。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, この手の推理小説を読むと最後の種明かしのところで当人しか分からない過去の秘密が語られ「そんなの反則じゃん」って思ってしまいます。これもその手の本ですが、まあそれさえがまんすればそこそこ読んで満足できる本です。ただ、私は歴史に興味があるので崇徳上皇の詳しい話が聞けるのかな?との期待は裏切られました。あくまで崇徳上皇をだしにしただけでメインは推理小説ですから。, 皇統をめぐる争いに敗れ、呪詛のうちに流刑の地で没した崇徳上皇。特別養護老人ホーム「白峰園」を経営する理事長・栗石はこの上皇を敬っていた。その施設内で、老人の不可解な死が疑われた。天皇家にまつわる怨霊伝説を追う浅見光彦は、京都で見知らぬ女性から唐突にフィルムを受け取る。女性はフィルムを渡す人を間違えたのだった。現像してみると、それには老人の死体が写っていた。, 最初は背景説明が多くて眠いけど、予備知識の詰め込みが終わってからは流れるように。いわゆる新本格のような奇想天外な筋やトリックじゃ無いので、違和感を覚える事もなく、「2時間ドラマにするにはお手頃なボリュームですね」的な読後感。主人公の浅見光彦が33歳という設定で、老成もせず幼くもなく、「ボクと同じくらいの年齢のはずなのにこんな奴いないよ」な人物じゃ無くて良かったです<読む前は身構えてたんだな。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第26弾。今回の舞台は“山陰の小京都”と言われる島根県・津和野。その津和野の旧家・朱鷺家の一人が殺害され、偶然その第一発見者が光彦の母・雪江だったことから、この事件とかかわることになる。 ★天橋立で有名な京都府宮津市へ取材に訪れた浅見は、市役所職員の神代静香と知り合う。 静香の母親が実家を乗っ取られて、天橋立に逃げてきてから30年後の殺人事件。 静香の案内で取材を終えたあと、二人は殺人事件に遭遇。 兄嫁にかき回され、不倫の末、他人の子どもを育ててきた夫がついに切れて嫁とかぎつけた女を殺害して自殺。 崇徳伝説殺人事件 『崇徳伝説殺人事件』 (ハルキ文庫) 真中瞳 佐々木章光 17.5% 8 第21作 12月26日 平家伝説殺人事件 『平家伝説殺人事件』 (角川文庫) 黒川智花 石原武龍 14.9% 9 第22作 2006年 0 9月25日 佐用姫伝説殺人事件 『佐用姫伝説殺人事件』 (中公文庫) ーズン2, 横山秀夫サスペンス「モノクロームの反転」, プロデューサー : 矢口久雄、沼田通嗣, ディレクター・監督 : 村上牧人. さて、お話しですが、勿論得意のネタバレ付きレビューになります。 簡単に言えば羽黒山宿坊経営を巡るお家騒動のお話しと言うことになりますネ。 崇徳上皇を取材していた浅見光彦は京都の崇道神社で見知らぬ女性からフィルムを託される。一方、特別養護老人ホームで次々に不審な事件が起きる……。現代に蘇る「崇徳上皇伝説」の祟りなのか!? 時を越えた「女」たちの因縁が、浅見光彦の名推理を妨げる! 丹後辺りの風景描写を読んで、再び伊根や橋立へ行きたくなりました。, Last updated  アサミストを自称する爺っちゃんとしてはチョッピリお恥ずかしい限りです。 --このテキストは、, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 浅見光彦の1stケース。 8年前,浅見の妹・祐子の事故が起きた地での殺人事件。 そして,関連のなさそうな2つめの殺人事件。 8年前の事故と関係はあるのか…。 浅見光彦は物語中盤から刑事のサポート役と … 内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第26弾。今回の舞台は“山陰の小京都”と言われる島根県・津和野。その津和野の旧家・朱鷺家の一人が殺害され、偶然その第一発見者が光彦の母・雪江だったことから、この事件とかかわることになる。 ストリートしては単純な結末ですが、天照大神やら月山信仰に加え、あちこちの名所旧跡を走り回る浅見ちゃんの活躍を興味深く配して、退屈させずに最後までひっぱる手法は軽井沢のセンセお見事です。 「もうひとりの光彦」によって、光彦をはじめとする「浅見家」の名前の由来も明らかに。 女性が、亡き母の実家と同じ山形県鶴岡市から来たと知った静香は、一人山形へ。 浅見光彦 - 羽多野渉 水上秀美 - 生天目仁美 川島智春 - 真堂圭 瀬田 - 藤原啓治 水上和鷹 - 野島健児 水上菜津美 - 伊藤美紀 前作の「風の中の櫻香」が非常に秀作だったことも有り、次作をすっかり忘れていた次第です。 特に『平家伝説殺人事件』。 はじめに犯人側の犯行計画を読ませながら倒叙形式を思わて、後に 思わぬ齟齬が生じることで真相のカタルシスを生んだこの作品は 非常に良かったです。 あと、反則技スレスレの『浅見光彦殺人事件』なんかも印象的でしたね。 崇徳伝説殺人事件。浅見光彦シリーズ、安定の面白さ。今回は京都が舞台。割と知ってる地名がたくさん出て来たので親近感。読了感はいつもの通りスッキリ。 実在の天橋立・元伊勢籠神社の宮司さん「海部光彦氏」を登場させて、うまく狂言回しにお使いになってますネ。 作夏に出版された浅見光彦111番目の事件簿「黄泉から来た女」をやっとこさ読みました。 アサミストを自称する爺っちゃんとしてはチョッピリお恥ずかしい限りです。 『天河伝説殺人事件』(てんかわでんせつさつじんじけん)は内田康夫の長編推理小説。浅見光彦シリーズ第23弾となる作品。, 新宿副都心高層ビル群。その路上で一人の男がいきなり、その命を落とした。男は天河神社の五十鈴を所持していた。, そんな事など露も知らず関わりも持たない人たちの日常の中で、浅見秀一(浅見の父)の親友であった三宅が浅見家を訪れた。彼は浅見光彦に「伝統芸能の舞台とモデルとなった史跡を巡る旅」というテーマでルポを執筆してほしいと依頼。同時に雪江を水上家の追善能へと招待する。かねてから光彦の父友として彼の身持ちを案じていた三宅は水上流宗家の令嬢である水上秀美と光彦の縁談を考えていたのである。, しかし雪江と三宅が訪れた追善能で『道成寺』を舞っていた水上和鷹が変死する。それから数日とたたぬうちに吉野で取材をしていた光彦は吉野は初めてだと語る儚げな男性老人と出会う。老人とはその場で別れた光彦だが、その夜に宿で家出した祖父を追って来たという「秀美」と名乗る女性と出会い、彼女と共に老人を追うこととなる。, 『浅見光彦シリーズ9・天河伝説殺人事件』は、TBS系の2時間ドラマ「月曜ドラマスペシャル」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で1997年10月6日に放送された。, 『浅見光彦シリーズ30・浅見伝説三部作最終章・天河伝説殺人事件』は、フジテレビ系の2時間ドラマ「金曜プレステージ」(毎週金曜日21:00 - 22:52)で2008年1月25日に放送された。, 『浅見光彦シリーズ32・天河伝説殺人事件』は、TBS系の2時間ドラマ「月曜ゴールデン」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で2013年2月25日に放送された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=天河伝説殺人事件&oldid=79317134. --このテキストは、, 古都・京都と四国・讃岐を舞台に、日本史上最大の恐怖「崇徳上皇伝説」の祟りが現代によみがえる。親子の愛と憎しみの相剋は千年の時を超えて…。浅見光彦シリーズ最新書き下ろし。, ●内田 康夫:フリーライター・浅見光彦を主人公とする作品に人気があり、映画化されている。作品に「本因坊殺人事件」「後鳥羽伝説殺人事件」「『萩原朔太郎』の亡霊」「平家伝説殺人事件」「遠野殺人事件」「高千穂伝説殺人事件」「天河伝説殺人事件」はちまん〈上・下〉」など。 tbsドラマ『菊池伝説殺人事件』の菊池貫平像、秩父事件像に抗議する 2011年2月7日、tbsドラマ『菊池伝説殺人事件』が放映された。作家生活30周年と銘打って、山鹿踊りの群舞シーン、阿蘇草千里、信州のすがすがしい山なみなど、美しい映像があった。 ここから爺っちゃんのレビュー 2012/01/04 07:08:31 PM. Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved. 被害者は2日前に静香を訪ねてきていた女性だった!  作夏に出版された浅見光彦111番目の事件簿「黄泉から来た女」をやっとこさ読みました。 浅見光彦シリーズ 天河伝説殺人事件』 (2010年11月24日、フロンティアワークス) 内田康夫自身もナレーションで出演している。 キャスト. 静香の行動を心配した父親からの頼みで、同じく山形へ向かうことになった浅見を待ち受ける、「呪う女」とは――。 以下あらすじは公式のもののコピー 内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第5弾。今回は兵庫県の城崎温泉が舞台。土蜘蛛伝説の取材と母の旅行を兼ねて城崎を訪れた光彦は、3人の怪死事件に興味を持つ。 皇統をめぐる争いに敗れ、呪詛のうちに流刑の地で没した崇徳上皇。特別養護老人ホームの理事長・栗石は、この貴人を信仰していた。その施設内で、老人の不可解な死が相次いだ。一方、天皇家にまつわる怨霊伝説を追う浅見光彦は、京都で見知らぬ女性から唐突にフィルムを手渡される。現像してみると、そこには驚くべき光景が―!安楽死、老人福祉問題をテーマに、人間の尊厳を真摯に問い直す、感動の長編推理。 今回は葵の印籠の刑事局長も最後にチラット名前だけ出してサービスしてますワ。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. ドラマcd. 平岡祐太さん主演「浅見光彦シリーズ 後鳥羽伝説殺人事件」がtbsで2月26日にドラマ化されるので、キャストとあらすじ・予告動画、原作小説を読んだので結末・犯人ネタバレします。「後鳥羽伝説殺人事件」の原作は、ベストセラー作家・内田康夫さんの3作目で浅見光彦が初登場した小説。 Amazonで内田 康夫の崇徳伝説殺人事件 「浅見光彦」シリーズ (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。