NEW BEST, 1.TRIAD YEARS actI - 2.TRIAD YEARS actII - 3.THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION - 4.TRIAD YEARS act I & act II〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY, 1.SO ALIVE (ライブ) - 2.THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM (トリビュート), 1.MOTH POET HOTEL〜A TRIBUTE TO MOTT THE HOOPLE - 2.T・レックス・トリビュート・アルバム〜ブギー・ウィズ・ザ・ウイザード - 3.地獄の賞賛〜KISS トリビュート・イン・ジャパン - 4.T.  (function (d,s){ f.parentNode.insertBefore(j, f); オンラインライブチケットの料金は、 通常価格は4000円(税込)ですが、 ニコ生のプレミアム会員では3400円(税込)で購入できる。, 日時:11月7日(土) 18時~ [43]にわたり7度行った。吉井曰く「忘年会も兼ねて」のイベントである。日本武道館が2020年東京五輪のための改修工事により使用不可となるため、2018年に一度終わらせている[8]。, 基本は2部構成で行われ、第1部は通常のバンド演奏、第2部からは「メカラ ウロコ楽団」と呼ばれるオーケストラ団体と共に曲を演奏する(弦編曲と指揮はチェリストの四家卯大が担当)のが通例となっていた。2016年以降は「メカラ ウロコ楽団」としての参加はなく、2016年の「27」は徳澤青弦オーケストラ、2018年の「29」は佐藤万衣子ストリングスがそれぞれ演奏している(2017年はストリングス編成自体がなし)また、ライブの途中ではメンバーが「東京ブギウギ」の替え歌「おそそブギウギ」を歌うのが恒例となっていた。, これらとは別に2004年の解散イベントも「メカラ ウロコ・15」と銘打たれている。また、2009年12月22日に結成20周年記念としてフジテレビで放送された特番も『メカラ ウロコ・20』と釘打たれた。, バンド解散後も吉井は2006年〜2015年、毎年12月28日に日本武道館でライブを行うのが恒例となっていた。ただし、通常のライブツアーの一環として開催される場合が多く、「メカラ ウロコ」のタイトルは使われていない。吉井は「バンドが復活するまでは、俺がこの日を守っていきたいという想いから(12月28日に)ソロライブをしていたんです。毎回、メンバーが元気なうちに、またここでやりたいと思っていました」と語っている[8]。, 1997年7月26日、天神山スキー場(山梨県)で開催された第1回目の「フジロックフェスティバル」1日目に参加。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(以下RATM)とヘッドライナーのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下RHCP)に挟まれ、トリ前での登場というタイムテーブルであった。, この音楽フェスティバルに大勢のファンが駆け付け、朝一番から何百人とステージ最前列に並んだ[46](このフェスでは、後々まで語り継がれるいわゆる「イエモン地蔵」[* 5]と呼ばれる現象も発生した[47])。最前列のため雨中に傘[* 6]やレインコートも無く、上にノースリーブ・下にスカート・足元にハイヒールかサンダルという格好の女性らの姿がそこにあり[46]、台風直撃も影響して気温の低下もみられた[48]。主催のSMASH代表・日高正博はその光景を見て心配になり、(18時開演予定の)出番まで最前列を一度離れるよう女の子たちに声をかけた[46]ところ「こんなに近くで会えるチャンスはない」「離れたら同じ場所にまた戻って来られるようにしてもらえるのか」など、日高に食い下がる事態も起こった[46]。, フー・ファイターズ(以下FF)の演目が始まる頃、大雨の会場はモッシュやクラウド・サーフィングで大盛り上がりになり、既に会場の前方は泥だらけであった[48]。最前列に残っていたファンの女性らは「モッシュに押し潰され、泣きながら、ステージも観ないで、唯々最前列にしがみついてTHE YELLOW MONKEYの出番を待っていた[46]」という。日高はそれらに困ってもいたが、運営責任者としてはこれ以上は危険であり気が気ではなく、ファンのために出番を早めてFFの次(RATMの前)へ振り替えることを提案[46]し、THE YELLOW MONKEYサイドが承諾[46]。しかし、RATMサイドは「自分たちは変更に異論はないが、フェスティバルの流れでいえばフー・ファイターズの後にTHE YELLOW MONKEYが演奏するより、RATMとRHCPの間に(メロウでスローな)THE YELLOW MONKEYが演奏する従来通りの順番のほうが観客全体を落ち着かせ、危険な状態を回避できるのではないか」とアドバイスを送る[46]。フェス全体としてはRATM・RHCPが続くほうがより危険であるというこのアドバイスにより、順番変更は実現しなかったが[46]、日高はトム・モレロと打ち合わせて、ステージ袖に立つ日高とステージ上のトムで時々アイコンタクトをして、日高とトムの判断次第で演奏ストップにしようと決めた[46]。RATMの演奏から15分ほど経過すると、観客はモッシュのマナーが出来ていて、モッシュが潰れたらお互い助け合う様子を見た日高はステージ袖から立ち去った[46]。RATMの演奏は続き、観客は泥まみれになって熱狂した[48]。およそ1時間遅れのスケジュールで行われたRATMの演奏後、30分の休憩を挟み、THE YELLOW MONKEYが登場した。, これらのヒット曲を控えたセットリスト(10曲中7曲がアルバム収録曲)と、台風に伴う豪雨に見舞われた天候もあり観客の反応は芳しくなく、楽屋では他のメンバーが盛り上がる中、吉井は1人憔悴した面持ちで静かに座っていた[49][50]。後に吉井は自らの自伝で「『洋楽ファンに叩きつけてやる!』って。叩きつけたはいいけども……なんだかわけのわかんないことになっちゃって」「変な話、あのフジロックの挫折感で、解散しちゃったようなもんだから。解散の理由の何%かは」[51]などと回想し、本人にとって厳しい経験となった。セットリストに関しても、吉井は「『過去の楽曲で一番ロック的なものを用意してあげなきゃ』って思って、裏目に出たんですね」[52]と反省の弁を述べた。, また、THE YELLOW MONKEY出演を日高に推した渋谷陽一は[46]、この当時に『ROCKIN'ON JAPAN』の邦楽アーティストの人気投票でTHE YELLOW MONKEYが1位に選出されたことを踏まえ「洋楽のユーザーにとって一番人気のあるバンドであり、それがウケなかったのはプレゼンテーションを間違えたということ」と評価。失敗の要因は「吉井くんの気負いと自意識だったのではないか」と分析している[53]。, 一方、ギターの菊地は「そこまで失敗感はない」とし、「RHCPやFFがノリノリで聴いてくれたこともあり、非常に嬉しかった」と対照的な意見を述べている[54]。, 「Love Communication」、「JAM」のプロモーションビデオは吉井自らの監督で撮影された。次のシングル「SPARK」以降は「パール」と「プライマル。」を除く13曲のシングルで高橋栄樹が監督を務めた。高橋は、時間的な余裕と自由な表現を許容され、プロモーションビデオだけでなく映像作品『BLUE FILM』、ライブビデオ『RED TAPE』などを製作し、吉井から「イエローモンキーの第5のメンバー」と言わしめた。, 高橋は「LOVE LOVE SHOW」「BURN」を監督した1997年に「SPACE SHOWER Music Video Awards」ベストディレクター賞を受賞している。, |- (Ba)廣瀬洋一

メンバーが4人だけで、これまでの活動について率直に語り合う。 名曲「バラ色の日々」をはじめとする3曲を、全曲フル・コーラスで披露! 番組には2回目の登場となるTHE YELLOW MONKEY。 THE YELLOW MONKEY新情報一挙解禁”, “イエモン、志磨遼平、オカモトショウら参加したT. Rex Tribute 〜Sitting Next To You〜 presented by Rama Amoeba, 1.life Time・SCREEN〜追憶の銀幕〜 - 2.Cherry Blossom Revolution-Live at BUDOKAN- - 3.CLIPS Video Collection 1992〜1996 - 4.TRUE MIND TOUR'95-'96 FOR SEASON:in motion - 5.BLUE FILM - 6.RED TAPE - 7.PURPLE DISC - 8.メカラ ウロコ・7 - 9.CLIPS 2 Video Collection 1996〜1998 - 10.PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99 FINAL 3.10 横浜アリーナ - 11.jaguar hard pain Live'94 - 12.SPRING TOUR - 13.CLIPS 3 Video Collection 1999〜2001 - 14.THE YELLOW MONKEY CLIP BOX - 15.THE YELLOW MONKEY LIVE BOX - 16.THE YELLOW MONKEY LIVE AT TOKYO DOME - 17.ライブ帝国 THE YELLOW MONKEY - 18.メカラ ウロコ・LIVE DVD-BOX - 19.TRUE MIND "NAKED" - 20.RED TAPE "NAKED" - 21.パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE (DVD/Blu-ray) - 22.THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10- - 23.オトトキ (DVD&Blu-ray), 1.trancemission - 2.パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE - 3.オトトキ, 1.PERFECT PERFORMER -THE YELLOW MONKEY- - 2.THE YELLOW MONKEY trancemission VJ Remix, 日本コロムビア - ファンハウス - アトランティック・レコード/ワーナーミュージック・ジャパン - 三国義貴 - 鶴谷崇, 2004年12月の展示会・フィルムコンサート「メカラ ウロコ・15」会場に展示された吉井和哉による銘文から。, ロンドンはローリング・ストーンズにとってバンドを結成した出発地点である。前年の2012年、ローリング・ストーンズは結成50周年を迎えた。, 「地蔵」とは、音楽フェス等で何時間も最前列付近に立ち、目的のアーティストが登場するまで無反応で動かない観客をいい、自分中心で他のアーティストやファンに対する迷惑行為としてこのように呼ばれる。2013年, 映画『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』、2013年。, TRIAD YEARS actI〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY, パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE, THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM, TRIAD YEARS actII〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY, PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99 FINAL 3.10 横浜アリーナ, 30th Anniversary『9999+1』-GRATEFUL SPOONFUL EDITION-, MOTH POET HOTEL〜A TRIBUTE TO MOTT THE HOOPLE, パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE (DVD/Blu-ray), THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-, 『FINAL FANTASY XV』 2 Year Anniversary 記念映像, THE YELLOW MONKEY、19年ぶりのオリジナルアルバム『9999』リリース決定, 「生まれてきてよかった」イエモン初のドキュメンタリー映画『オトトキ』は超セキララ!, http://theyellowmonkeysuper.jp/feature/mekarauroko28_kyushusp, http://theyellowmonkeysuper.jp/feature/mekarauroko29?_normalbrowse_=1, “THE YELLOW MONKEY「天道虫」配信リリース決定、ティザー映像公開”, THE YELLOW MONKEY『9999』武道館試聴会サプライズ演奏 直接届けた感動とファンへの思い, http://www.hotexpress.co.jp/special/091203_tym/, https://web.archive.org/web/20131130104224/http://columbia.jp:80/theyellowmonkey/vote/artist.html, 『平山雄一 ウィークリーレビュー すばらしいひび: 連載 第55週 吉井和哉「クリア」』, https://music.emtg.jp/pickUp/2015010491976b7a3, 『Power Push 祝・結成20周年!

| rowspan="2" |ライブ・アルバム

東京ドーム2DAYS! 日時:10月25日(日) 20時~ (Gt)菊地英昭

j.async=true; オンラインライブチケット料金:通常価格4000円/プレミアム会員価格3400円 (Key)鶴谷 崇. 番組URL: https://live.nicovideo.jp/watch/lv328563233. 2016年の再集結後、バンドとしての存在感を増し続けているTHE YELLOW MONKEY。メンバーが4人だけで、これまでの活動について率直に語り合う。名曲「バラ色の日々」をはじめとする3曲を、全曲フル・コーラスで披露!, 番組には2回目の登場となるTHE YELLOW MONKEY。今回はメンバーが4人だけで、自分達の今の率直な思いや、過去に起こった出来事について語り合う。4人の語らいの場になったのは、観客が誰もいないNHKホールのステージの上。NHKの音楽番組「POP JAM」や、自分達のライブツアーの舞台となった、メンバー自身も思い入れの強い場所だ。トークの中では、名曲「バラ色の日々」を1999年に発表した当時に抱えていた思いや、2016年の再集結からの3年間で特に印象に残った出来事など、メンバー自身が「初めて聞いた」という貴重な話も飛び出した。特に2016年の再集結後、初のツアーでボーカルの吉井和哉が突然発した「もう絶対THE YELLOW MONKEYは解散しません」という言葉の裏側にあった思いや、同じツアーの最中にギターの菊地英昭、ドラムの菊地英二兄弟の身内に不幸があった時の全員の気持ちなど、メンバーの心の奥底がのぞける内容となっている。また話の内容に登場する、「POP JAM」や2016年に初出場した「紅白歌合戦」出演時の映像、昨年アメリカ・ロサンゼルスで行われたアルバム・レコーディングの模様など、貴重な映像も多数 登場する。, 演奏曲はかつてNHK「POP JAM」のエンディング・テーマ曲でもあった「バラ色の日々」、ロサンゼルスでのレコーディングを経て生まれた「I don’t know」、そして2016年の再集結後のツアーに密着したドキュメンタリー映画『オトトキ』の主題歌としてギターの菊地英昭が作詞・作曲し、メンバーにとってもファンにとっても特別な1曲となったテレビ初披露の曲「Horizon」。3曲ともフル・コーラスで届ける。, (Vo)吉井和哉

番組URL: https://live.nicovideo.jp/watch/lv328563500  TYMS NOW REPORT・アスリートを超えたANNIEの日々のルーティーン・アリもキリギリスも明日のことを考える。TYM TRAVELトークテーマ:1993年・流行の先端をいく風邪で幕を開けた1993年...etc. 番組名:THE YELLOW MONKEY2夜連続横浜アリーナ映像一挙放送『FIX THE SICKS』