Microsoft Project has same feature. @marutosijp さんがRedmineのガントチャートにイナズマ線を表示するパッチを投稿されていたのでメモ。ラフなメモ書き。【元ネタ】Twitter / g_maeda: Redmineのガントチャートでイナズマ線を表示する、 @marutosijp さんによるパッチ。Redmine本体に取り込まれて欲しいので+1しといた。 MS Projectならば、先行後行(FS)関係や、イナズマ線、リソースグラフなども出力できる。, Redmineのガントチャートにイナズマ線を表示できる機能改善は、日本の開発現場でマネージャ向けに売り出す時に重要な機能の一つかもしれない。 ラフなメモ書き。, 【元ネタ】 Now customize the name of a clipboard to store your clips. ・工数見える化モード時に、担当者の工数表示の行がヘッダに固定されるようになりました。, ・計画に対して先行して完了していることをわかりやすくするために、完了しているチケットのイナズマ線を進捗率での表示から期日表示に変更しました。, ・「他のユーザーの作業時間の入力」の権限が有効になっている場合、作業時間を登録した際にエラーが発生する問題を修正しました。, ・ユーザーの言語設定が英語の場合、実開始日・実終了日が正常に表示されない問題を修正しました。, ・右クリックメニューの編集をクリックしても編集画面が表示されない問題を修正しました。, ・プロジェクトが階層表示されている状態でも、親プロジェクトやサブプロジェクトそれぞれのマイルストーンを表示・編集できるようになり、プロジェクト全体のスケジュールを把握しやすくなりました。, ・既に進行中のチケットのステータスを変更した際は、実開始日が空であっても本日の日付をセットしないようにしました。, ・ガントチャートをPDF出力した際に、マイルストーンが重複して表示される場合がある問題を修正しました。, ・新しいチケットを作成した後にUNDOしてもチケットが削除されない問題を修正しました。, ・ベースライン表示の際に、ベースラインのチケットのステータスが正しく表示されない問題を修正しました。, ・チケット編集フォームなどでチケットのステータスが変更された際に実開始日や実終了日が自動的にセットされるようになりました。これにより日付の入力漏れが防げるため、タスクの予実の精度が上がります。, ・ステータスに設定された色に応じてチケットの背景色が変わるようになりました。これに伴い、表示項目としての「ステータス色」は廃止されました。, ・カスタムフィールドの必須設定を変更すると、既存チケットを編集した場合に保存できなくことがある問題を修正しました。, ・ガントチャートのデータ列にプロジェクト名や対象バージョンの表示ができるようになりました。工数の見える化の際や、トラッカー、ステータスなどでグルーピングした場合に、そのチケットのプロジェクトやバージョンが分かり、様々な視点でスケジュール管理ができるようになります。, ・「上位チケットの表示」をONにした状態でガントチャートを表示しようとすると、プロジェクト構成によってはサーバーが高負荷状態に陥ってしまう問題を修正しました。, ・チケットの開始日や期日など、日付型の項目にマウスオーバーした際に年月日のポップアップ表示が出ない問題を修正しました。, ・親チケットのバージョンをドラッグ&ドロップ操作で変更する際に、子孫チケットも合わせてバージョンを変更するかどうかを選択できるようにしました。, ・Redmine4系環境で、チケット追加モード時に既存チケットに対する子チケットとして追加しても、実際には親子関係になっていない問題を修正しました。, ・シミュレーションモード中に『工数見える化』を有効にした場合、担当者のチケット数が実際のチケット数と合わないことがある問題を修正しました。, ・ガントチャートの表示オプションで、チケットがないバージョンの表示/非表示を切り替えることができるようになりました。, ・デフォルトのカスタムクエリを設定していても、カスタムクエリで指定された日付範囲指定が反映されないことがある問題を修正しました。, ・工数見える化(担当者でグルーピング表示)モードの場合、チケットを担当者の行にドラッグ&ドロップするだけで担当者を設定できるようになりました。これで負荷の山崩しがより容易に行えます。, ・チケットの注記がひとつもない状態でガントチャートを表示すると、エラーメッセージが表示されることがある問題を修正しました。, ・「工数見える化」ボタンを有効にすることで、担当者ごとの工数が表示されるようにしました。(担当者をグループ条件にセットすることでも同様です。), ・出力されたPDFをAcrobat Readerで表示した際にナビゲーションパネルが表示されないように不要なしおりを削除しました。, ・ご利用されている環境によって、ソート条件を指定した場合に期待した並び順にならないことがある問題を修正しました。, ・PostgreSQLデータベースを使用している環境で、オプションの注記吹き出しで日付を指定していない状態でPDF出力するとエラーになる問題を修正しました。, ・Redmine3.x系から4.0系にアップデートすると、既存のカスタムフィールドの編集画面を表示しようとした際にエラーになる問題を修正しました。, ・手動ソートした状態をカスタムクエリに保存できるようになり、通常のソート機能だけでは実現できないチケットの並び順を他のユーザーと共有できるようになりました。(スポンサー様、ありがとうございます!), ・プロジェクトのマスタースケジュールを確認できるように、バージョンはチケットと紐付いていない場合でも常時表示するようにしました。, ・データ同期のポップアップウィンドウで[適用]ボタンを押すと、ガントチャート内のバージョンのバーが表示されなくなる問題を修正しました。, ・マイルストーンが編集できるようになり、プロジェクトのマイルストーンが変更された場合などの操作性が改善されました。, ・全画面表示モード時など、画面上部にあるオプション設定用ウィンドウを開いているとチケットの編集フォームが設定ウィンドウの裏にまわりこんでしまう問題を修正しました。, ・ライセンスカウント方針に準拠し、「Lycheeスケジュール管理(ガントチャート)」のモジュールがOFFになっているサブプロジェクトはガントチャート上に表示されなくなりました。, ・あるプロジェクトでクリティカルパスを表示するように設定した後、Redmineのトップからすべてのチケットでガントチャートを表示しようとするとエラーになる問題を修正しました。, ・「グループ条件」を選択して適用しているときは、チケット追加モードを無効にするようにしました。, ・題名でソートしたときに子チケット以下の並びがチケット番号順になっている問題を修正しました。, ・表示するプロジェクトが非常に多い場合に画面表示が遅くなっていたのを改善しました。, ・オプションに「上位チケット」が追加され、フィルタに該当するチケットが子チケットの場合に親チケットをさかのぼって表示できるようになりました。, ・ツールチップから「期日」を新規入力する際、カレンダーの初期表示を「開始日」に設定されている月に合わせるようにしました。, ・あるチケットを編集したあと他の複数チケットを選択して一括編集しようとすると、前回編集したチケットも編集対象になってしまう問題を修正しました。, ・ガントチャート上に表示された注記の吹き出し表示をPDFにも出力できるようになりました。, ・Agilewareライセンスマネージャープラグインのインストールが必須になりました。, ・チケット追加モードで、チケット作成時[Enter]キーを押すと次のチケットの入力欄が表示されるようになり、キーボード操作だけで連続してチケットを作成できるようになりました。, ・ベースラインのイナズマ線の基準がベースラインを保存した日付ではなく、現在の日付を基準にしていた問題を修正しました。, ・ガントチャートの表示速度が向上しました。(チケット5,000件以上の場合、約200%の速度改善), ・チケットの開始日/期日とベースラインの開始日/期日が異なる場合のみベースラインを表示させることにより、スケジュールが変更された箇所がわかりやすくなりました。, ・日付でフィルタしようとした時、カレンダーピッカーが表示されない問題を修正しました。, ・各チケットの最新の注記を、ガントエリア内に吹き出し表示できるようになりました。(吹き出しのPDF出力表示は次バージョンで対応予定), ・ドラッグ操作でのガントバー作成の誤操作を防ぐため、クリックしただけではガントバーが作成されないようにしました。, ・チケット一覧からガントチャートへ画面遷移した時に、クエリが初期化される問題を修正しました。, ・チケットとマイルストーンを紐付けて、マイルストーンまでに間に合わないチケットが見える化できるようになりました。, ・Redmine3.4で追加された「ファイル」タイプのカスタムフィールドに対応しました。, ・Redmine3.4に対応しました。(「ファイル」形式のカスタムフィールド対応のみ、次回リリースにて対応予定です。), ・フィルタ適用時にチケットの無いバージョンやサブプロジェクトが表示されることがある問題を修正しました。, ・全画面表示時などガントチャート上部の「フィルタ」などの設定項目が隠れた時、画面上部に歯車アイコンが表示されるようになりました。, ・チケット追加モード中のみ、チケットが存在しないバージョンとプロジェクトを表示するよう修正しました。, ・「チケット追加モード」が追加されました。このモードでは表計算ソフトのような操作感で連続してチケットを追加でき、WBSが容易に作成できます。, ・初期表示時と、更新による再描画時のパフォーマンスが約40%向上しました。(※ チケット総数1,000件のケースにおいて), ・Redmine2.x系でクリティカルパスの余裕期間の値を一度更新すると0に戻せない問題を修正しました。, ・「説明」項目が必須入力設定されている場合、「説明」項目の入力欄を開いた状態でツールチップを表示し、そのまま入力できるようにしました。, ・Windows Serverを使用している環境でPDFを出力すると、余白の設定が適用されないことがある問題を修正しました。, ・他ユーザが編集モード利用中に編集モードを使用すると、画面右下に通知が表示されるようになりました。, ・Lyhceeガントチャートの閲覧権限があり操作権限がない場合に、操作できてしまう問題を修正しました。, ・PDF出力のヘッダー部分の出力内容を、PDFオプションのテキストボックスで任意に変更できるようにしました。, ・親子チケットのUndo時に、親チケットの項目がUndoされない問題を修正しました。, ・先行・後続チケットが存在し親子チケット等の開閉できるチケット群を閉じた時に、先行・後続関連付けの矢印が表示されたままになる問題を修正しました。, ・「説明」を表示できるようになりました。(ダブルクリックによる編集は次回リリース予定), ・チケット作成・編集ウィンドウにおいて、プロジェクトを変更した時にトラッカーの選択肢が更新されない問題を修正しました。, ・Undo機能が追加されました。誤ってガントチャートバーを動かしてしまった場合でも、すぐに操作前の状態に戻せるようになりました。, ・カテゴリ、カスタムフィールドの項目等でマウスオーバーで入力内容を表示するようにしました。, •Redmine2.5系でフィルタが正常に表示されていないことがある問題を修正しました。, •当日より未来に進捗率が進んでいる場合、イナズマ線が未来へ進んで見えるようにしました。, •任意の項目でグルーピングされた表示ができるようになりました。(「表示できる項目」にグループ条件を追加), •ツールチップにトラッカーで設定した項目が正常に表示されていない問題を修正しました。, •チケットの並び替えができるようになりました。 (ソート条件の手動でソートにチェックをして適用すると並び替えができるようになります), •カスタムクエリをチケット一覧と共通化しました(既存のカスタムクエリは統合されます), •将来日付の進捗率0%のチケットのイナズマ線が正しく表示されていない問題を修正しました。, - ツールチップ上で「カテゴリ」「対象バージョン」「親チケット」を入力できるようにしました。, - ガントバー上のツールチップの表示をマウスオーバーからクリック時に変更しました。, - 未ログイン時にPDF出力すると「nヶ月」オプションが適用されていない問題を修正しました。, - ガントチャート上でチケット名列の表示非表示を任意選択できる機能を追加しました。, - カスタムフィールドをガントチャートのツールチップ上に表示できる機能を追加しました。, - IE9のみ先行・後続のガイドバーがポインタとずれて表示される不具合を修正しました。, - 題名、担当者、ステータス列幅を変更した場合、PDF出力時に反映するように変更しました。, - 先行・後続関係のチケット同士で先行・後続、ブロックする、キャンセルのメニューを表示させキャンセルを押すと、エラーメッセージが表示される問題を修正しました。, - 担当者列の隣にステータス列の追加、それにともない各ステータスに色を設定できる機能を追加しました。, - ツールチップで[保存]を押してチケットを更新した際のメッセージを「更新しました」に変更しました。, - 「異なるプロジェクトのチケット間の親子関係を許可」の設定に応じて、親子関係編集モード機能が表示されるよう対応しました。, - IE8にて、子チケット選択中に折りたたみを行うと[選択したチケットを子にする]押下時にエラーが発生する問題を修正しました。, - 開始日と期日が一致しているチケットをドラッグすると、開始日・期日間が1日増えてしまう問題を修正しました。, - LycheeActualDate plugin導入時に表示される実績線のPDF出力に対応しました。. If you wish to opt out, please close your SlideShare account. Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. サイト内検索: はじめてのRedmine使いこなし術(16):ガントチャート画面でチケットを更新する. Scribd will begin operating the SlideShare business on December 1, 2020 ガントチャート画面でチケットのステータスや担当者、進捗率などを更新する方法です。 Redmine.JP Blog. As of this date, Scribd will manage your SlideShare account and any content you may have on SlideShare, and Scribd's General Terms of Use and Privacy Policy will apply. Gantt progress line needs in Japanese enterprise. ガントチャートの作成について 「新版 SEを極める50の鉄則 マネジメント編」の著者である馬場さんは、マネージャならば500ぐらいのWBS要素まで分割できなければならない、と言われていた。 If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. リーダーやマネージャならば、それぐらいのマネジメント能力を要求されているのかもしれない。, 個人的には、Redmineのガントチャート機能に限らず、Redmineのチケット集計機能はもっと改善の余地があると思う。 1. Twitter / g_maeda: Redmineのガントチャートでイナズマ線を表示する、 @marutosijp さんによるパッチ。Redmine本体に取り込まれて欲しいので+1しといた。 http://www.redmine.org/issues/12122 pic.twitter.com/ivSmCEqf, Twitter / akipii: ガントチャートの進捗管理は日本のマネージャしか興味ないのかな? RT @g_maeda: イナズマ線パッチに対するJPLの反応が薄い。もしかして海外ではイナヅマ線はあまり使われていない? Lycheeガントチャート 標準のRedmineガントチャートを MS Projectのように直感的に使えるようにしたプラグイン 新規チケットの作成 EXCELのように編集 ドラッグするだけで スケジュール変更 イナズマ線の表示 PDF出力 全画面表示 ヘッダーは常 に固定 ドラッグして並び替え 23. ホール: Effective Perl (ASCII Addison Wesley Programming Series), マーチン・ファウラー: エンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターン (Object Oriented Selection), P・F. Please check the following url for the description of progress lines. @g_maedaさんも、MS Projectを引き合いに出してパッチの目的を説明されている。. | 【公開】第6回RxtStudy発表資料「チケット駆動開発のフレームワーク~現場の経験知からパターン言語へ(ダイジェスト版)」 #RxtStudy », @marutosijp さんがRedmineのガントチャートにイナズマ線を表示するパッチを投稿されていたのでメモ。 株式会社アジャイルウェア そもそもガントチャートは、タスクの開始日・終了日・進捗率さえ分かれば表示できるビューに過ぎない。, だが、MS Projectに比べると、Redmineのガントチャートは貧弱だ。 Learn more. 「見るだけ」ガントチャートが、「さわれる」ガントチャートに。. Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. アジャイル開発で使われるビューだけでなく、プロジェクト運営のそれぞれの場面で有効に使えるビューを洗い出し、どのように役立てるか、今一度整理してみたい。, 2012/10/20 プロジェクトマネジメント, Redmine, Agile | 固定リンク Tweet, 「製造業アジャイル、静岡での実践!」を聞いてRedmineはコミュニケーション管理ツールなのだと気づいた #devlove #静岡ギルド, 第73回 SEA関西プロセス分科会 「モデルベースシステムズエンジニアリングの活用」 の見所 #seakansai, Redmine の画面を2ペイン化する~Redmineを発散系のナレッジ基盤にするためには何が必要なのか, アジャイル動画「私もアジャイルに飛びこんだの! If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website. See our User Agreement and Privacy Policy. (但し、Redmineの最新版に対応しているかどうかは知らない), 個人的には、イナズマ線だけでなく、ガントチャートに曜日を表示したり、見栄えやUIに関する機能も改善して欲しいと思う。, MS Projectではガントチャートだけでなく、タスクの依存関係を表すPERT図や担当者の作業負荷を表すリソースグラフなども表示してくれる。 Looks like you’ve clipped this slide to already. -- 『品質重視のアジャイル開発』の誉田さんインタビュー」がいいね, A successful git branching model とgithub flowの比較, モデルの粒度とトレーサビリティ、変更管理の問題は、モデリングツールではなくUMLそのものに真因があるのではないか, Redmineの添付ファイルを全文検索するパッチの可能性~Redmineをナレッジシステムにするための要件とは何か?, 第15回東京Redmine勉強会の感想~Redmineの2つの顔が相異なる2つのユーザ層を生み出している #redmineT, 第13回東京Redmine勉強会の感想~『Redmineの今と未来』 #redmineT, 第11回東京Redmine勉強会の感想~Redmineエバンジェリストが日本各地で出現しているらしい, 第65回 SEA関西プロセス分科会&RxTStudy #15 「チケット管理システムによるプロセス支援と今後の課題」の感想, 第10回redmine.tokyoの感想~Redmineユーザはメトリクスがお好き #redmineT, 第14回RxTStudy勉強会「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ」の感想 #RxTStudy, 第12回RxTStudy勉強会・Redmineの理想と現実~RxTStudy #12 「ITS活用最前線~現場からの実践報告」の感想, 第11回RxTstudy勉強会「Redmine Plugin 活用最前線」の感想~今後の課題はRedmineのエコシステムの創造 #RxTStudy, 第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会「チケット駆動開発とメトリクス」の感想 #RxTstudy, 第9回RxTstudy勉強会の感想~Redmineとチケット駆動開発の今後の課題 #RxTStudy, 第8回RxTstudy勉強会の感想~RedmineはCRMや情報系システムにも適用できる #RxTStudy, 第7回RxtStudy勉強会の【公開】未発表資料「チケット駆動開発におけるEVMの考え方」 #RxtStudy, 第6回RxtStudy発表資料「チケット駆動開発のフレームワーク~現場の経験知からパターン言語へ(ダイジェスト版)」 #RxtStudy, 【第5回RxTstudy勉強会】RedmineはITソリューションの一つ~情報システム部門のタスク管理とIT全般統制 #RxTstudy, 【第3回RxTstudy勉強会・第2回品川Redmine】@daipresentsさんのRxtStudyとshinagawa.redmineの講演資料を解読してみる #RxtStudy #47redmine, 第1回RxTstudy勉強会の感想~【公開】RedmineのFAQとアンチパターン集 #Rxtstudy, 第6回品川Redmine勉強会発表資料「開発基盤としてのRedmine~Redmineをカスタマイズするポイント」 #47redmine, 第4回品川Redmine勉強会資料「チケット駆動開発のフレームワーク~現場の経験知からパターン言語へ(ベータ版)」 #47redmine, 第1回品川redmine勉強会の発表資料「障害管理からチケット駆動開発へ~ソフトウェア開発の3種の神器」 #47redmine, 第15回redmine.tokyo勉強会のLT資料の事前公開~今後のRedmineコミュニティの方向性について, 【事前公開】【第16回Redmine大阪】RedmineのFAQとアンチパターン~親子チケットの功罪, 第14回RxTstudy勉強会『工数管理システムとしてのRedmine』~One Matter, One Ticket #RxTStudy, 【第13回RxTStudy勉強会】Redmine BacklogsプラグインでScrum開発!~Redmineでアジャイルに開発しよう, 【公開】SQIP2015講演資料「チケット駆動開発の運用パターン集~問題はチケットに分割して統治せよ」, 【事前公開】【第7回redmine.tokyo勉強会】RedmineのFAQとアンチパターン集~WBS駆動からチケット駆動へ, 【公開】XP祭り関西2014講演資料「KPTによるプロセス改善~あなたはPDCAを回したことがありますか?」 #xpjugkansai, 【公開】第10回 RxTstudy/第57回 SEA関西プロセス分科会「チケット駆動開発とメトリクス」の感想 #RxTstudy, 【公開】第30回IT勉強宴会「最近感じる日本企業のITの問題と展望~「ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国」を読んで」, 【公開】第6回品川Redmine勉強会発表資料「開発基盤としてのRedmine~Redmineをカスタマイズするポイント」 #47redmine, 【公開】講演資料「Redmineの運用パターン集~私に聞くな、チケットシステムに聞け」 #tidd, 【公開】「未」発表資料「チケット駆動開発におけるEVMの考え方」 #RxtStudy, 【公開】チケット駆動開発のフレームワーク~現場の経験知からパターン言語へ #devsumi, 【公開】第4回品川Redmine勉強会資料「チケット駆動開発のフレームワーク~現場の経験知からパターン言語へ(ベータ版)」 #47redmine, 【公開】AgileJapan2012講演資料「チケット駆動開発の課題と展望」 #aj12, 【公開】DevLove関西2011発表資料「障害管理からチケット駆動開発へ~BTSから始まる進化の歴史」 #devlove0917, 【公開】第1回品川redmine勉強会の発表資料「障害管理からチケット駆動開発へ~ソフトウェア開発の3種の神器」 #47redmine, 【公開】デブサミ2011講演資料「チケット駆動開発~タスクマネジメントからAgile開発へ」, 【公開】XP祭り関西2011講演資料「Agile開発のスケールアップ~Agile2.0を支えるチケット駆動開発」, 【公開】SEA関西プロセス分科会講演資料「TestLinkのベストプラクティス~日本の品質管理技術を見直そう」, 【公開】AgileTourOsaka2010講演資料 "Why Ticket Driven Development is Agile?