食べると美味しいですよね。, ちなみに、「サボテン」という言葉は日本語だそうです。音の響きが可愛い言葉ですね。英語では、「カクタス」と言います。, サボテンは、日当たりがよく雨の当たらない場所に置きましょう。室内で育てる時も、1日に3~4時間は日が当たる場所に置いて下さい。, 例外もありますが、ほとんどの種類のサボテンは暑さに強く寒さに弱いので、最低気温5℃ 最高温度40℃ が適しています。, 水は、土が乾いたら鉢の底から水が流れる位たっぷりあげて下さい。サボテンは、水をあげなくても大丈夫と思われがちですが、水をあげないと枯れます。, サボテンのイメージは、『乾燥しているところに生えている植物』ではないでしょうか。しかし、乾燥しているところに生えているからといって水を極端に少なくするのは良くありません。また、日中の特に真昼はあげない方が無難です。なぜなら腐ってしまったり、水滴による日やけの原因になるからです。, 価格 ¥1,026 NHK出版 (編集)多肉・サボテン本の決定版ともいえる図鑑です。NHK出版よりサボテン初心者さんに向けた図鑑で、『趣味の園芸ビギナーズ』から生まれました。多肉植物やサボテンを育てるコツやポイントなどを分かりやすく紹介しています。, NHK「趣味の園芸ビギナーズ」 はじめて育てる! 多肉植物 サボテン | NHK出版, 価格 ¥1,404国際多肉植物協会 (監修)こちらは人気のあるサボテンの247種類を紹介しています。サボテンの基本の育て方、そして寄せ鉢や寄せ植えまで、写真付きで分かりやすく解説されています。, 価格 ¥1,944主婦の友社 この図鑑は、多肉植物約700種類と、サボテン約100種類が紹介されています。それぞれが個性豊かで癒される多肉植物たちの魅力をたっぷりと伝えてくれます。, サボテンにはどのような種類があるのでしょうか。大まかな種類に分けて、写真でみていきましょう。, フェロカクタス属 神仙玉(シンセンギョク)刺の色が真っ赤になる種類のサボテンです。 赤い刺と緑のコントラストが、きれいですね。, フェロカクタス属 金冠竜(キンカンリュウ)綺麗な黄色い刺を持つ種類のサボテンです。栽培を簡単なので、初心者にもおすすめの種類です。, エキノカクタス属 金鯱(キンシャチ)金色の刺を持つのサボテンです。 日光が大好きな種類です。植物園でもよく見かけるサボテンです。, コピアポア 黒王丸(コクオウマル)初めは球形に成長し、徐々に円筒に成長していく種類のサボテンです。黒い刺がかっこいいサボテンです。, エキノフォスロカクタス属 振武玉(シンブギョク)長く伸びる刺が特徴のサボテンです。ランダムに伸びている感じがおしゃれなサボテンですね。, ネオポルテリア属 白翁玉(ハクオウギョク)触っても痛くない白い刺を持つ種類のサボテンです。ピンクの花もかわいいですね。, 岩牡丹(イワボタン)牡丹類の代表的な種類のサボテンです。外国では、「Living Rock 生きた岩」と呼ばれているそうです。白い花が咲きます。, ゴジラ亀甲牡丹(キッコウボタン)その名の通り、ゴジラのようなボコボコした肌を持つ種類のサボテンです。サボテンとは思えない、個性的な見た目ですよね。, 連山(レンザン)白い毛が特徴のサボテンです。かなり個性的な見た目ですね。成長がすごくゆっくりな種類です。, ロホホラ 子吹鳥羽玉(コフキウバダマ)トゲの無い種類のサボテンです。指で触れた感触が、赤ちゃんのほっぺみたいで癒されますね。子がドンドン芽吹き群生することから、縁起の良いサボテンといわれています。, コリファンタ属 象牙丸(ゾウゲマル)寒さ・暑さにも非常に強いサボテンで初心者にも育てやすい種類です。紫紅色の綺麗な花を咲かせます。, エキノプシス属 短毛丸(タンゲマル)大きな白い花を咲かせるサボテンです。一年中屋外に置いても育てることが出来る、丈夫な種類なので初心者にもおすすめです。, コリファンタ属 鳳華丸(ホウカマル)黄色の花がかわいいサボテンです。刺は星のように見える生え方で、白い綿毛も生えます。, 金晃丸(キンコウマル)園芸店でも比較的よく見かける花サボテンの代表種類です。丈夫で花を咲かせやすいので、初心者向きです。, ウチワサボテン 金烏帽子(キンエボシ)サボテンらしい見た目のサボテンです。メキシコ中部では自生しているそうです。, キリンウチワサボテンらしくない見た目ですが、これもサボテンの種類です。室内に置けば、かわいくておしゃれなインテリアになりますね。, 袖ヶ浦(ソデガウラ)小さい刺が可愛らしいサボテンです。寒さに強く、成長のスピードも速い種類のサボテンです。, サボテンの種類についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?本当に色々な種類があるので、育てる環境や見た目の好みなどに合わせて選んでみて下さい。サボテンは種類によっては、水栽培も可能です。鉢植えも可愛いですが、水栽培もおしゃれな見た目ですね。また、海外の缶詰の空き缶を鉢代わりにしてもおしゃれです。. 人気種を中心に毎週追加更新! 多肉植物・サボテンファンのための図鑑データベースです。基本データ、解説、育て方・栽培方法まで、信頼できる情報をお届けするため、確かな知識を持つ専門家が執筆・監修。名前から調べられるだけでなく、特徴や色、分類からも好みの多肉植物を探せます。 個性的な見た目は、…, 2018年6月8日 チクリン(サボテン)図鑑 柱サボテン. サボテンは品種改良されたものも多く、2000種類以上もあると言われています。サボテンを形や特徴を種類別にして厳選しました。形から選ぶことも、育てやすさから選ぶことも出来るのでサボテンを育ててみたい方は参考にしてみてください。 白雲閣: 老楽: アズレウス: 飛鳥閣: 銀衣: 春衣: ブラディー: 仙人閣: 大王閣: 上帝閣: 朝霧閣: 雷神閣: 幻楽: 武倫柱: 近衛柱 : 玉サボテン. 森林性紐サボテンの多くは花が大きく美しいため、多くの交配種も作出されています。 当サイトで扱う森林性サボテン、森林性紐サボテンについては、左コンテンツメニューの「森林性紐サボテン」以降をご覧ください。 森林性サボテンの分類 HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap, 「サボテン」ときいて多くの方は砂漠の大地につきたつ姿を思い浮かべるのではないでしょうか?そのサボテンは、「柱サボテン」という種類です。 園芸・造園のメッカ、埼玉県深谷市にて、江戸時代より8代の園芸技術の蓄積を持つナーセリービスタ(Nursery VISTA)で、多肉植物を100%生産・直売している多肉植物専... 鋭いトゲが特徴のサボテンですが、見た目のバリエーションは豊富で、トゲの有無、丸型や柱状などさまざまな形をしています。中には花を咲かせる種類もあり、インテリアとして室内に取り入れている方も多くいますよね。, 他の植物に比べて乾燥に強く、水やりなどの手間がかからないところも好まれるポイント。今回は、そんな室内で育てるのにおすすめサボテンの属の種類やその中の代表品種をいくつかご紹介します。, サボテンとは、サボテン科に属する植物の総称です。サボテンの多くが砂漠などの高温乾燥地が自生地のため、肥大化した茎や葉っぱに水分を溜め込む力を持っています。つまり、サボテンは多肉植物の仲間になります。また、外敵から身を守るためにトゲやアレオーレという綿毛が発達して、他の植物と比べて独特の容姿しているのもサボテンの特徴です。, サボテンは、約140属2,000種以上が存在しているといわれています。園芸においての代表的な種類は7つほどで、「玉サボテン」「柱サボテン」「ウチワサボテン」「エビサボテン」「木の葉サボテン」「森林性柱(紐)サボテン」「葦サボテン」などがあります。, 種類によって形や性質、色などに細かい違いがあるので、それらの特徴をまじえながら室内で育てるのにおすすめの属15選と、その代表の種類を1〜2ずつご紹介します。, ブラジリカクタス(パロディア)属は、「ブラジル」を原産とするサボテンです。美しい花が長く咲き続けるため、品種数は少ないのですが、ファンが多い種類でもあります。見た目は、細長い球形で「刺座(アレオーレ)」と呼ばれる白い綿毛と細かいトゲが表面に生えています。, 雪晃(セッコウ)は、球型で、白く細かいトゲをたくさん生やすブラジリカクタスの品種です。ほとんどのサボテンは2~3日で花が枯れてしまいますが、雪晃は2週間もの長い間、鮮やかな赤や黄色の花を咲かせます。白いトゲと鮮やかな花色のコントラストが美しいサボテンです。, ボコボコの突起が重なりあって山の様な形をしているコリファンタ属。ゴツゴツとした岩山のような見た目からは、男性的な強さが感じられます。代表品種である「鳳華丸」や「象牙丸」のように、頭頂部が白い綿毛で覆われている品種が多くあります。, 象牙丸(ゾウゲマル)は、コリファンタ属に分類される、ゴツゴツとした茎に細く鋭いトゲを生やすサボテンです。表面はツヤのある濃い緑色をしており、上部に綿毛をつけます。暑さにも寒さにも強く、開花期には淡い紫色の大きな花をてっぺんに一輪咲かせます。, 高温多湿の環境を得意とするエキノプシス属は、日本でも育てやすく市場にもたくさんの品種が出回っている種類です。生長も早いのですぐに大きくなり、大型の花を咲かせます。, 短毛丸(タンゲマル)は、エキノプシス属の園芸品種の1つです。トゲが短いことから名付けられました。はじめは球形ですが、大きくなるにしたがって細長くなり、円筒形へと姿を変えます。子株が増えやすく、放っておくと群生しやすいサボテンです。, オプンチア属は、平たい茎が連なってつくウチワサボテンの1種です。茎の表裏には鋭いトゲを何本も生やします。生長が早く、丈夫で栽培も簡単なので、初心者でも手をつけやすいですよ。, 金烏帽子(キンエボシ)は、平べったい茎を生やすウチワサボテンの1種です。烏帽子(エボシ)に似た形をしていることにちなんで名付けられ、うさぎのような形をしている小さな株は、100均でも見かけることがあります。, エキノカクタス属は、いわゆる「サボテン」のイメージに一番合う種類です。風格のある姿で、トゲの色も赤、紫、黄色、褐色など変化に富んでいるのが特徴です。, 金鯱(キンシャチ)は、エキノカクタス属の園芸品種です。トゲが黄色で、球形をしています。エキノカクタス属の中でも1番知られている園芸品種かもしれません。, フェロカクタス属は、強刺類とも呼ばれる種類で、長いトゲをもっています。寒さに強く、育てやすいため初心者におすすめ。代表品種には、「神仙玉」「江守」「金冠竜」などがあります。, 鯱頭(シャチガシラ)は、フェロカクタス属らしい長いトゲを節々から何本も生やす品種です。生長するにつれてトゲは赤みを増しながら伸び、株全体を覆いつくすようになります。また、直径10cmほどの小さいときからてっぺんに黄色い花を咲かせて楽しませてくれます。, コポアポア属のサボテンは、「強刺類」の1種で灰褐色や黒っぽい色をした太いトゲが魅力の種類です。「黒王丸」「コピオピア・ギガンデア」などが代表品種です。, 節から太く短いトゲを1〜2本ずつ生やすのが、黒王丸(コクオウマル)です。生長がゆっくりのため、お手入れの手間が少なくてすみます。大きくなるにつれて表面が白くなっていき、黒いトゲと合わさって独特の色合いになります。, 一般的なサボテンのイメージとはちょっと違い、トゲがなく、ふかふかの饅頭のような姿をしているウバタマサボテン(別名ロフォフォラ、ロホホラ)属です。多肉植物に近い見た目をしています。弾力性のある株の刺座(アレオーレ)からは白い綿毛の束がでています。, 烏羽玉(ウバタマ)は、トゲではなく白い綿毛を生やすことが特徴のサボテンです。開花期になると淡いピンクの花を株のてっぺんに咲かせます。北アメリカ南部からメキシコにかけて自生し、ネイティブ・アメリカンは薬草として儀式などの際に利用していました。, アストロフィッツム属のサボテンは、上から見た形が星の形で、肌にも小さな白い星の様な点を散りばめていることから、「有星類(ユウセイルイ)」とも呼ばれます。, 恩塚鸞鳳玉(オンズカランポーギョク)、碧瑠璃鸞鳳玉(ヘキルリランポーギョク)、兜丸(カブトマル)、瑞鳳玉(ズイホウギョク)、白鸞鳳玉(シロランポウギョク)、群鳳玉(グンポウギョク)などが代表品種です。, 兜丸(カブトマル)は、武士の兜のような見た目をしている園芸品種です。数あるサボテンの中でも特に人気の種類で、育て方がややむずかしいとされています。強い光と寒さが苦手なので、室内の暖かい場所で育てるのがポイントです。, 碧瑠璃鸞鳳玉(ヘキルリランポウギョク)は、トゲのないアストロフィツム属の品種です。本来、アストロフィツム属のサボテンには表面に白い斑点がありますが、碧瑠璃鸞鳳玉にはそれがなく、全体が深緑色をしています。, 碧瑠璃鸞鳳玉錦(ヘキルリランポウギョクニシキ)というさまざまな色の斑の入る品種もあります。, ギムノカリキウム属は、丈夫で育てやすく、サボテンの中でもポピュラーな園芸品種が多い種類です。分類される品種が多いので見た目は様々ですが、株が若い頃から花を咲かせるのが特徴。, 「光琳玉」「新天地」「海王丸」「牡丹玉」「天平丸」「怪竜丸」「バッテリ」「守殿玉」「鳳頭」「龍頭」「瑞昌玉」などが代表品種です。, 緋花玉(ヒカギョク/ヒカダマ)は、4~9月の長い間真っ赤な花を咲かせる園芸品種です。耐寒性が高く丈夫で育てやすい点や、直径12cmほどの小型品種である点から人気を集めています。, 緑色の茎の先に、赤や黄色の花が咲かせたようなユニークな姿が特徴の緋牡丹(ヒボタン)。実は、緋牡丹はてっぺんの色付いた部分だけで、緑色の茎は接ぎ木した別のサボテンです。, 緋牡丹はもともと葉緑素を持たず単体では育てないことから、接ぎ木で育てたものが流通しています。また、接ぎ木のため長期的な育成はむずかしいため、切り花のうような感覚で楽しむのがおすすめです。, テロカクタス属は、大輪の花を咲かせ、姿もユニークで親しみやすいサボテンの種類です。ツルツルした小さな山が集まったようなサボテンの「天晃(テンコウ)」、大きなイボに太く長い刺をもち、花も刺も大きく美しい「獅子頭(シシガシラ)」がよく出回ります。, 天晃(テンコウ)は、丸みを帯びた茎がたくさんつなぎ合わさったような見た目をしているサボテンです。テロカクタス属の代表品種で、南北アメリカの広い範囲に分布しています生長するにしたがって、トゲが長く伸びていく姿は、フェロカクタス属の「鯱頭」とよく似ています。, 春先の園芸店でお馴染みのサボテンといえば、エリオカクタス属です。育て方が簡単で手間いらずなので、初心者の方でも安心して楽しめます。黄色いトゲを生やすことが特徴です。, エリオカクタス属らしい、黄色いトゲを茎全体にびっしりとつける金晃丸(キンコウマル)。接ぎ木で増やすのも簡単で、群生しているように仕立てて販売されていることが多い園芸品種です。花を咲かせることはほとんどありませんが、大型のサボテンを育てたい方に向いています。, 肉厚な三角形の葉っぱを重ね合わせたような姿をしているのがアリオカルプス属のサボテンです。メキシコが原産で、てっぺんに大きなピンクや白の花を咲かせます。, 黒牡丹(クロボタン)は、トゲがなく寒さや暑さに強いことから人気の園芸品種です。また、1年に数mmほどしか生長しないため、植え替えの手間が少ないのも特徴の1つです。ただ、流通量が少ないので、見つかった後にすぐ育てられるよう常に準備しておきたいですね。, ラテン語で「コブや疣(イボ)がある」という意味をもつマミラリア属。トゲが疣(イボ)のてっぺんから生えているところから、「疣サボテン」とも呼ばれます。全体的にまん丸で、白いとげに覆われている小型種が多いです。, 白鳥(ハクチョウ)は、白くて軟らかいトゲで覆われた姿が美しいサボテンです。針は触っても痛くなく、ふわふわとした感触をしています。また、鮮やかなピンクのかわいらしい花を咲かせることからも人気があります。, 白珠丸(ハクジュマル)は、マミラリア属のサボテンには珍しく、トゲが四方八方に長く伸びる品種です。長く育てていると直径1mほどと大きく育つものも多く、株元からは次々と子株を生やして群生します。夏になると、小さな花をいくつも咲かせるのが特徴です。, エピテランサ属は、株全体が白い綿毛で覆われている姿が涼しげな種類です。子株が増えやすく、群生しやすい性質をもっています。小型のものが多く、いくつもサボテンをコレクションしたい方におすすめです。, 月世界(ツキセカイ)は、小さな子株をぽこぽことたくさん生やすエピテランサ属の品種です。その姿は、サボテンというよりは森の中に生えるキノコを思い起こさせるかわいらしさがあります。丈夫で育てやすく、種から増やして楽しむのもおすすめです。, サボテンは、数えきれないほどの種類が存在し、大きさや色、形は多岐にわたります。同じ種類にもかかわらず、見た目が全く違うということも少なくありません。, お部屋の雰囲気にあったものを選んでインテリアとして飾ったり、育成したり、楽しみ方は人それぞれです。まずは、色んな種類のサボテンを育てて楽しんでみてください。, サボテンにはたくさんの種類があり、トゲのつき方や、花の咲き方がそれぞれ違います。インテリアのアクセントとして、カフェやアパレルショップでよく見かけますよね。