Eclipseプラグインのインストール. とは言え、正直Spring Bootは何をし … 連載 Spring Frameworkシリーズ; #Spring; #Java #アーキテクチャ; 都元ダイスケ. よく訓練されたアップル信者、都元です。さて、近年のSpring事情を語るのに避けて通れないのがSpring Bootです。, とは言え、正直Spring Bootは何をしてくれるコンポーネントなのか。これを一言で説明するのは実は非常に難しいです。なので、以下に私の思うSpring Bootの大事な特徴を2つ挙げますが、それだけがSpring Bootではない、という認識もしておいてください。, 作ったアプリケーションの起動を簡単にできます。具体的には java -jar your-app.jar でOK。面倒くさいクラスパスの指定等不要で、単一のjarファイルで起動可能になります。, これは、スタンドアロンのアプリケーションでも、Webアプリケーションでも同じです。つまり場合によっては java -jar your-app.jar によって、Webサーバが立ち上がることになります。もはやサーバ側にJettyやTomcat等のWebコンテナをセットアップする必要はありません。ただ、これはJettyやTomcat等が要らなくなったわけではなく、1つの実行jarファイルの中に取り込まれただけです。, さて、起動するエントリポイントは分かりやすく、Javaのmainメソッドです。ということは、IDE上でそのまま起動させることも簡単で、IDEのデバッガとの接続も楽々です。, 基本的な設定が自動化されます。XML地獄からは離脱したと思ったら、次に待っているのはアノテーション地獄だった、というのは至極当然な帰結です。, Spring Bootでは、例えば「クラスパス上にorg.springframework.jdbc.datasource.embedded.EmbeddedDatabaseTypeがあったら(つまりspring-jdbc-*.jarが依存に入っていたら)、DataSourceやJdbcTemplateのbean定義を自動的に行う」とか「クラスパス上にorg.thymeleaf.spring4.SpringTemplateEngineクラスがあったら、Thymeleafの基本設定を自動で行う」という動きをします。, かなりの上級黒魔術感がありますね。ただし、この仕組によって、ボイラープレートと呼ばれる大部分のつまらない設定が不要になります。デフォルトの自動設定内容では対応できなかった場合でも、アノテーションを駆使してシンプルな設定内容を維持できる傾向があります。, また、開発を進めるにあたって、ひとまず関連jarファイルを依存に追加するだけで、すぐに新しい機能を使いはじめる体制ができあがるわけです。, サポートするライブラリは、上に挙げた Spring JDBC や Thymeleaf の他に、Spring Security, Spring Data, Solr, 各種Logger, 各種Cache等、様々なものがあります。, まず、Spring Bootアプリケーションをビルドするためには、Gradleのビルド設定を少々変更する必要があります。, 一点注意頂きたいのは、1番は「Gradleのビルドスクリプトにおける依存ライブラリ」で、3番は「アプリケーションにおける依存ライブラリ」であることです。, たったこれだけです。メインとなるアプリケーションクラスを1つ作り、@SpringBootApplicationアノテーションを付与、そのクラスのmainにて、自分のクラスを指定してSpringApplicationインスタンスを作って、runするだけです。, これを起動すると、まずこのクラスがあるパッケージ以下をスキャンして@Configurationや@Component等のbean自動登録を行います。その上で、必要なDI(ここではFoo)を行いつつ、runメソッドを呼び出してくれるというわけです。, 上の例では示しませんでしたが、このクラス内で@Beanによるspring bean定義も可能です。, これで、Spring Bootによるコマンドラインアプリケーションの出来上がりです。, コンパクトに例を示すために、上の例も含めて、これらを混ぜて1つのクラスとして示してしまうことが多いのですが、実践的なアプリケーションにおいては、これらのクラスは明確に分離すべきだと思っています。, いつものとおり、タグをチェックアウトして実行してみましょう。Spring Bootアプリケーションの起動はbootRunタスクから行います。今までの execute は使えなくなっていますのでご注意ください。, さて、そろそろWebアプリを作りたくなって来たと思います。2年前からですって? サーセンww, アプリケーションの依存にorg.springframework.boot:spring-boot-starter-webを追加するだけです。, まず増えたのは、@RestControllerアノテーションです。これは、このクラスがHTTPリクエストに対するRESTfulなコントローラ(リクエストハンドラメソッドを持つクラス)となる、という宣言です。, 次に、このアプリケーションはコマンドラインアプリケーションではありませんので、CommandLineRunnerインターフェイスとrunの実装は削除します。その上で@RequestMappingアノテーションを付与した、リクエストハンドラメソッドを実装します。, @RequestMapping(value = "/", method = RequestMethod.GET)というのは、/に対するGETリクエストは、このメソッドでハンドリングする、という意味です。メソッド名は何でも構いません。, ハンドラメソッドの戻り値としては(色々使えるものはあるのですが)ResponseEntityが一般的です。このクラスは「返したいボディーの値」と「ステータスコード」の組み合わせだとイメージして頂ければ。, で、このメソッドの中身では、とりあえずユーザ一覧を取得し、その文字列表現をカンマ区切りでつないだものを作り出し、それを「返したいボディーの値」として(200 OKのステータスで)返しています。, さて今回もまた、タグをチェックアウトして実行してみましょう。先ほどと同様、実行はbootRunタスクから行います。, > Building 80% > :bootRun という状態で止まると思います。(この状態から終了させたいときは、CTRL+Cです。), ちょっとログは多いですが、Apache Tomcat8系 がポート8080で起動しているようですね。, 別のターミナルからcurlコマンドでアクセスしてみると、想定通り、全ユーザの情報を出力してくれています。, いかがでしたでしょうか。これだけ簡単な手順で、Springベースのアプリケーションを実装できるとは、一昔前は思いもよらなかったことです。その分相応の黒魔術を使っているわけですが、この楽々さ加減はやめられませんね。, ちなみに本来Springでアプリケーションを構築する場合は、「Spring configurationクラス」と「その他一般クラス」を基本的に分けて管理すべきです。前者は旧来SpringのXML Bean定義ファイルに相当するもので、`@Configuration`が付いたクラス内の`@Bean`が付いたメソッドでSpring bean定義を行うものです。後者は、主にアプリケーションのドメイン及びロジックを記述し、`@Autowired`等を介してDIを受け付けるものです。. 今回は認証については考えず、まずは基本的なAPI Spring Boot (60) JavaScript (17) JQuery (5) Kali Linux (1) Linux (8) Markdown (2) MyBatis (4) MySQL (5) Nginx (2) obniz (2) Oracle (20) PHP (5) PLSQL (7) Raspberry Pi (6) Unity (14) Unity3D (17) WordPress (11) その他 (25) ローカル開発環境 (8) 2020.03.13. 発注ラウンジは、システム開発の発注に必要な様々なノウハウや発注ナビで実際に開発された発注者様のインタビューなど、発注担当者様のための情報発信サイトです。, システム開発の効率化をはかるためには、プログラム言語に対応したフレームワークの導入が不可欠です。このフレームワークの中には、Spring bootと呼ばれる「フレームワークを使いやすくためのフレームワーク」が存在します。今回は、そんなSpring bootでできること、Spring Frameworkとの違いなどを説明いたします。, ・ベストマッチな発注先が見つかる・たった1日のスピード紹介・ITに詳しいコンシェルジュがサポート・ご相談~ご紹介まで完全無料, Spring bootとは、Java言語の環境化で使用できるWebアプリケーションの開発をサポートするフレームワークです。Spring Frameworkに搭載されているフレームワークの1つで、手軽な設定と少ないコード量でアプリケーションを作成するのに役立ちます。, Spring bootの紹介をする前に、まずはSpring Frameworkについて触れておきましょう。, Spring Frameworkとは、2004年にリリースされたオープンソースのフレームワークです。DI(依存性注入)やAOP(アスペクト指向プログラミング)など、システム開発やプログラムの修正がしやすくなる仕組みが導入されており、Java言語のエンジニアが開発に使用することも少なくありません。ほかのフレームワークと比較をすると、Spring Frameworkは汎用性の高さに定評があり、WebシステムやWebサービスのほかにも、クラウドやモバイルシステムなど幅広い開発に適しています。, このSpring Frameworkは、例えるならば「フレームワークの集合体」で、機能に応じた多数のフレームワークで構成されています。ですが、豊富なフレームワークによって幅広い開発力を実現している反面、Spring Frameworkには「機能の使い分けが困難」といったデメリットがありました。これは複数のフレームワーク(またはライブラリ)を組み合わせて使用する際に、環境構築のための設定が複雑化してしまうためです。, Spring bootは、先に挙げた「Spring Frameworkの機能の使い分けが困難」という欠点を解消するために作られたフレームワークです。主な機能として、複数のフレームワークを使用する際に発生する、Bean定義やXML設定などを、可能な限り自動設定する機能が搭載されています。このほか、コードを書かなくてもプログラムの処理が実行できるよう、Javadocと同じくアノテーション(注釈)が記述できる点も特徴です。このSpring bootは、Spring MVCと呼ばれる別のフレームワークの仕様を踏襲して作られており、Spring Frameworkを構成するフレームワークの1つとして組み込まれています。, それぞれの特徴を考慮して、Spring FrameworkとSpring bootの違いを述べるならば、, ●Spring Frameworkは、Java言語のアプリケーション開発のために作られたフレームワークの集合体。, ●Spring bootは、集合体となった機能を使いやすくするためのフレームワーク。, と、述べることができます。ちなみに、Spring Frameworkを構成する個々のフレームワークのことを、Java言語の教本によってはプロジェクトやプロダクトと呼ぶケースもあります。Spring boot以外にどのようなフレームワークが存在するのかは、Spring Frameworkの公式サイトをご覧ください。, Spring Frameworkを構成するフレームワークの1つとしてSpring MVCがあります。Spring MVCは、アーキテクチャパターンとしてModel、View、Controllerを用いたもので、Webアプリケーション開発のための基本的な機能を備えていますが、Spring系のライブラリと組み合わせて環境を構築する際にコード作成などで手間がかかる特徴があります。, Spring bootの場合、ビルドツールの設定ファイルに記述して、専用のコマンドを実行するだけで最適な環境を構築できるようになったことで、手間が省けてWebアプリケーションの開発がしやすくなりました。, とはいえ、Spring bootの機能を使っても、設定作業をすべて省略できるわけではありません。作成したシステムによっては、JavaconfigやXML設定ファイルを自分で入力、または構成をする必要があります。そのため、Spring bootはあくまでも「Spring Frameworkを構成する一部分」にすぎないことを留意しておきましょう。もしも、Spring bootを使ってWebアプリケーションの開発や改修などを行うのであれば、Java言語やSpring Frameworkの知識やスキルが必須となります。, Spring Frameworkを得意とするエンジニアであれば、開発効率を向上させるためにSpring bootを使用している方も少なくないでしょう。Spring Frameworkを構成するフレームワークの中でも、Spring bootはアプリケーションを手軽に作成するのに欠かせないフレームワークです。アプリケーションを開発する場合にはSpring bootを使うことを検討してみてはいかがでしょうか。, Spring Frameworkを使ったシステム開発でおすすめの開発会社7社 【最新版】, 運営会社 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 掲載のご案内(開発会社様はこちら) | ご要望・ご質問・ご解約, Copyright (c) hacchu navi Inc. All Rights Reserved, システム開発の効率化をはかるためには、プログラム言語に対応したフレームワークの導入が不可欠です。, と、述べることができます。ちなみに、Spring Frameworkを構成する個々のフレームワークのことを、Java言語の教本によってはプロジェクトやプロダクトと呼ぶケースもあります。Spring boot以外にどのようなフレームワークが存在するのかは、.

Spring BootもSpring Frameworkをベースとするフレームワークのひとつです。 従来の豊富な各種コンポーネントを組み合わせて活用しつつ、迅速な開発のための新たな機能を実装しています。 Spring Bootの特徴. よく訓練されたアップル信者、都元です。さて、近年のSpring事情を語るのに避けて通れないのがSpring Bootです。 Spring Bootとは. 3. By taking advantage of the Spring Boot Actuators, we enriched the source code with detailed information from the running app (e.g., exact bean wiring information, conditional reports, … 19. ・開発言語 :Java 8(jdk 1.8.0_121 x64) ・フレームワーク :Spring Boot 1.5.4 ・開発環境(IDE) :Eclipse 4.6.3. 38. 本記事ではSpring BootでRest API(GET)を作成する手順について説明します。 また、作成したAPIの動作確認として、 作成したAPIに対してブラウザからHTTPのGETメソッドでリクエストし、 JSON形式のレスポンスが返却されることも確認します。 絵にするとこんな感じ 環境.

まずEclipseにSpring開発ツールのプラグインSTS(Spring Tool Suite)をインストールします。 2015.07.21.