新型コロナ疑いでの相談・受診の目安から「37.5度以上の発熱が4日以上」を削除―厚労省, 新型コロナ患者の退院基準を再度見直し、「発症から10日経過かつ症状軽快から72時間経過」に短縮―厚労省, 新型コロナの「慰労金」、医療従事者だけでなく、受付・会計スタッフ等にも極めて幅広く支給―厚労省, 新型コロナのPCR検査新手法を保険適用、ただし10月以降は取り扱いを見直し―厚労省, 新型コロナ宿泊・自宅療養患者、息苦しさや胸の痛み、唇変色などあれば、直ちに医療従事者に連絡を―厚労省, 後発品の薬価、16年度改定で更なる引き下げ、詳細は薬価調査待ち―中医協・薬価専門部会, 新型コロナと季節性インフルとを、唾液を用いて迅速に同時鑑別できる検査法を保険適用―厚労省, 新型コロナで病院経営は依然厳しい、地域医療守るため緊急包括支援金の円滑支給が急務―日病・全日病・医法協, 完全初診でも、予防接種や健診で患者情報を把握できればオンライン初診を認めて良いか―オンライン診療指針見直し検討会, 薬剤師が添付文書を確認し「不適切な薬剤」「併用禁忌の薬剤」処方を阻止した好事例―医療機能評価機構, 見守りセンサー等活用による夜勤スタッフ配置要件の緩和、内容や対象サービスを拡大してはどうか―社保審・介護給付費分科会(2), 休日補正を行うと、コロナ禍でも5月→6月→7月と患者数・医療費は増加―社保審・医療保険部会(1), 来年度(2021年度)の薬価改定、新型コロナ禍でどう実施すべきか―中医協総会(2). 後発品の薬価、16年度改定で更なる引き下げ、詳細は薬価調査待ち―中医協・薬価専門部会 薬剤料(1,000万円)- 薬品納入価格税込(950万4千円)= 49万6千円, A薬局の薬価差益は28万円、B薬局の薬価差益は49万6千円。約1.8倍の違いがあります。納入価格が2%変わったから、薬価差益も2%変わってしまう、は間違いです。納入価格にたった2%の違いがあっただけなのに、薬価差益を見てみると、約1.8倍の違いがあります!, 薬価差益を大きくするために、売価(薬剤料)を高くして販売したいところですが、保険調剤は調剤料が国で定められています。そう考えると薬価差益を大きくするためには、納入価格を安くすることのほかにありません。, 先ほども申し上げたとおり、納入価格2%の違いが、薬価差益(税込)で考えると大きな利益の違いを生んでいます。納入価格1%の違いを侮ると、大きな損をしてしまいます。薬価は今後も安くなり、薬価差益を得ることが更に難しくなっていくでしょう。かといって諦めてしまっては、利益を大きく落とす原因になりかねません。, 単に価格交渉を積極的に行うだけではなく、今では納入価格を抑えるために、ネットワーク購入や協同購入などの様々な手段があります。利益を少しでも確保したいという社長の皆様、納入価格をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?, わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。, 今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。, CBグループに入社後、医師の人材紹介を経て、現在開業支援に携わっています。理系の大学出身ということもあり、決算書類等の数字を見ることが好きです。その力を活かして、お客様に説得力と安心感のあるご提案を心がけています。, 2018年度の薬価改定についての概要が発表され、改定率は▲1.65%となりました。この改定率▲1.65%には市場実勢価などの既存ルールに基づく改定率と、新たに設けられた薬価制度抜本改革のルールに基づく改定率が含まれています。, 4月からスタートする薬価改定に向けて、各社準備も大詰めになってきています。医薬品業界で関係性の強い製薬企業、卸、調剤薬局の間ではどのようなやり取りが繰り広げられるのでしょうか。それぞれの立場について目を向けながら考えていきたいと思います。, 2018年度の薬価改定はこれまでの薬価改定と何が違う? - 経営者のいまと未来を考える『薬局経営のヒント』, 2018年の薬価改定による製薬企業、卸、調剤薬局の関係性は? - 経営者のいまと未来を考える『薬局経営のヒント』. *����cv�?�a��j�~��q�� {��AD��(��0��� m`e���_�AX���m�:�n֙�V2٩��8d�B=�Dٗax;k�lOĬ�n��Ne�r�*u�d�O��z��@��� '��� ?,�O?���<5����~`��|��T�Ҩ��S�Z1Zt�?�x`�+^�������vÌ����;/ 2�Y����nJ�;��N��S6՟�ˁuG��(h+�_?Ő�&=tN�e�����gS��9�!�D�aŮ��\W�X�g-������������4��?NfX]ь���P�oZ��ٿ=8��7�7���{�$n�t5��c}hy�˾��}n���r��0�ޘ�] �Q��p���8��}pu�Y�.Is��܂ Yp��c�����=~���p��xe�F�� 訿ѐ����V�H�#3s��y�[����1n���i��&�R׾�����7�Z��˄u����zp[�CY�N윾�?q_԰1K�h&|Q�ߘ%� ���z'?�bmd0���{B���rj~�,ϒ�ļ�Ce�(k}���;��`�|�Y�mvwG�_��v���W�]Ceփ�k���CZ��f�o��=�~�5�(�1�o7{��e�/��4E���xDk�-h_���@T#>j��Mx��H���ڑ�u�Q�^�?OLq �5䲏PZ��k�Ԙ�m+��Zeֱ�<8~{����(�B�=��08C��o��. 2020年4月の薬価改定は何%の引き下げになるのか。19年9月薬価調査で乖離率は8.0%だった。一方、19年10月実施の消費税改定では、18年9月調査による乖離率7.2%に対し、消費税2%引き上げ分を除いた実勢価改定が4.35%引き下げだった。 https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000604012.pdf, 薬価= 市場実勢価格(税抜)加重平均値 × {1 × 消費税率(0.10)} + 調整幅, そのうち、バイオシミラーへの置き換えによる医療費適正効果額(年間推計):226 億円, https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000604022.pdf, https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000604021.pdf, https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000604023.pdf, 「気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)」, https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000604019.pdf, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 社会人5年目 20代の元営業マン  京都でのんびりと活動中 2016年~2020年 製薬会社営業マン 2020年~ IT業界参入 営業支援システムの開発, 業界や副業、IT関連情報を発信! ゲーム好き・特にFPS関連の話題は大歓迎 転職は自分を見直す良いキッカケ 簿記3級合格 動画編集・ホームページ作成. COPYRIGHT 2014 GLOBAL HEALTH CONSULTING ALL RIGHTS RESERVED. 有料会員になると続きをお読みいただけます。, スクラップブック 当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。, 2020年4月8日以降の勤務体制を変更し、原則在宅勤務とさせていただいておりましたが、, なお、リニューアル前に設置しておりました下記カテゴリは以下の通り統合・振り分けしています。. 4.妥結率(薬価ベース)= 99.6% 新薬創出加算 適応成分. までに報告があったものの集計結果である。 注2)平均乖離率とは、 年には19.6%もあった薬価と市場実勢価格との乖離率は、ここ10年ほどは8%前後 で安定している(表1)。 改定年月日 改定率 収載品目数 平成10年4月1日 9.7% 11,692 平成12年4月1日 7.0% 11,287 平成14年4月1日 6.3% 11,191 2020年4月の薬価改定は何%の引き下げになるのか。19年9月薬価調査で乖離率は8.0%だった。一方、19年10月実施の消費税改定では、18年9月調査による乖離率7.2%に対し、消費税2%引き上げ分を除いた実勢価改定が4.35%引き下げだった。 endstream endobj 医薬品価格調査(薬価本調査)の速報値について . 1119 0 obj <>stream 1117 0 obj <> endobj 厚労省で言う「乖離率」はこれを指しています。 納入価格が2%違うと薬価差益はどうなる? 分かりやすく、毎月の薬剤料1,000万円で薬価差益率(税抜き)がA薬局10%とB薬局12%を想定して考えてみましょう。 A薬局. 平成30年薬価調査結果 1.平均乖離率 : 7.2% ※ 平均乖離率とは、{(現行薬価×販売数量)の総和-(実販売単価×販売数量)の総和}/(現行薬価×販売数量) の総和で計算される数値をいう。 2.後発医薬品の数量割合 : 72.6% xƽ @`����o%Qk�� h�@k3�tFP� �^��1��!�/�$qO�4���d������9�p���4�"�HE&rQ|��� 335成分 555品目でした。 新薬創出加算の適応製品が多い会社. 医薬品価格調査(薬価本調査)の速報値について. 印刷用, 平素よりCBnewsおよびCBnewsマネジメントをご利用いただき、誠にありがとうございます。, 2020年08月13日(木)付から2020年08月17日(月)付まで、新着記事のメールマガジン配信をお休みさせていただきます。ご迷惑・ご不便をおかけし恐縮ですが、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。, 弊社では、緊急事態宣言の解除に伴い通常勤務に移行いたしておりましたが、新型コロナウイルス感染症対策の観点から、06月30日より当面の間、オフィス人員を減らした体制を取らせていただきます。, 大変恐縮ながらお問い合わせの際には、下記お問い合わせフォームをご利用くださいますようお願い申し上げます。▼お問い合わせは以下のフォームからご連絡ください。https://www.cbnews.jp/contact, なお、お電話のお問合せも通常通り受け付けております。ご必要の際には、ご活用くださいませ。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。, 弊社では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う自治体からの外出自粛要請を受け、2020年4月8日以降の勤務体制を変更し、原則在宅勤務とさせていただいておりましたが、5月末日をもって解除いたしましたことをお知らせします。期間中のご不便ご迷惑を深くお詫びしますとともに、みなさまのご協力に心より感謝申し上げます。弊社では引き続き、新型コロナウイルス感染拡大の対策に取り組みながら、業務にあたってまいります。, この度、「CBnewsマネジメント」記事カテゴリをリニューアルいたしましたので、お知らせいたします。, 今回のリニューアルでは、ご利用くださっている皆様に、業界の流れや経営課題により沿った情報収集をしていただけるように、カテゴリの見直しと追加をいたしました。, ■リニューアル概要 (1)カテゴリの統合および新設  業界の流れや経営課題により沿ったカテゴリ構成に変更いたしました。  新しいカテゴリ一覧は以下の通りです。  ・経営戦略  ・人事労務  ・地域連携  ・事業拡大  ・規模適正化  ・M&A  ・コンプライアンス  ・イノベーション  ・世代交代  ・行政  ・特集  なお、リニューアル前に設置しておりました下記カテゴリは以下の通り統合・振り分けしています。  ・組織管理:   「人事労務」を中心に「経営戦略」「コンプライアンス」等適したカテゴリに振り分けいたしました。  ・介護:   医療同様に経営課題や動向のキーワード毎に新カテゴリに振り分けをいたしております。, (2)お困りごとナビ機能の追加  読者の皆様のお困りごとから記事をお選びいただける機能を追加いたしました。  検索いただけるお困りごとは以下の通りです。  ・人材を採用したい  ・人材を育てたい  ・職員の満足度を上げたい  ・経営者として成長したい  ・財務力をUPしたい  ・業界の動向を知りたい  ・リスクにそなえたい  ・設備投資について知りたい, 今後も、ご利用いただいている皆様の利便性の向上に努めてまいります。変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。, この度、「CBnewsマネジメント」記事カテゴリをリニューアルいたしますので、お知らせいたします。, ■リニューアル予定日時 2020年05月30日(土)午前0時~午前4時の間 ※都合によりリニューアル日時が変更となる場合がございます。予めご了承ください。, ■リニューアル概要 (1)カテゴリの統合および新設  業界の流れや経営課題により沿ったカテゴリ構成に変更いたします。  新しいカテゴリ一覧は以下の通りです。  ・経営戦略  ・人事労務  ・地域連携  ・事業拡大  ・規模適正化  ・M&A  ・コンプライアンス  ・イノベーション  ・世代交代  ・行政  ・特集  なお、リニューアル前に設置しておりました下記カテゴリは以下の通り統合・振り分けしています。  ・組織管理:   「人事労務」を中心に「経営戦略」「コンプライアンス」等適したカテゴリに振り分けいたしました。  ・介護:   医療同様に経営課題や動向のキーワード毎に新カテゴリに振り分けをいたしております。 (2)お困りごとナビ機能の追加  読者の皆様のお困りごとから記事をお選びいただける機能を追加いたします。  検索いただけるお困りごとは以下の通りです。  ・人材を採用したい  ・人材を育てたい  ・職員の満足度を上げたい  ・経営者として成長したい  ・財務力をUPしたい  ・業界の動向を知りたい  ・リスクにそなえたい  ・設備投資について知りたい, 医療・介護に特化した日本最大級の無料ニュースサイト。最新情報を幅広くイチ早くお届けします。. Copyright © 2020 CB Holdings Inc. All Rights Reserved. �t%AJ��x�.IZNs��;��)�4�����@՘�w@�q�g��b���C�W6��������x� までに報告があったものの集計結果である。 . %PDF-1.5 %���� xc```b``�c`f``�� dÀ+s1�|rX* ��%���������� �_8�\�N����x�@|�H�Fg�� �#l�wl&���gbnh����:��C�1Vm�7*��p(3>9`rAR�������AF����C� �4F��� �#,����X����7e��@���� �2M��� スクラップブック Xn߂~�.��3o�j��^�_�hҎ�;�>z������mX>����wk|"Zș��T���9q�����kי��&��jx������a�p%u ��Ǖ���g2�Rj4����T{��R���턮ZD����r���n���p��K>�^ s��^g�-��T�sA��=^����Z�k{�����S�~zQ����wo� ��c�F>�>�eb�T�w�T96������(��Q.r:�F��`�e�a��Vq7�1y�O/�·�-�L����? 1. 平均乖離率 : 約 8.4% 注1)平成21年9月取引分について、販売サイドから10月26日 . 印刷用, 2020年4月の薬価改定は何%の引き下げになるのか。19年9月薬価調査で乖離率は8.0%だった。一方、19年10月実施の消費税改定では、18年9月調査による乖離率7.2%に対し、消費税2%引き上げ分を除いた実勢価改定が4.35%引き下げだった。乖離率8.0%でも、実勢価改定が10月実施分と同様として試算すると、引き下げ率は4.83%となる。このうち4.35%分はすでに10月に引き下げ済みだ。20年4月改定は、残りの0.48%だけの引き下げになる。10月改定薬価に対しては、1.11%引き下げだ。【ライター 設楽幸雄】, 厚生労働省は、19年9月の薬価調査の結果として、乖離率は8.0%となったことを4日の中央社会保険医療協議会・総会に報告した。 併せて、19年10月に、消費税率引き上げに伴う薬価改定を実施していることも示した。18年9月の薬価調査による乖離率7.2%を踏まえた改定だ。 今回の乖離率8.0%は、10月改定後の現行の薬価に対する乖離率ではなく、改定前、18年4月改定薬価に対するものだ。20年4月改定は、本来は10月改定後の薬価に対する実勢価格を調査して、その乖離率を出し、それに基づいて行うべきだが、10月改定後の薬価調査はスケジュール上できず、改定直前の9月取引分を対象とした。つまり、8.0%は、現在の薬価ではなく、18年4月改定薬価に対する乖離率だ。 10月の消費税改定では、18年4月改定薬価に対する乖離率7.2%に基づき、消費税2%引き上げ対応分を除いた実勢価改定分として4.35%引き下げを行っている。 20年4月改定を、18年4月改定薬価を基に考える場合、19年10月改定での乖離率7.2%に対する実勢価引き下げ率4.35%を基に試算すると、乖離率8.0%では4.83%引き下げとなる。 ただし、すでに19年10月に実施済みの4.35%引き下げを差し引いて考えなければならない。4.83%引き下げから、4.35%引き下げを除いた残りの0.48%が、20年4月に実施されるべき引き下げとなる。, この記事は有料会員限定です。 こんな人にみてもらいたい ・在宅ワークだけどやることがなくて暇 ・何かしたいけど何をすればいいか分からない ・今後も在宅ワークが続くという現実に不安を感じている すすも犬 最... こんな悩みをもっているMR向け MRの将来について悩んでいる MRとして、どのような選択肢があるのか分からない どんなスキルが必要なのか分からない すすも犬 MR氷河... 【薬価収載】2020年5月20日 ゾルゲンスマ・新薬の適応や作用機序について 【後半】, 【薬価収載】2020年5月20日 ゾルゲンスマ・新薬の適応や作用機序について 【前半】. 「昔は30%くらい薬価差益が取れたから良い時代だったよ。今では薬価改定で薬代がどんどん下がり、薬価差益はもう期待できないね…。」と諦め気味に語る社長がいました。本当に諦めてしまっていいのでしょうか?仕入価格の違いを甘く見ていませんか?, 一般的に会話の中で薬価差というと上記のとおり、薬品納入価格(税抜き)に対して使われていることが多いと感じます。薬局の社長と話しをしても、この理解で話が食い違うことはありません。, 例えば薬剤料が100万円で、薬品納入価格が85万であれば、薬価差益(税抜き)は15万円、薬価差益率(税抜き)は15%ということになります。, しかし、消費税分はしっかりと国に収めなければなりません。実際に手元に残る本当の利益を考えると以下の式になります。, 例えば薬剤料が100万円で、薬品納入価格が85万(消費税8%込918,000円)であれば、薬価差益は82,000円、薬価差益率(税込)8.2%ということになります。厚労省で言う「乖離率」はこれを指しています。, 分かりやすく、毎月の薬剤料1,000万円で薬価差益率(税抜き)がA薬局10%とB薬局12%を想定して考えてみましょう。, これではまだ消費税が考えられていませんね。消費税も考えて、実際に手元に残る金額を計算してみましょう。, 薬剤料(1,000万円)- 薬価差益税抜き(100万円)= 薬品納入価格(900万円)税抜 2015年9月に行われた医薬品と医療材料の価格調査結果(速報値)が、4日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会に報告されました。償還価格(薬価・材料価格)と市場実勢価格との乖離率は、医薬品では約8.8%、医療材料では約7.9%となっています。, 医療用医薬品と特定保険医療材料については、保険償還価格が設定されています(薬価、材料価格)。医療機関などでこれらを使用した場合、償還価格に従った支払いが行われます。, 一方、医療機関などが卸業者から医薬品や医療材料を購入する場合には、自由取引であるため、その価格(市場実勢価格)はまちまちです。, すると、医薬品などを低価格で購入すれば、その価格と償還価格との差は医療機関などの利益になります。, この点、保険診療は国民の納めた税金や保険料、さらに患者負担で賄われていることから、購入価格と償還価格の差が大きな場合には、償還価格を引き下げることが求められます。これが、2年に一度行われる薬価改定・材料価格改定の重要な役割の1つとなっています。, 改定に当たっては、医薬品や医療材料を医療機関がいくらで購入しているのかを把握しなければいけません。このため厚労省は、改定の前年に市場実勢価格の調査を実施しており(薬価調査、材料価格調査)、今般、調査結果の速報値が中医協総会に示されました。, まず医薬品については、市場実勢価格と薬価との乖離率が平均して約8.8%ありました。2年前の前回調査では、平均乖離率が約8.2%でしたので、価格の乖離が広がっている状況です。, 投与形態別に見ると、▽内用薬は9.4%▽注射薬は7.5%▽外用薬は8.2%―と若干のばらつきがあります。なお歯科用薬剤については、マイナス1.0%の乖離があり、これは「薬価よりも高い価格で歯科医療機関が購入している」ことを意味します。厚労省は、この理由について「精査していないので正確なところは不明」と答えるにとどめています。, また薬効群別に見ると、▽消化性潰瘍剤13.3%▽その他アレルギー用薬12.3%▽高脂血症用剤12.0%▽血圧降下剤11.4%―などで、乖離率が大きいことが分かりました。, なお、後発医薬品の使用割合(数量ベース)は約56.2%で、前回調査(約46.9%)よりも10ポイント近く伸びています。政府は「2017年央に後発品割合を70%以上に、18から20年度末までのなるべく早い時期に80%以上とする」との目標を掲げており、達成までには、さらに15ポイントほど伸ばす必要があります。, 一方、医療材料については、平均乖離率が約7.9%となっています。前回調査(約8.9%)よりも乖離幅は縮小しています。ちなみに、再生医療等製品の価格も調査対象に加わったことから、調査名が変わっています。, 医薬品については約8.8%、医療材料については約7.9%の価格乖離(償還価格と市場実勢価格の隔たり)がある, この結果を受けて、薬価と医療材料はどの程度引き下げられ、医療保険財政にはどのような影響が出るのでしょうか。, 薬価については、薬価と乖離率の差をまるまる埋める(引き下げる)のではなく、調整幅2%分を残す(引き下げない)ので、平均で6.8%の引き下げになると考えられます。現在、医療費はおよそ40兆円で、そのうち薬剤費が9兆円と仮定すると、9兆円×マイナス6.8%=6120億円の引き下げになると、極めて大雑把に推計できます。, また、材料価格についても、乖離率から調整幅(4.0%)分を残した3.9%の引き下げになると考えられます。同様に、材料費が1兆円と仮定すると、1兆円×マイナス3.9%=390億円の引き下げになると考えられます。, つまり薬価・材料価格の引き下げで、2014年度の医療費を6500億円程度圧縮できることになります。医療費の4分の1は国が負担しており、さらに14年度予算ベースに換算すると、1500億円程度、国費を軽減できる計算になります。もっとも、薬剤費・材料費は仮定のもので、今後の薬価・材料価格制度の見直しによって、この金額は大きく変わってくる可能性があります。, 以前は、この価格引き下げ分を診療報酬本体の引き上げ財源に使っていましたが、財政制度等審議会は「本体に回すことは許されない」と主張しており、年末にかけての改定率論議が熱くなりそうです。, 【関連記事】